マイナンバー
2016年1月に始まったばかりの「マイナンバー制度」ですが、正直なところわからないことが多いですよね。
引越しの多い我が家も、マイナンバーのせいでとても苦労しました。
今回は引越しをしたらマイナンバーは変わるのか、その疑問にお答えします。

■引越ししたらマイナンバーは変わる?

まずはマイナンバーとはどのような制度なのか、簡単にご紹介します。

マイナンバーは、住民票を有する全ての方が持つ1人にひとつの12桁の番号で、社会保障、税、災害対策の分野で分野横断的な番号を導入することにより、機関を跨いだ情報のやり取りで、同じ人の個人情報の特定・確認が確実かつ迅速にできるようになり、行政の効率化、国民の利便性の向上及び公平・公正な社会を実現します。

<内閣官房ホームページより抜粋:https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/faq/faq1.html#q1-1

つまり、マイナンバーとは「一生変わることのない身分証明証」のことなのですね。
そのマイナンバーが引越しで変わるのかというと「変わらないからこそマイナンバー」というわけです。

■マイナンバーを忘れたらどうすればいい?

マイナンバー忘れた人

引越しのゴタゴタに書類の紛失はつきものです。
現に筆者も引越しの際、マイナンバーの通知カードを紛失しています。
その後どうしたかというと、市役所の戸籍住民課に電話で問い合わせました。
市役所への電話では以下のことを伝えました。

引越しで困ってる人

引越しの際に通知カードを自宅でなくしてしまいました。通知カードが必要なので再発行したいです。郵送で新しい住所へ送って頂く事は可能ですか?

引越しを解説女の人

はい可能ですよ。再発行可能です。通知カードは免許証などを持参の上、役所で受け取る事が出来ます。

自動車免許の住所変更はいつまで?引越し後の手続きに必要な事まとめ

外出先でマイナンバーカードをなくした場合

引越しのような事情ではなく外出先や職場で紛失した場合、警察へ「遺失物届け」を提出する必要があります。
そのうえで市役所へ再発行を依頼してくださいね。

■引越ししてもマイナンバーが届かなかったらどうすればいい?

引越しのタイミングとマイナンバーカードの発行時期がちょうどかぶってしまい、マイナンバーカードが届かなかったというかたは僅かですがいらっしゃるようですね。
実は筆者、このパターンも経験したことがあります。

新居で待てど暮らせどマイナンバー通知カードが届かず、結局2ヶ月ほったらかしにしていました。
生まれたばかりの子の通知カードは届いたものの、筆者と家族の通知カードはは届かなかったのです。
インターネットで「住所不明で届かないトラブルが数千件」というニュースを目にし、慌てて市役所へ連絡しました。
案の定、我が家の通知カードは住所不明で差し戻されていたのです。

最終的に「また」市役所へマイナンバーカードを取りに行く羽目となりました。
市役所でマイナンバーの通知カードを受け取るには本人確認が必要です、ご注意ください。

■マイナンバーの住所変更をする際に必要なものはなに?

先にご紹介したとおり、マイナンバーは一生変わること無く使い続けるものです。
しかし、一生引越さずに暮らしていくという人のほうが少なく、人生のうち数回は住所変更を行うことになります。
素朴な疑問ですが、マイナンバーの住所変更は行わなくてはいけないものなのでしょうか?

その答えは「住所変更しなければいけない」です。
同市内に引っ越した時はもちろん、他市や他県に引越したときも住所変更しなければなりません。
例外として海外へ引越した場合は「マイナンバーカードの返納」が必要になります。

住所変更を行うタイミングとしては、新しい住所の転入届を提出する時に戸籍課で一緒に行うと簡単です。
お住いの地域によって戸籍課で住所変更をしてくれる場合とマイナンバー課へ行かなければならない場合があるため、詳しいことは役所で聞いてみましょう。

ちなみに、マイナンバーの通知カードやマイナンバーカードの住所変更を行うと、保険証や免許証のように裏面(マイナンバーカードは表面)に新しい住所が記載されます。

■引越したら会社に届け出たマイナンバーを変更しなきゃいけないの?

引越したらマイナンバーを届ける職場

マイナンバー制度が始まってから、職場にマイナンバーを通知したという方が多いのではないでしょうか。
「引越したらマイナンバーの住所変更を行わなければいけない」ということをご紹介したばかりですが、実は職場にも報告する必要があります。

とは言うものの、引越しをした時点で会社へ報告をされる方がほとんどですよね。
会社へ報告するときにはすでに転入届けも提出済みかと思いますが、転入届とマイナンバーの住所変更を同時に行っておけば会社への報告も楽々済ませることができます。

会社へマイナンバーの住所変更を知らせない場合、行政のサービスが受けられなくなるほか収入情報も正確に反映されず、場合によっては給料が正しく振り込まれないなどのトラブルになることも考えられます。
マイナンバーの住所変更を行ったら、必ず職場へ報告をしましょう。

■まとめ

今回は引越しとマイナンバーのあれこれをご紹介しました。
マイナンバーとは「一生使い続ける身分証明証」であり、住所を変更しても新たにもらえるものではありません。
もし引越しのタイミングで紛失してしまっても、お住いの地域の役所で再発行してもらえます。
そして、引越したら転出・転居届の提出とともにマイナンバーの住所変更も忘れずに行ってくださいね。

引越し自体はやることが多く、慌ただしくなりがちなので引越しでやることをチェックリストを作成しました。

引越しやることリスト。引越しの手続きに必要な事

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら

518x70 suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら

518x70