同一市内の引越しやること

引越しというのは必ずしも遠くへ引越しをするパターンだけではありません。
同じ市内への引越し、それから人によっては超近隣物件に引越しをしたり、同じマンション内で引越しをしたりという展開もあります。
このような近場の引越し、同一市内での引越しの場合は、普通の引越しと比べて手続きの内容は簡略化できるのでしょうか。

今回の記事では同一市内の引越しでやることについて、それから同一市内の引越しは楽なのかどうかについて、視点を当てて詳しくご紹介していきます。

同一市内で引越しするときの引越し料金相場をチェック!

同一市内での引越し、いわゆるとても近距離での引越しの場合、引越し業者に支払う料金は通常より安くなります。
引越し業者に支払う料金は、荷物の量×移動距離で決まるのが普通だからです。
つまり、同一市内での引越しは移動距離が極端に短い分、安くなるということです。

引越し業者は日本国内に数百社あるといわれていて、各社ともに料金がバラバラな傾向にあるので、以下はあくまでも目安と参考料金となります。

移動範囲 最安値 同一市内での引越し料金目安
東京都から東京都 8,000円~ 相場20,000円~25,000円の範囲くらい

東京都内の格安引越し業者の中には最安値8,000円から引越しに対応しているところもありますが、目安としては20,000円~25,000円の範囲です。
料金の「安さ」で引越し業者を選びたいときは、引越し見積一括比較サイトの利用がおすすめです。
引越し見積一括比較サイトは、最安値をチェックしやすくなっています。

引越し見積一括比較サイトの利用方法はとてもシンプル。
サイト上で必要情報を入力するだけです。一度の入力の手間で、複数の引越し業者に同時に見積り依頼をすることができます。
この便利さが重宝されて、最近の引越し業者探しの定番ツールとなっています。
引越しの最安値が知りたい方はぜひ、引越し見積一括比較サイトを活用してみてくださいね。

同一市内引越しでやること一覧

同一市内の引越しでやることの基本は以下の通りです。

★転出転入手続き

★国民年金に加入しているなら国民年金の住所変更
★国民健康保険に加入しているなら国民健康保険の住所変更手続き
★運転免許証を持っているなら運転免許証の住所変更手続きや自動車や原付の住所変更

上記は基本的なやること一覧です。

引越し時に行うやることは以下からご覧下さい。

引越しやることリスト。引越しの準備と手続きに必要な事

児童手当や福祉系の手当てを受給している場合も住所変更の手続きが必要になります。公的な手続き(役所で行うもの)は同一市内の引越しであれば旧居を管轄している役所と同じ役所で行うことになります。

よくわからないときは役所に行って受付で相談してみるのがおすすめです。
最近ではマイナンバーカードも定着して、手続きは簡略化しているものが増えています。同一市内の引越し、そうでない引越しの場合含めてスムーズにできるようになっている傾向にあります。

市役所での手続きは普通の引越しより楽?

同一市内の引越しが、普通に同一市内以外に引越しをするパターンと比べて楽かどうかですが「楽」と感じる方のほうが多いのではないでしょうか。
ただし「すごく」楽だとか同一市内以外の引越しに比べて「極端に手間に差がある」といはいえません。

管轄の役所が旧居と新居とも同じでも、転居や住所変更の手続き自体は役所に出向いて行わなければなりません。
同一市内の引越しの場合は、立地も良くわかっている役所で手続きができることや、あとは手続き漏れがあっても旧居が県外等ではなければすぐに役所に足を運べるという部分がメリットといえるのではないでしょうか。

とはいえ、普通に事前に準備をしているなら、同一市内だからメリットがたくさんとも言い切れないところがあります。
結論的には「状況によりけり」ということになるかもしれません。

住民票はどうなるの?

同一市内の引越しであっても、転居手続きをして住所変更をすることにより住民票の住所も自然に変更になります。
仮に同一マンション内で引越しをした場合でも、部屋番号が変われば転居手続きは必要で、住民票の内容も変更になります。

車の住所変更手続き等、場合によっては新住所の住民票が必要なこともあります。
転居手続きをするとき、役所では「新住所の住民票が必要か」聞いてくれることが多いです。新住所での住民票が必要な予定がある場合は、このタイミングで新住所の住民票を確保しておくようにすると、後々便利です。

地域が変わると破棄しないといけない「印鑑登録」同一市内ならどうするの?

社会人の方だと印鑑登録をしている方が多いのではないでしょうか。
社会人になると何かと必要になることが多い印鑑登録証明。

引越しをすることに決まったら、旧居を管轄している役所では印鑑登録を破棄をして、新居を管轄している役所で登録し直す必要があるというのは良く知られていることですが、それでは、同一市内での引越しの場合はどうなのでしょうか。

同一市内での引越しの場合は、印鑑登録の破棄と再登録は基本的に不要です。
転居手続きをして住所を変更するだけで問題ありません。
ただし、地域によっては同一市内であっても印鑑登録の破棄と再登録が必要ということもあるようです。

役所で転居手続きを行えば、もし同一市内での引越しでも印鑑登録の破棄と再登録が必要な地域なら、担当するスタッフから説明があるはずです。
必要だといわれたら対応するようにすれば良いです。
ほとんどの場合で、同一市内の引越しの印鑑登録の破棄や再登録の必要はありません。

同一市内の引越しは実はそれほど楽ではない?

同一市内の引越し。管轄する役所が変わらないというのはメリットといえばメリットですが、よくよくみてみると、実はそれほど極端なメリットはないと感じる方が多いのではないでしょうか。
もちろん手続きで楽になる部分もあります。しかし、その部分はそれほど多いとはいえないのも事実。

例えば、引越したい物件がたまたま同一市内だった場合や、賃貸物件の更新時期に合わせての引越しで近場で別物件を探す場合等は同一市内での引越しももちろん良いですが、「手続きが楽になりそうだから」という理由で、あえて同一市内での引越しを検討するなら、そこにはあまりこだわらないほうが良いかもしれません。

あとは、同一市内での引越しなら引越し業者の見積り料金が安くなりやすいというのは、良い点かもしれません。
とはいえ、引越し業者の見積り次第では必ずしも同一市内での引越しが一番安くなるとも言い切れないのが難しいところです。

同一市内の引越しでメリットが欲しいなら、事前の準備や確認が大切です!
しっかり事前リサーチをしておくようにしましょう。

「まとめ」同一市内の引越しも事前準備と手続きをしっかり行おう!


今回の記事では、同一市内の引越しに視点を当てて手続き面等、詳しくご紹介しました。
同一市内の引越しを検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

引越しをするとなったら、あえて同一市内を避けて引越しをして新しい土地での新鮮な感覚を味わいたいという方もいますが、もし同一市内での引越しをする必要があったり、希望したりする場合は事前に準備をしましょう!
同一市内での引越しは手続き面で楽になる部分もありますが、総合的に考えるとすごく楽というわけでもないので、同一市内での引越しであっても「やることリスト」を作成したり、スケジュールを管理したり。しっかり対応するようにしましょう。

引越しの準備をしっかりしておけば、スムーズに引越しを終えることができます!

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




当サイトで書いた引越し見積もりサイトの詳細ページです。
上記で紹介したもの以外の引越し見積もりサイトも紹介してます。

キャンペーンが豊富なズバット引越し
ズバット引越しはキャンペーンが比較出来て口コミがいい?メリットとデメリット

ダンボールがもらえるLIFUL引越し
LIFULLの引越しの見積もりと料金相場

電話営業なしの引越しならsuumoの引越し
匿名でできる!SUUMO(スーモ)の引越し見積もりの口コミとは?

テレビCMで話題の引越し侍
引越し侍の評判と口コミ!見積もりを徹底解剖.インターネットキャンペーン