引越しのときには家財道具、日用品まで全ての荷物を梱包しなければなりません。
引越しは日常の中に突然、予定日がやってくるので、時には対処に悩むようなものもでてきます。
食材や、日常使いのアイテム・・・その中の1つがシャンプーや洗剤です。

引越しシャンプー

使いかけのシャンプーや洗剤、扱いに迷ってしまうこともありますよね。

今回の記事では使いかけのシャンプーや洗剤の梱包方法や対処方法について、詳しくご紹介していきます。

引越しの時の使いかけのシャンプーや洗剤は捨てるほうがいい?

引越しのとき、使いかけのシャンプーや洗剤があると、そのままダンボールに入れても輸送中に中身がこぼれるなどして大変なことになりそうだと感じている方もいるのではないでしょうか。
シャンプーや洗剤を捨てて、新居で新しく買うのも、もちろん1つの選択肢ですが、シャンプーの中にはけっこう値段がするものもあるので「捨てるのはもったいない」と感じる方がほとんどです。

シャンプーも洗剤も、使いかけだとしても、できればしっかり新居に持っていきたいですよね。

シャンプーを梱包するならどうすれば良い?

シャンプーを梱包する際、そのままダンボールに入れるという方もいますし、自分でトランクケースに入れて持っていくという方もいます。どちらも普通に入れたら中身がこぼれるリスクは付き物です。
できるだけこぼれないように、安全に運べるように対処していく必要があります。

トランクケースに入れる場合は、固定がしやすいので案外簡単に持ち運べますが、液体は意外に重量があるので、量が増えれば重いという欠点があります。

それに対し、ダンボール梱包なら引越し業者が運んでくれるので楽ちんですが、梱包方法次第でこぼれやすいという欠点があります。

以下では、ダンボールに梱包する場合の対処方法などを詳しくご紹介していきます。

ポンプ式をそのまま梱包したら漏れる?

ポンプ式の使いかけシャンプーをそのまま梱包しても上手く固定すれば漏れずに輸送することは可能です。ただし、漏れるリスクはあるので、ポンプ式の使いかけシャンプーについては、できればしっかりと梱包していきたいものです。

ポンプ式のシャンプーを、開封前の状態に戻すにはポンプのヘッド部分を、下まで押し込むようにしねじを締める際の要領で回ります。
最初にポンプを開封した時と逆の要領です。

ただし、この方法はシャンプーの商品によっては上手くできない可能性もあります。
もし、上手くできない場合はビニール袋を用意し、ポンプの部分に被せて、ヒモなどで締めましょう。
そうすることで、万が一中身がこぼれても、ダンボールを汚さずに済みます。

使いかけのポンプ式のシャンプーは、どちらにせよダンボール内で固定して入れるほうが安心です。
他の小物類と併せて梱包して、輸送中にトラックが揺れても中身がこぼれるリスクを最大限減らせるようにしていきましょう。

シャンプーの残りの量にもよりますが、液体は重量が意外とあるので、ダンボールサイズはコンパクトなものを使用したほうが安心です。

引越し業者によっては、例えば洗濯カゴ等に入れてシャンプーが見えている状態でも運んでくれることがあります。
そのような運び方のほうが、シャンプーが見えている分、実際のところ中身がこぼれるリスクは減らしやすいです。
このような運び方を希望する場合は、事前に引越し業者に確認しておくようにしましょう。

フタ付きのシャンプーはそのままダンボールに入れてOK

フタ付きのシャンプーは、主に300mlくらいの小さいシャンプーのボトルに多いです。
一人暮らしの方の中には、このようなシャンプーを使用している方もいるのではないでしょうか。

フタ付きのシャンプーについては、中身がこぼれる可能性は低いので、そのままダンボールに入れても大丈夫です。
ただし、念のため横向きに入れるのではなく立てて入れるようにしましょう。
そしてボトル式のシャンプー同様、他の小物類などと一緒に梱包して、固定するように意識しましょう。

ボトル式、フタ付き、どちらのシャンプーでも梱包するタイミングは、引越し前日のお風呂に入った後にしましょう。

食器用洗剤や洗濯洗剤はどうやって梱包すれば良い?

食器用洗剤や洗濯洗剤も、引越しに合わせてピッタリ使いきるという例はあまりないです。
こちらについての梱包方法も、それぞれチェックしていきましょう。

食器用洗剤

食器用洗剤はフタが締められるようになっているものがほとんどです。
フタをしっかり締めて、ダンボールに梱包しましょう。
その際、先ほどご紹介したシャンプー同様、固定するよう意識し、小さめのダンボールを使用してください。

引越し自分で行う時に必要なもの。自分でダンボールで運ぶもの

輸送中は揺れやすいので、念のためビニール袋に入れて閉じるようにすると安心です。

洗濯洗剤

洗濯洗剤は箱型の粉タイプと、液体タイプがあります。
箱型のタイプはそのままダンボールへ入れましょう。意外に箱型タイプのフタは開きやすいので、ガムテープなどでフタの一部を留めておくと安心かもしれません。

液体タイプの洗濯洗剤は、フタをしっかり締めてダンボールに入れましょう。

こちらについてもダンボールは小さめのものを使用し、固定するようにしましょう。

シャンプーや洗剤を処分することにしたらどうすれば良い?

シャンプーや洗剤が残り少ない等の事情で、旧居で処分することを選択する方もいます。
処分するにあたって、液体の場合は処分方法に悩みやすいですよね。

シャンプー、食器洗剤、液体の洗濯洗剤の場合は、そのままお風呂場やキッチンで流します。
流している最中にぶくぶく泡立ち、もったいない感じがあるので気持ちの良いものではありませんが、シャンプーも洗剤ももともとは水に流れるものなのでそのまま流すようにしましょう。

ぬめぬめすることが予想されるので、しっかりと水で流しましょう。
ちなみに、食器用洗剤をキッチンに流す場合は併せてスポンジ等でキッチンのシンク掃除もしてみてはいかがでしょうか。
引越し前日に行うなら当日自炊はしないでしょうし、きれいな状態で退去することができます。

混ぜるな危険表記がある洗剤は扱いに注意が必要!

液体の洗剤には色々な種類がありますが、捨てる際に注意しなければならないのは「混ぜるな危険」表記がされている洗剤です。
このようなタイプの洗剤は他の洗剤とは、絶対に混ぜてはいけません。
混ぜないにしても、他の洗剤を流した直後に混ぜるな危険表記がされている洗剤を流すのもよくありません。

洗剤同士が混ざらないように、どの洗剤を流すときでも、よく流してから他の洗剤を流すようにしましょう。

「まとめ」シャンプーや洗剤もしっかり扱って快適な引越しを目指そう!


いかがでしたか。
今回の記事では、引越しの際のシャンプーや洗剤の梱包に視点を当てて、詳しくご紹介しました。
使いかけのシャンプーや洗剤は、こぼれるリスクが付き物なので、しっかりと梱包する必要があります。今回ご紹介した方法を参考に、ぜひ、こぼさない梱包を目指してみてくださいね!

シャンプーや洗剤を処分することを選択する場合も、混ぜるな危険表記のものには注意しましょう。
混ぜるな危険表記がなくても、シャンプーや洗剤は、それぞれを処分するたびによく流しておいたほうが安心です。

引越しの準備は何かと手間になりますが、終われば新生活が待っています!
しっかりと対応して、快適な引越しを目指していきましょう。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes