現代社会は何かと忙しいです。
癒しを求めてアロマを焚いたり、動物動画を観たり、そして観葉植物を置いたりしている方は意外に多いのではないでしょうか。
日々頑張るためには癒しも必要です。

今回の記事では自宅に「観葉植物」を置いている場合の引越しでの梱包方法や輸送方法について視点を当ててご紹介していきます。
観葉植物の引越しについて迷っている方、必見です。

観葉植物はどうやって梱包すればいいの?

観葉植物はどうやって梱包すればいいの?

観葉植物はテーブルの上に乗せられる小型のものから、部屋の隅に置く大型のものまで様々なサイズのものがありますが、特別大型のものを除き、基本的には梱包することが多くなっています。
丁寧に梱包して、引越し業者に任せましょう。

以下では、観葉植物の梱包方法についてご紹介します。

小さな観葉植物は全てダンボールに詰めて固定するのが基本

小さな観葉植物は全てダンボールに詰めて固定するのが基本

テーブルの上で観賞できるような小型の観葉植物は、ダンボールに梱包しましょう。
実際に観葉植物を入れる前に、ダンボールの底には大きめのごみ袋やビニール袋を敷いてください。水については後程解説しますが、万が一漏れてしまったときのために、念のため敷いておくと安心です。

ダンボールに観葉植物を入れたら、周りに小物類や発泡スチロール、新聞社やバスタオルなどを詰めて隙間を無くし、固定します。
隙間を無くし、固定するようにしましょう。

また、観葉植物は植物なので、引越し前の早い段階から梱包して封をしないように注意してください。できれば下準備はしておいて、当日に梱包するようにしましょう。
観葉植物については、事前に引越し業者に相談し、ダンボールの封を閉じないでも良いといわれた場合は封を閉じずに輸送してもらったほうが、中の状態が目視でき安心です(その場合、貴重品や生活用品は一緒に梱包しないほうが無難です)

大きな観葉植物は鉢植えの部分をダンボールに入れてできるだけ固定しよう!

大きな観葉植物は鉢植えの部分をダンボールに入れてできるだけ固定しよう!

大型の寛容植物については引越し業者によっては独自の梱包に対応してくれることがあったり、梱包のやり方を指定されることがあったりするので、基本的に事前のカウンセリングや見積りの段階で相談しておきましょう。

あくまでも通常の場合の梱包方法をご紹介すると、ダンボールに植木鉢の部分を入れて運んでもらうか、そのまま植木鉢を持って運んでもうらスタイルが多いです。

注意!引越し直前は水を与える量を管理しよう!

注意!引越し直前は水を与える量を管理しよう!

引越しの2日間前くらいからは水をあまりあげないようにしてください。
引越し当日の輸送中に水がこぼれると、トラック内で他の荷物に被害が出る可能性があるからです。

2日前くらいからは水の量を調整するのを忘れないようにしましょう!

ミニサイズの単身パックでも観葉植物を運んでくれる?

ミニサイズの単身パックでも観葉植物を運んでくれる?

最近では単身引越しをリーズナブルに提供する、ミニ引越し、いわゆる荷物少なめの引越しは人気があります。
そのような引越しは、専用ボックスに載せられる分まで輸送に対応など、最初から載せられる量が決められていることが多いです。

もし、観葉植物を入れても、専用ボックスに載せられるなら輸送してくれることが多いですが、引越し業者によって条件が変わる可能性はあります。ミニ引越しを希望する方は、まずは依頼したい引越し業者に相談してみましょう。

アート引越センターは観葉植物を運んでくれる?

アート引越センターは観葉植物を運んでくれる?

アート引越センターでは、観葉植物の輸送には対応しています。
他の家具家電と一緒に輸送する形になるので、引越し前に水を与える量には注意しましょう!
単身引越しプランだと、訪問見積りなしで当日を迎えることが多いですが、見積りの段階で荷物に観葉植物があることもしっかりと伝えましょう!

車があるなら観葉植物は自分で運んだほうが安心?

車があるなら観葉植物は自分で運んだほうが安心?

車があり、車で新居に向かう場合、自分で運ぶというのもありですが引越し業者がプラン内で対応してくれるなら、引越し業者に任せてしまったほうが手軽かつ安心です。
引越し業者はプロなので、観葉植物の扱いにも慣れています。

引越しで観葉植物を処分することにしたらどうすればいい?

引越しで観葉植物を処分することにしたらどうすればいい?

引越しにあたり、新居に入れられないなどの事情から観葉植物の処分を決めた場合、どのように処分すれば良いのか。以下で解説していきます。

植物について

植物について

植物については、大きなサイズではない限りはそのまま可燃ごみとして処分する形になります。

大きなサイズなら、ゴミ袋に入るサイズにカットしてから処分する形になります。

土について

土について

土は一応可燃ごみ扱いですが、まとめて出すと回収してくれない可能性が高いです。
そこで少しずつ可燃ごみに混ぜて処分するか、もしくはよほど特殊な土でない限りは普通に庭や道の土にまいてしまうようにしましょう。

土を処分するというのは日常生活ではあまりないことなので、迷いやすいですが、とりあえず可燃ごみとしてまとめて出さないように注意しましょう。

鉢植えについて

鉢植えについて

大きなサイズなら粗大ごみ、小さなサイズなら燃えないゴミで出せることが多いです。
ただし、住んでいる地域によって条件が変わってくるので、自分が現在住んでいる地域の粗大ごみの条件を確認してから対処しましょう。

「まとめ」観葉植物を持っていくならしっかりと対応してくれる引越し業者を選ぼう!


いかがでしたか。
今回の記事では、観葉植物の引越しについて詳しくご紹介しました。
観葉植物は小型なものから大型のものまで、様々なサイズのものがあります。観葉植物のサイズに合わせて梱包するようにしましょう。
いずれにせよ、まずは引越し業者に見積りのタイミングで相談するようにしましょう。

観葉植物が枯れやすいなど特殊なものになると、引越し業者ではなく造園業者に輸送を依頼しなければならない可能性もあるので、観葉植物の種類によって対処方法を考えていきましょう。
また、引越し当日が近付いてきたら、水をあげる量に気を付けましょう。

もしも観葉植物を処分することにした場合は、今回ご紹介した処分方法を参考にしてください。
鉢植えについては、場合によっては粗大ごみとして処分しなければいけないこともあるので、お住いの地域の粗大ごみの基準を確認するようにしましょう。

観葉植物の引越しは、事前の確認と準備が大切です。
しっかり対処して快適な引越しを目指しましょう!

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes