敷金礼金が安くなり喜ぶ家族

新居を決めるとき、通例的に敷金と礼金を支払っていませんか。
実はそれ、とても損をしているかもしれません。
引越しの時に敷金と礼金は支払うべきなのか、損をしない新居探しの方法をご紹介します。

 敷金で実は損してる?

敷金礼金で悩む女性

筆者は引越す回数が多いと自負しているのですが、敷金が戻ってくるケースはかなり少ないです。
たかが床に引っかき傷をつけただけ!と思っても、それって実は入居者の過失であり現状復旧の義務が発生していたりします。
敷金が戻ってくるのは部屋をとことんキレイに使っている人や、長く入居している人に多いようです。
逆に敷金が戻ってこないのは、短期間で引越してしまう単身者の比率が高い傾向があります。
その理由は長く住んでいる人の場合、部屋の経年劣化が認められ家賃から修繕費を出すのですが、短期間で汚れやキズが多いと敷金から修繕費を出さざるをえないという背景があるようです。

 敷金なしだと実は損ってほんと?

経験者からの助言です、新居を決める際は敷金ありを選んでください
なぜかというと、敷金はいざという時役に立つ「保険」だからです。
まさに今筆者が済んでるのは敷金ゼロ住宅なのですが、すでに家の中には猫の引っかき傷やら床の汚れといった修繕費不回避なキズが多数あり、今から退去時が恐ろしくて仕方がありません。

 引越しの時は礼金なしのものを選ぼう

敷金礼金が必要ない家

礼金、それは字のとおり大家さんに「お部屋貸してくれてありがとう!」という意味合いで支払われるお金です。
そして、借り主の立場では一番払いたくない「省くべきお金」でもあります。
なぜなら、礼金は敷金とは違い退去時に戻ってこないのですから。

現代では不動産仲介業者が大家さんと借り主のあいだに入る事が多く、大家さんから直接部屋を借りるという形態はとても少ないです。
大家さんと顔を合わせないからこそ、下見や契約時に「~までに入居するので礼金カットできませんか?」と聞いてみると思いの外礼金をカットしてもらえることもありますよ。

 引越しの時に敷金は返金される?

敷金が返ってくるか考える女性

敷金が戻ってくる可能性が高いのは、部屋に長く済んでいた場合や部屋をきれいに使っていた場合ということはご紹介させていただきました。
その他にも敷金を返金してもらうためにやるべきことがあります。

・入居時に室内の写真を撮っておく

敷金トラブルにありがちなのが、前の住人がつけたキズや汚れのぶんまで修繕費を取られてしまうことです。
漫画家の小栗左多里さんは自身の著書のなかで他人が付けた汚れのぶんまで修繕費を請求され、大家さんとバトルに発展したことを面白おかしく表現されていました。
このトラブルを避ける最大のポイントは、部屋の下見や入居時に汚れやキズの写真をきちんと撮って保存しておくことです。

・敷金が帰ってくる項目を知っておく

すべてのケースで敷金が戻ってくるとお思いのあなた、それは残念ながら違います。
実は敷金が戻るケースと戻らないケースが存在するのです。
敷金が戻るのは「普通に暮らしていて自然と発生するキズ・汚れ」を指し、例えば壁紙の日焼けや変色、鍵交換や網戸交換、排水管からの水漏れ水道破裂などが挙げられます。
逆に、過失によるフローリングのヘコミやヤニによる極度の黄ばみ、ペットの引っかき傷は敷金が戻らないのです。
いくらペットに悪気がなくても、建物に傷をつけた場合は敷金から修繕費を取られてしまうため、今後ペットを飼おうと考えている方は注意が必要になります。
タバコを吸う方も、ある意味覚悟を決めたほうが良いでしょう。

 礼金なしのメリットとデメリット

敷金礼金のない家に引越した女性

敷金は遭ったほうが良いとお伝えしたのですが、礼金は実際に必要なのでしょうか。
礼金を支払うメリットとデメリットは以下のとおりです。

・礼金なしのデメリット

礼金なしのデメリットとは「情に訴えかける余地が無くなる」事です。
仮にやむを得ない事情で家賃を支払えなくなった場合、入居時に礼金を支払ったりご挨拶に伺っていると大家さんの心情は若干違います。
賃貸契約的には退去勧告な場合も「きちんとした人なら少しだけ待とう」と思ってくれることがあるようです。
しかし敷金礼金ゼロ物件の場合、情に訴えることは不可能ということになります。
また、礼金なしの物件の多くは入居手数料が高い、退去時に解約手数料を取る、共益費が高いなど別の項目で支払いを求められるケースが多いです。
さらに「敷金礼金ゼロ」ということになると、不人気物件や事故物件の危険性も考えられるため注意しましょう。

・礼金ありのメリット

礼金を支払うメリットは「感謝の気持ちをお金で表せる」ことです。
実際のところ、現代では礼金なし物件のほうが入居率は高くなります。
しかし、あえて礼金を支払うことで大家さんに利益をもらたし入居者である我々は良い部屋を借りることが可能です。
デメリットと比較するとメリットは非常に少なく見えますが、希望の部屋を借りたいと思うなら「必要経費」として割り切るのもアリと言えます。

まとめ

今回は新居探しと敷金・礼金についてご紹介しました。
敷金が戻るケースと戻らないケースを事前に把握することで、退去時のトラブルを避けることができます。
また、礼金を支払うメリットは非常に少ないですが、良い部屋こそ礼金がついて回るものです。
メリットとデメリットを天秤にかけるのではなく、住みたい部屋を確実に確保するための必要経費として割り切るもよいかもしれませんね。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら

518x70 suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら

518x70