引越し断捨離

引越しをすることが決まったら。
確実に対応しなければいけないことが「荷造り」です。
さっそく荷造りを始めてみたら「荷物が多すぎる!」と、感じてしまう方は多いようです。
引越し準備にあたって、改めて現在の自分の所持品を認識すると、何年も着ていない服や使っていないバッグ、小物等がたくさんあると判明することも。

そんな引越し準備のタイミングは、実は整理整頓にぴったりのタイミング。
この機会に「断捨離」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

今回の記事では、断捨離のやり方やコツについて、詳しくご紹介していきます。
引越しを前に荷物量で悩んでいる方、必見です。

引越しの荷物が多い!デメリットは何?

 

引越の荷物が多いデメリット

不要な荷物が多いと引越しの際にどのようなことに困ってしまうのでしょうか。
デメリットは以下の通りです。

梱包や荷造りといった準備が大変

引越し業者に支払う料金が高くなる可能性がある

荷物が多いことのデメリットで代表的なこと。それは、単純に荷造りが面倒だということです。
引越しの荷造り。経験者はわかると思いますが非常に手間がかかります。
だからこそ最近、引越し業者のらくらくパック(引越し業者の作業員が小物類や食器の荷造りに対応してくれるパック)の需要が増えているそうです。多少引越し料金が上がっても、依頼したいくらい引越しの荷造りは手間がかかることだということがわかります。

引越し業者の見積もりは電話なしで、一括見積もりを行えますのでお気軽に行いましょう。

匿名で出来る!suumoの引越し見積もりは下記からどうぞ

引越しはらくらくパックを比較。どこまでやってくれる?

 

引越しはらくらくパックを比較

また、それ以外にもデメリットはあります。
引越し業者は荷物を運ぶ際、使用するトラックのサイズや荷物量で料金が変動しやすい傾向にあるので、引越しの際に荷物量が多くなってトラックのサイズが1ランクでも上がれば、それは料金にも反映されるのが基本です。
荷物が多いと、引越し料金のアップにも繋がる可能性があるのです。

上記のような現実的なデメリット以外に、スペース面についても意識しておきましょう。
特に賃貸物件を借りて一人暮らしを始める場合、広い部屋や部屋数の多い物件を借りる方はそれほど多くありません。
一人暮らし向けの物件はどうしてもスペースが限られてきます。
大型の家具や家電については生活必需品といえるものが多いので仕方ないとして、それ以外の様々な荷物については必要なものを中心に持っていくのがベスト。
限られたスペースを広々と使うためには、持ち物を整理することが最も手っ取り早い解決策です。

引越し業者名 家族プラン名称 単身プラン名称
アート引越センター おまかせパック おまかせパック
サカイ引越センター らくらくコース らくらくコース
せつやくコース
ご一緒便コース
日通 セルフプラン
ハーフプラン
フルプラン
単身パック当日便
単身パックS・L
単身パックX
クロネコヤマト 引越らくらくタイムリーサービス
建替引越パック
単身引越サービス
単身引越サービスmini
ハート引越センター スタンダードプラン
エコノミープラン
パーフェクトプラン
エクセレントプラン
スタンダードプラン
エコノミープラン
パーフェクトプラン
エクセレントプラン
アーク引越センター 節約プラン
通常プラン
すべてお任せフルフルプラン
建て替えプラン
ミニ引越しプラン
ミニ引越し長距離プラン
荷物多め単身プラン
すべてお任せフルプラン
アリさんマークの引越社 アリさんフルパック
アリさんパック
経済パック
超ミニ引越しプラン
特ミニ引越しプラン
ミニ引越しプラン
やさか引越センター 基本プラン
らくらくプラン
節約プラン
建替え引越・リフォームプラン
基本プラン
らくらくプラン
節約プラン
遠州トラックしまうま引越センター とくとくコース
らくらくコース
おまかせコース
とくとくコース
らくらくコース
おまかせコース
ベスト引越サービス 超経済コース
経済コース
らくらくコース
おまかせコース
超経済コース
経済コース
らくらくコース
おまかせコース
赤帽
澁澤引越センター
エスラインギフのスワロー引越便 ファミリー便 ひとりパック
せつやくパック
引越のプロロ 節約パック
楽々おまかせパック
完全おまかせパック
大物限定パック
フリータイムパック
節約パック
楽々おまかせパック
完全おまかせパック
大物限定パック
フリータイムパック
キリン引越センター 限定タイプ
らくらくタイプ
スピーディタイプ
おまかせタイプ
限定タイプ
らくらくタイプ
スピーディタイプ
おまかせタイプ
ラク越
人力引越社
アップル引越センター
アクティブ感動引越センター お財布安心コース
荷ほどきだけ自分でらくらくコース
まるっと全部おまかせコース
お財布安心コース
荷ほどきだけ自分でらくらくコース
まるっと全部おまかせコース
引越のムーバーズ
博多引越本舗 ファミリーコース シングルコース
LIVE引越サービス 近距離プラン
中距離プラン
長距離プラン
近距離プラン
中距離プラン
長距離プラン
マイスター引越センター 経済コース
らくらくコース
おまかせコース
大物コース
経済コース
おまかせコース
スター引越センター スタンダードコース
エクセレントコース
プレミア引越し
スタンダードコース
フリー便
混載便
学生割引サービス有り
引越し本舗 標準コース
ゴールド
シルバー
ブロンズ
標準コース
ゴールド
シルバー
ブロンズ
レジェンド引越サービス ファミリープラン
荷造りプラン
らくらくプラン
レジェンドプラン
単身プラン
荷造りプラン
らくらくプラン
レジェンドプラン
ヴォイス引越センター ファミリープラン
格安な大物プラン
お得な積切りプラン
楽ちんなまるごとプラン
シングルプラン
引越一番 エコノミープラン
ラク1プラン(荷造り)
ラク2プラン(全て)
フリープラン
エコノミープラン
ラク1プラン
ラク2プラン
フリープラン
ハロー引越センター 荷造り・荷解きスペシャルコース
標準作業スタンダードコース
小さなお引越コース
ペットちゃんお引越コース
海上コンテナコース
荷造り・荷解きスペシャルコース
標準作業スタンダードコース
小さなお引越コース
ペットちゃんお引越コース
海上コンテナコース
はこびー引越センター
レディアス引越センター 単身引越し向きの引越し業者 ミニミニプラン
ワンルームプラン
スタンダード
エール引越センター ファミリープラン
おまかせプラン
シングルプラン
シモツ引越サービス
Nyエヌワイサービス 介護引っ越し 介護引っ越し
リズム引越サービス ファミリープラン シングルプラン
なにわ引越センター 家族引越プラン
今すぐ引越プラン
格安長距離便
単身引越プラン
今すぐ引越プラン
格安長距離便
イナミ引越サービス できることは自分で引越
荷づくりおまかせ引越
全部おまかせ引越
小さな単身引越
大きな単身引越
隆星引越センター
KIZUNA引越センター フリー便
時間指定便
フリー便
時間指定便
ニコニコ引越センター 標準プラン
らくらくプラン
おまかせプラン
トラック積切プラン
リスト運搬
標準プラン
らくらくプラン
おまかせプラン
トラック積切プラン
リスト運搬
ベスト引越サービス 超経済コース
経済コース
らくらくコース
おまかせコース
超経済コース
経済コース
らくらくコース
おまかせコース
興進引越センター 単身引越し向きの引越し業者
ミッションムーバーズ ラグジュアリーmission
エグゼクティブmission
ベーシックmission
カスタマイズmission
外国人・家族
引越し向きの引越業者
ワクワク引越サービス カップル・家族引越プラン ミニ引越プラン
単身引越プラン
トレファク引越

引越しの断捨離のコツ

 

引越の断捨離のコツ

上記でご紹介したデメリットを解決するために手っ取り早いのは「断捨離」をすることです。
思い入れがあるものや身に付けるものは捨てるのを迷うかもしれませんが、断捨離のコツは思い切ることです。

断捨離するか迷うものについて「最後に使用したのはいつか?」「今後使用する可能性は高いか?」
こちらの2点を基準に必要or不必要を判断するのが基本になります。

ずっと使用していないものは、持っていても案外その後もずっと使用しない可能性が高いです。
とはいえ、物の中には元々たまにしか使用しないものも存在するので(パーティードレスや高級食器類等)
そのようなものについては今後、使用する場が想定されるかどうかも含めて判断しましょう。

引越しで断捨離しやすいもの

 

引越で断捨離しやすいもの

以下では、引越しの際に断捨離しやすいものについて確認していきます。
どれも、意外にたくさん持っているという方が多いアイテムです。

断捨離1.服

 

断捨離1.服

服は男女共にたくさん持っている方が多いです。
「クローゼットの中をみると、ずっと着ていない服が多い」と、いう場合は断捨離のチャンスです。

服を断捨離するとしたら、処分するものとして分類しやすいものは以下のどれか1つにでも該当する服です。

ずっと着ていない
今後も着ない可能性が高い
流行に左右される服で着られそうにない
穴が開いていたりヨレヨレになっていたり状態が悪い

服をたくさん持っている方は多いですが、服って意外と無意識で「頻繁に着ている服」があることが多いです。そして、それ以外の服は実はなかなか着ないで、忘れてしまっているということも珍しくありません。
ずっと着ていない服も、捨てるとなると惜しくなるかもしれませんが、今後も着そうにないなら断捨離対象としての優先度はトップになります。
ずっと着ていない服は、今後着る可能性も低めです。

また、服自体は好きで気に入っていても、流行に左右されるデザインの服で着られなくなったものは今後も着ないままという可能性が高くなるので、断捨離候補になります。

そして、穴が開いたりヨレヨレの服だけど何となく保管していた服に関しても断捨離がおすすめ。
気に入っていて修繕したいなら、早めに修繕して断捨離候補から外しましょう。

服については、断捨離するしないの判断をしやすいのが特徴です。
ちなみに、断捨離する服の中で状態が良いものだと、ブランド品等ではなくてもリサイクルショップで売れる可能性があります。
その場合、売れても1着1着は微々たる金額ですが、積み重なればありがたいものなので状態が良い服を断捨離する際は売ることも検討しましょう。
最近ではメルカリでの出品も人気なので、発送等の対応ができるならそちらを検討してみるのもありではないでしょうか。

尚、当サイトはメルカリよりも買取王子をおすすめしております。

メルカリよりも簡易で簡単に査定を行い、面倒でもないのが特徴です。

買取王子で今すぐ買取を依頼したい方は以下からどうぞ

 

買取王子の評判は?引越し時に服やぬいぐるみなどの不用品を査定しよう

断捨離2.漫画・本の処分

 

断捨離2.漫画・本

大量の漫画や読まなくなった本は処分してしまいましょう。

漫画を処分!引越しで大量の本や漫画の荷造り方法。処分もおすすめ

普通に捨てちゃうのもありですが、今は出張買取という手段があります。

家にいながら漫画を売却に出し、買い取ってもらう事が出来るのです。

もちろん査定料金は無料。思ったよりも高額査定が出る事も多いので、漫画や本(特に専門書などは高額です。)は買取に出す事をおすすめします。

漫画買取おすすめ業者の評判を比較。出張訪問を行う買取業者

断捨離3.食器

 

断捨離3.食器

この場合の食器は、日々食事の際に使用している普段使いの食器というより、もらいものの高級食器や、普段全然使っていなくて余っている食器を指します。
特に一人暮らしだと、いつも同じ食器ばかりを使用しているという方も少なくないはず。
そういう時は処分を検討しましょう。

また、高級食器については、先にご紹介した服同様、売るというのも1つの手段です。

断捨離4.手紙

 

断捨離4.手紙

断捨離しやすいものといえば手紙も入ります。
最近ではSNSが普及しているので、友達や家族と手紙でやり取りする方も少なくなっていますが、それでも招待状や年賀状だったり、後は美容室からのDMだったり、クレジットカードの明細書だったり、まだまだ意外と手紙を受け取る機会は多いです。

都度、処分している場合は良いですが「大事だから」と、ついつい溜め込んでいると意外にも容量を取ります。

招待状なら既に招待日が過ぎているものは処分を意識、年賀状は専用の保管ファイル等に入れてコンパクトに整理するか、処分を意識、クレジットカードの明細等は支払いが終わっているものは処分を意識。
このように対応していきましょう。

思い入れの深い手紙なら、携帯電話のカメラで、写真撮影をして保管しておくという方法もあります。
写真で管理しておけば場所を取らずいつでも見ることができるので、けっこう便利です。

断捨離5.それ以外のもの

 

断捨離5.それ以外の者

ここまでご紹介したものは断捨離しやすいものですが、断捨離できるものは他にも色々あります。
例えば、本や漫画だったり、アクセサリーだったり、小物類だったり。
人によって好みは様々なので、何を集める傾向にあるかはバラバラですが、好きなもの、興味のあるものはけっこう溜まってしまいやすいもの。

もちろん本当に大切なものや普段使いするものまで断捨離してしまうのはダメですが、使わないものに関しては断捨離して整理整頓がおすすめです。
そうすることによって引越しもしやすくなります。

断捨離の必須アイテム!いらないものをいれるダンボール等

 

断捨離の必須アイテム

断捨離をしやすいものを確認したところで、続いては実践的な断捨離の方法を解説します。

まず、断捨離をしようと思い立ったらダンボールを用意してください。
内容はシンプル。「可燃」「不燃」それから売る可能性もあるなら「売る」と、必要な分ダンボールを部屋に置いて、断捨離するものを分別していくだけです。

断捨離しながら分別すれば処分が楽になります。

そもそも断捨離するものの選別に迷いがあるという方については、まずは「いるもの」「いらないもの」という2種類のダンボールを用意して、断捨離候補を1つずつ分別していきましょう。
そのあとで、いらないもの(断捨離するもの)ダンボールに入れたものを分別していくようにしましょう。

一見手間に感じるかもしれませんが、このやり方がなんだかんだスムーズに進みやすいです。

一人暮らしの引越しは断捨離のチャンス!

 

一人暮らしの引越しは断捨離のチャンス

ファミリー引越しの場合だと、なんだかんだ周りの意見を加味する必要が出てきたり、家族全体でみて今後使うか使わないか曖昧なものが多かったりと、何かと断捨離に手間がかかりやすいですが、一人暮らしなら断捨離はしやすいです。

一人暮らしの場合は全て自分の判断で決められるからです。

断捨離には引越しをしないタイミングでも着手して良いですが、やはり引越しで荷物を整理するタイミングが最も相性の良いタイミングではないでしょうか。
引越し先の物件の収納スペース等も確認しながら、断捨離を行いすっきりな引越しを目指しましょう。

断捨離をして運気をあげよう

 

断捨離をして運気を上げよう

断捨離をすると、気の流れが良くなり運気がアップするといわれることがあります。
不要なものを溜め込んでいても引越しのたびに大変だったり、新しく買ったものを収納するスペースがなくなったりするので、断捨離は重視していきましょう。

「まとめ」断捨離をしてすっきり引越そう


いかがでしたか。
今回の記事では、引越しのタイミングに合わせた断捨離のやり方やコツについて、詳しく解説しました。
引越しのタイミングは、断捨離におすすめのタイミングです。
この機会にいるものといらないものを見直してみてはいかがでしょうか。

断捨離を行えば部屋がすっきりするし、引越し業者に支払う料金の節約になる可能性もありますが、しかし、すっきりさせたいからといって必要なものまで捨てないように注意しましょう。
本当に必要なものだけで荷物が多いなら、それはそれで仕方ないです。
断捨離はあくまでも使わないもの、不要なものに対して行いましょう。

断捨離するものによっては、リサイクルショップやメルカリで売るというのもおすすめの方法です。
自分にとっては不要なものでも、誰かに喜んで使ってもらえるならそれはとても素晴らしいことです。

断捨離を決意したら、ぜひ対応してみてくださいね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes