就職や進学で初めての一人暮らしといえば「ワンルームマンション」です。
そんなワンルームマンションへ引っ越す際の費用や時間をご説明します。

ワンルーム

ワンルームへ引っ越すと料金はどのくらい?相場をチェック!

ワンルームの引っ越し費用を計算する作業員

ワンルームへ単身引越しをする場合、荷物の量や距離のほか、建物のタイプ(アパートやマンション、戸建て)やエレベーターの有無で価格が変動します。
ワンルームマンションの引っ越し相場はおよそ3万4千円から11万円程度のようです。
同一県内・市内の引っ越しであれば3万円台から引っ越しが可能です。

更に安く引越しをしたいのであれば、一括見積を使用し、引越し業者を競合させ、引越しをする事です。

当サイトでおすすめする引越し一括見積サイトは以下になります。

安く引っ越しを済ませたいと考えるならば、トラックを一台貸し切る「チャーター便」を利用するのではなく「混載便・コンテナ便」を利用することで相場以下の費用で引っ越すことも夢ではありません。

【初めての1人暮らし】初期費用と引越しのポイントをご紹介

通常期 繁忙期
距離/荷物の量 単身(荷物少) 単身(荷物多) 単身(荷物少) 単身(荷物多)
~15km以内 34376円 45469円 39259円 52975円
~50km以内 36049円 45379円 47620円 58198円
~200km以内 42068円 60758円 45822円 71510円
~500km以内 52887円 77052円 53211円 91084円
500km以上 61483円 96128円 67202円 111650円
※SUUMO引越し調べ

ワンルームの引っ越しに必要な段ボール数と荷造り

ワンルームの引っ越しで使用する段ボール

いざ引越し業者へ依頼したものは良いものの「ダンボールいくつ要りますか?」と聞かれて即答できる方は少ないのではないでしょうか。
「じゃあ10個で!」なんて答えてみたものの、ダンボールが圧倒的に足りなかったという経験をした方は多いはずです。
ワンルームへの引っ越しでダンボールを頼む際の目安は以下のとおりです。

 

・シューズボックス…1~2枚
・キッチン用品…2~3枚
・日用品…4~5枚
・衣類…3~5枚※入りきらない分はふとん圧縮袋へ
合計10~15枚

ここで注意したいのが、指定したダンボールの数を上回ったら引越し業者へ連絡することです。

極端なお話ですが、ダンボールの数を10個として見積をしたのにもかかわらず、荷物の搬出時にダンボールが30個になっていたら、同じ見積額で引っ越し可能でしょうか。
答えは「出来ない」です。
もし、荷物の乗り合わせである「混載便」を利用していたとしたら、他の利用者の荷物が載らず、引越し業者も利用者も予定がすべて狂ってしまいます。
トラックをさらに1台手配しドライバーと作業員をつけるとなると、混載便の価格ではサービスの提供ができなくなるのです。

ダンボールの数が見積もり時よりも多くなる場合、引越し業者へ料金の変動がないか確認を行いましょう。

 ワンルームへの引っ越しはどのくらい時間がかかる?

ワンルームへの引っ越し作業中の作業員

荷物の搬出は建物の場所やトラックの停車位置で効率がかなり変わります。
例えば、トラックが停車できる幅のある道路に面した建物から荷物を搬出する場合、非常に効率的に作業を行えるため所要時間は1時間以内です。
しかし、道路に面していない建物やエレベーターなしの高層階の場合、1時間以上2時間以内が多くなります。
なお、大型家電なし・ダンボールのみの搬出であれば、早ければ30分程度で搬出が完了することもあるようです。

ワンルーム引っ越しにおススメな格安業者

ワンルーム引っ越しにおススメな格安業者の作業員

ワンルームへ引っ越す際にぜひ使っていただきたいオススメ業者を3社ピックアップしました。

  • 日通(引越し単身パック)

日通といえば単身引越しの代名詞といっても過言ではありません。
荷物が少ない方はコンテナ便の「単身パックS」を利用すると15000円からの超低価格で引っ越しが可能です。
利用者の多くは「有名大手で安心感があった」と答えています。

  • ヤマトホームコンビニエンス(単身引越サービス)

クロネコヤマトの「単身引越しサービス」は、日通と同じくコンテナ便を利用した低価格プランです。
家電を持ち運ばない方は最安価プランの「単身引越しサービス(miniタイプ)」を、必要最低限の家電のみ持ち運ぶ方は「単身引越しサービス」の利用で11000円からとかなりお得です。
クロネコヤマトの魅力はスタッフさんの対応が良いことに尽きます。
筆者は対応の良さに感動し、引っ越しのたびにクロネコヤマトを利用しています。

  • ハトのマークの引越センター(小鳩プチトラパック・小鳩パック)

ハトのマークの引越センターは「とにかく安い」ことで定評があります。
札幌から福岡への長距離引っ越しでも45000円と非常に良心的な価格設定
のため、満足度が非常に高い引越し業者です。
ワンルームへの単身引越しの場合、短距離はチャーター便の「小鳩プチトラパック」を、長距離はコンテナ便の「小鳩パック」を提案しています。
一般的な単身引っ越しではダンボール有償または用意なしの業者が多い中、ダンボール無料という心遣いも大変嬉しいです。

まとめ

今回はワンルームへの引っ越しにかかる費用や時間をご紹介しました。
引越し費用は距離・荷物の量・作業時間で変動します。
ワンルームへの引っ越しで注意するポイントは、申告したダンボールの数より荷物が増えたら引っ越し業者へ申告することです。
格安引越し業者を利用した計画的な引っ越しで、スマートな引っ越しをしてみませんか。

 

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら

518x70 suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら

518x70