雨

1.雨の日の引越し対策方法

雨の日の引越し

雨の日の引越しは、引越しの荷物が濡れないようにするのは難しいことですから、引越し予定日に雨が懸念される場合、出来るかぎり雨に濡れないような対策が必要になってきます。

また、荷物を運び出す時など通常より作業ミスが発生し易くなりますから、より注意深く慎重に準備しておきたいものです。雨が降る当日には、雑巾・タオルを数枚用意しておきます

濡れた荷物の水滴を拭うために使います。他にも大き目のビニール袋や、エアーキャップ(プチプチ)、防水性の高い布テープ(紙のクラフトテープは剥がれ易いからです)、ビニールシート、ストレッチフィルムも加えて用意しておくと重宝します。

荷物を運ぶ通路には、雨ですべり易くなりますので通路には、新しいダンボールや、いらなくなったバスタオルなどを敷いて、すべり止め対策もしておくと安全です。

荷物の置き場所の床や畳には、ビニールシートを敷いて、その上に荷物を置くようにします。

うっかり荷物の出し入れに集中してしまい部屋の拭き掃除を怠りがちですが、雨の日は室内が濡れて汚れ易くなりますので、雑巾などを使って、しっかり床や畳などを拭き掃除して終えるようにします。

なお、雨の日は必ず引っ越し車両の荷台に屋根付きの車両を手配するようにします。手にはすべり止めのゴム手袋を両手に着用することも忘れないようにします。

2.雨がふった時の冷蔵庫の運び方

雨の日に引越しで気をつかう冷蔵庫

冷蔵庫の運び方は、本体を縦に立てた状態で移動します。

冷蔵庫は、キズ防止と直接雨に濡れないように、エアーキャップを巻いた後にダンボールか、いらなくなった毛布などで、しっかり包み込みます。

移動中に扉が開かないようにロープで固定し、運搬時の持ち手としても使えます。段差の少ない平らな地面では台車を使って、2、3人でゆっくり慎重に移動して運びます。車両の荷台に載せる際は、すべらないように荷台に載せる必要があります。

作業時は荷台が雨で濡れてすべりやすいので、あらかじめ、布や雑巾で拭ってから作業するようにします。また、荷台に載せた冷蔵庫の下には、ゴム製のマットか、毛布を敷いてすべり止めします。

3.雨の日の梱包方法

雨の日の引越しで濡れた段ボール

衣類など濡れて困るものは、あらかじめビニール袋などに入れてから、ダンボールに梱包すると、かなり違ってきます。

なおダンボール箱に取っ手の穴が空いているものは、雨の水滴が箱の中に侵入し易いので要注意です。

同じ雨の日でも大雨や暴風雨の際は、ずぶ濡れになってダンボール箱の強度が落ちてしまうことがあります。一度でも使用された使用済みダンボールなら尚更ですが、箱のカドの潰れや、箱の側面の潰れ、フラップ(羽)の破れを引き起こす原因にも繋がります。

そのような濡れたダンボール箱を積み重ねると、荷崩れを起こしたり中の荷物を痛める原因にもなりますから、ダンボール箱が雨に濡れて滲み込まないように、防水性の高い布テープでH貼りして、ダンボール箱をストレッチフィルムや、大きなビニール袋(ゴミ袋をハサミで裂く)で、ラッピングして保護しておくと安心です。

また、雨の日は足元が悪くすべり易いので、作業時に荷物を落下させてしまう危険性があります。食器類などワレモノには、新聞紙やエアーキャップ(プチプチ)などで、しっかり包んで保護しておくと割れ難くいです。

4.台風の時の引越し対策方法

雨が降らないように作ったてるてる坊主

台風の時の引越しは、雑巾やいらなくなったタオルを多めに用意しておいた方が安心です。

上でも述べたように、暴風雨だったりすると荷物が濡れないようにするのは、ほぼ不可能でしょうから、ずぶ濡れになっても大丈夫なように、梱包済みのダンボールをダンボールごとビニール袋で包んでしまいますビニール袋は、90リットル(サイズ:横900mm×縦1000mm )のものが良いです。

木製の家具は濡れてカビの原因にもなりますから、より注意が必要です。この場合も、エアーキャップで家具の本体を巻いた後にダンボールか、いらなくなった毛布などで包み込み、ロープで固定して運びだすようにします。また、外壁や通路などに養生する際も、強風で飛ばされる可能性がありますので、養生シートと壁との間に隙間を作らないように、しっかりテープで止めておきます。

5.雨の日に引越しするのは縁起が悪いの?

雨の日の引越しで悩む作業員

引越しの日に雨が降ると、いろいろ面倒なこともあって、人は余計なことを考えがちです。また、どんよりとした空を見ると、なんとなく気分も憂鬱になる人も少なくないと思います。

だからでしょうか雨の日に引越しすると、『縁起が悪い』という言葉を今でもしばしば耳にすることがあります。しかし、これは気分的なもの(心の持ち方)から生まれた言葉のようで根拠は無さそうです。なぜ、引っ越しするとき縁起が悪いのか?説いた言葉も見聞きしたことがありません。

いっぽうで、雨に因んだ縁起を担ぐ言葉には「恵みの雨」や「雨降って地固まる」という、心を前向きにしてくれる、ことわざが昔からありますので、あらたに新転地へと向かう引越しが良き門出となると、ポジティブに捉えたほうが良さそうに思えます。

引越しの日に雨が降ってくれたおかげで、普段なにげなく使っていた冷蔵庫や家具などが、自分にとって大切な財産であることに気づかせてくれたことにも感謝したいものです。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら

518x70 suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら

518x70