今回は引越し時に電力会社を変更した場合に必要な手続きや、電力自由化のメリット・デメリットなどについて詳しく解説していきたいと思います。

引越し電力自由化

目次

引越し時の電力の手続きの流れ

引越しの時に現在利用している電力会社とは違う会社に変えたいという場合は、まず引越しを行う前に希望する電力会社を選び、そこで契約の申し込みを行います。

この時いつから電力が使えるようになるのかも、きちんと電話などで問い合わせをして確認するようにしておきたいところですね。

その後希望する電力会社が利用可能であることが分かれば、今契約している電力会社に対して解約を申し込みます。

解約手続きは一応引越し当日でも可能ですが、時間に余裕を持つためにもなるべく当日よりも1~2週間前までに済ませておくのが理想的です。

引越しに関してやることは以下のやることリストをご覧下さい。

引越しやることリスト。引越しの手続きに必要な事

電気の手続きを行わないと引越し後に電気がつかないの?いつまでに行うべき?

現在では電力自由化やスマートメーターの導入が進むことにより、引越し前に電気の手続きを済ませていなければ引越し先で電気が使用できないといったことにもなり兼ねません。

 

この手続きについては、ある程度余裕をもって1~2週間くらい前か、遅くとも3日前には済ませておくようにしておきましょう。

引越し時の電気手続きの注意点

新しい電力会社と契約したい場合には、上でも述べた通り現在契約している電力会社との解約並びに新たに利用していく予定である電力会社との契約のタイミングを、1~2週間前といったようにできるだけ余裕をもって行わなければ、契約上でのトラブルだったり新居で電気が使えないといった状態になるかもしれないので注意しておきたいところです。

また新たな電力会社と契約する際は、「引越し日」「現在の電力会社名」「現在の電力会社でのお客様番号」「引越し先住所の供給地点特定番号」「運転免許証など本人確認書類」といったものが必要になるので、スムーズに手続きを行いたいのであれば、こういった必要となる情報をあらかじめ揃えておくと良いでしょう。

引越し時に同時に賢く電気会社を変更する方法

引越しと同時に新たに電力会社を変えたい場合は、まず自分にとってその新たな電力会社が料金的にどれだけお得なのかどうかで判断していくと良いです。

例えば電力会社の中には、そのプランによっては時間帯によって電気料金が変わってくるものや、携帯電話やガスをセットで契約することでセット割が適用されるプランなどがあったりします。

このようなことから自分のライフスタイルに合わせて料金的にも最適だと思われるプランがある電力会社を選ぶことで、賢く電力会社を変更することができるでしょう。

マンションやアパートなど集合住宅によっては電力会社を選べない事もあるって本当?

引越し先のマンションやアパートによっては、自由に電力会社を選べないこともあります。

例えばそのマンションやアパートが、高圧一括受電契約である場合には、その建物一棟単位で電力会社との契約がされているので、この場合は自分で契約したい電力会社を選ぶことができません。

ちなみに高圧一括受電契約である所としては、大体タワーマンションなど大きなマンションであったり、敷地内に変圧器などの機材や管理室があったりするといった特徴があります。

引越し時に電力会社を変えたい場合は、引越し先が自由に電力会社を選べるのかどうかも把握したうえで、引越し先も選ぶようにすると良いですね。

電力会社は東電以外の電力会社に変更出来る?電力自由化とは?

従来であれば利用できる電力会社はその地域ごとによって決まっていましたが、2016年の4月以降からは電力の自由化に伴い、引越し先に関係なく自由に電力会社を選べるようになりました。

なので引越し先が関東圏であっても、東京電力以外の電力会社を利用することができます。

電力会社を引越し時に変更するメリット

電力会社を引越し時に変更するメリットとしては、今の電力会社よりもよりお得な料金プランで契約できる可能性が大いにあるということです。

電力会社のプラン中には低料金でかつCO2の排出量が少ないような地球環境にとって優しいエコなプランも選べたりするので、そうしたプランを選択することでエコロジーでエコノミーな暮らしができるでしょう。

電力会社を引越し時に変更するとどんなデメリットがある?

逆に電力会社を引越し時に変更するデメリットとしては、変更の際に旧電力会社との解約や新電力会社との契約などといった手続きが必要であったり、自分にとってお得になるようなプランやその電量会社を選ぶのが面倒だったりすることがあります。

 

また電力会社の中には優良なところもあれば詐欺まがいの悪質な会社もあったりするので、電力会社選びを間違えると少なからず損失を被る危険性も出てくるので注意しておきたいですね。

 

その他契約の際に契約期間を設けているような電力会社と契約すれば、途中で解約した場合には別途解約違約金という形で料金を請求されるので、途中で解約したくても中々解約に踏み出せないといったように融通が利かない部分もあったりします。

例えばどんな東電以外だとどんな電力会社があるの?

東電以外の電力会社には例えばその地域を管轄している会社だと、北海道電力、東北電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力があります。

 

 

そして従来であればこうした住んでいる地域に対応した、いわゆる一般電気事業者と呼ばれる電力会社しか選べませんでしたが、電力自由化後ではこれら以外でも様々な企業から電力が販売され、消費者側も電力会社の選択肢の幅が大きく増えることになりました。

 

例えば東京電力エリアである関東甲信越地方では、現在だと東電以外にも「東京ガス」「ENEOSでんき」「昭和シェル石油」などの電力会社が存在しており、その中から好みのプランに応じて自由に選ぶことができるようになっています。

 

また中にはほぼすべての電力供給エリアに対応しているような電力会社も存在しており、こうしたところであれば住んでいる都道府県を問わずに契約をすることができます。

基本料金が0円?looopでんきとは?

Looopでんきは2011年に起きた東日本大震災をきっかけに作られた企業で、沖縄と離島を除く全国エリアで電力を供給している電力会社です。

Looopでんきの最大の特徴は太陽光・風力・水力をはじめとする再生可能エネルギーであり、基本料金が0円であるということです。

2017年4月からは「Looopでんき+」という、太陽光発電の売電と組み合わせて利用することで割安になるプランが発表されました。

このようなことからLooopでんきは、経済的であることを重視する場合はもちろん、エコロジー思考が強い方にもオススメの電力会社です。

あの引越し侍が紹介。ENEOSでんき(エネオス)とは?

ENEOSでんきはガソリンスタンドとしても良く知られるENEOSを運営する会社「JXTGエネルギー株式会社」により販売されており、供給エリアとしては東京電力エリア(関東甲信越地方)のみになります。

 

ENEOSでんきの大まかな特徴は、火力発電が大きな割合で占めているものの、CO2排出は控えめである程度環境にも優しく、同じ電力供給エリアの電力会社である東京電力に比べても1か月あたりの電気使用量が120kwh以上であれば電気料金が安く済みます。

 

また支払い方法により以下のような特典が付きます。

・ENEOSカードで電気料金を支払う場合は、ガソリン・軽油・灯油代が1円/リットル割引になる

・ENEOSでんきと提携しているクレジットカードで電気料金を支払う場合は、支払額に応じてポイント・マイルが2倍などに増量される

・Tポイント情報を登録することで電気料金の0.5%分をTポイントに付与される

 

※なおこれら特典は重複できず、いずれかのうちの一つから選べます。

 

ちなみに「2年とくとく割り」というプランを選べば、契約が2年になるという縛りがつくものの、1kwhあたり0.2円安くなる分お得です。

 

更に3年意向になれば1kwhあたり0.3円安くなるので大変お得です。

このプランでは一応途中で解約すれば解約金が発生しますが、それもたった1080円で済むのでENEOSでんきを利用する際はこのプランがオススメです。

 

自家発電?自分電力とは?

じぶん電力は「株式会社日本エコシステム」により運営されており、北海道・青森県・秋田県・岩手県・山形県・新潟県・富山県・石川県・福井県・沖縄県を除く地域であり、かつ一戸建て物件限定で利用することが出来ます。

じぶん電力の特徴は太陽光発電を設置してもらい、主にその自家発電によって電力を賄っていきます。

メリットとしては太陽光発電の導入やメンテナンスなどが0円でできることや、電気料金を安くすることができるといったことが言えます。もちろん太陽光発電では発電できない夜などの時間帯には、「エネット」により別途電力供給することが可能です。

ただし契約が20年と長期にわたり、途中で解約する場合は導入している太陽光発電システムを買い取らなければならず、その分のお金が必要になってきます。

じぶん電力は太陽光発電を初期費用なしで導入したい場合、環境負荷が少ないエネルギーを望んでいる場合、災害による停電にも備えたいような場合に良いのではないでしょうか。

楽天の電力サービス「まちでんき」

まちでんきは楽天の電力サービスで、沖縄など一部の都道府県を除いて利用することが出来ます。

まちでんきの特徴はあまり電気を使わない場合は向いていませんが、沢山利用するような場合にはお得になるということが言えます。

また楽天が運営しているということから楽天サービスと連携しており、楽天サービスを頻繁に使うような場合にも向いています。

具体的な特典としては以下のようになります。

・楽天スーパーポイントが貯まる(10kwhごとに1ポイント)

・楽天マートや楽天kobo(電子書籍)、RakutenSHOWTM(動画)などの楽天サービスのクーポン券が貰える

 

更にまちでんきの場合は1年を過ぎれば、途中解約による違約金というものがないので割と気軽に契約・解約することができたり、電気トラブル時には無償で訪問して来てくれて対応してもらえるサービスがあるのも強みです。(電気トラブルの駆けつけサービスはスタンダートプランの60Aまたはプレミアムプランの契約者に限ります)

プランとしては主に一般的な家庭向けの「スタンダートプラン」と大規模な家庭や事務所・店舗向けの「プレミアムプラン」というシンプルに2つに分かれており、プランを選ぶ際も非常に分かりやすいです。

料金は地域ごとによって微妙に変わってきますが、例えば関東圏の場合は「スタンダートプラン」が東京電力における従量電灯Bにあたり、「プレミアムプラン」が従量電灯Cにあたります。

あまり使わない人はお得?まちでんき スタンダードプラン 30A以下

スタンダードプランの中には30A、40A、50A、60Aといったように契約アンペアが分かれています。

30Aは一人暮らしなどで電力をあまり使わないような場合に向いており、一度に使用できる電力の上限が下がってしまって複数の電化製品を使えない代わりに、基本料金が最も割安になります。

ただしその他の電力会社の30Aの料金と比較すると、まちでんきの基本料金の方が割高になり、月々請求される料金においてもまちでんきの方が高くつくパターンがほとんどです。

もうちょっと使う人にはこちら。まちでんき スタンダードプラン 40A以上

ドライヤーやエアコンなど気兼ねなく複数の家電を同時に使いたい場合であれば、40A以上が良いでしょう。

40A以上になると東京電力など地域ごとの電力会社と基本料金はさほど変わらず、月額の料金も大して違いはありません。

しかし月々の電力使用量が300kwhを超えるような場合は、1kwhあたりの電気料金が他の電力会社と比べても安くなります。

例えば東京電力と比較した場合は、同じ60Aで契約したとしても月の電力使用量が300kwhを超えるのであれば、まちでんきの方が1kwh消費するごとに4円お得になるので、利用料金もまちでんきの方がかなり割安になります。

いっぱい使う人はまちでんき プレミアムプランもあり!

大家族などで電力を大量に消費するような場合であれば、プレミアムプランがオススメです。

プレミアムプランは基本料金こそ高めになりますが、月の電力使用量が300kwhを超える場合はスタンダートプランと同様に1kwhあたりの電気の単価が安くなるのでその分お得です。

電気代金を安くしたいならエネワンでんき

エネワンでんきは主にガスの販売を行う「株式会社サイサン」が運営しており、北海道や東北・関東・中部・九州圏の5つの地域で利用可能になっています。

エネワンでんきの特徴は運営会社がLPガス供給を行っていることから、ガスと電気をセットで契約することで割引されたり、その他インターネットサービスやウォーターサーバーなどのサービスとセットで契約することでお得になります。

また楽天のまちでんきと同じく、一人暮らしなどで電力消費量が少ない場合よりも、大家族などで電力消費量が多い場合に向いており、電気使用量が300kwhを超える場合は利用料金がお得になります。中部電力エリアなら特に料金が安くなったりもしますね。

ただし1年未満に解約すると事務手数料として3000円かかりますし、関西電力エリアなどでは利用できないので注意が必要です。

電力会社選びに役立つ!無料診断サービス「でんくまくん」

このように今では電力会社は数多く存在しており、消費者が自由に電力会社を選べるようになった訳ですが、実際に電力会社を選択したい場合は自分にとってどういったところがベストなのか良く分からないといった事もあるかと思います。

そんなときに利用すると便利なのが、電力会社診断サイトの「でんくまくん」です。

でんくまくんではその人にとって最適だと思われる電力会社とプランを診断してくれます。

プランの提案は電気の使用量や時間帯、家族構成などから判断され、1か月あたりの消費電力ではなく1時間単位での消費電力のデータに基づいて診断されるので、提示される内容も精密なものになっています。

なので引越し時の電力会社選びに迷う場合は、是非でんくまくんで無料診断してみると良いでしょう。

http://www.shinnihonjusetsu.co.jp/lp/energy/

電力会社の料金一覧比較表

ここでは上でも挙げた人気の電力会社の一般家庭向けの標準プランの利用料金や利用可能な地域、各種特典についてまとめてみました。

※料金は同じ電力会社であっても地域によって多少異なりますが、ここでは目安として東京電力エリアの料金について記載しています。

 

電力会社名 基本料金 従量料金 電力供給エリア 特典
東京電力 (スタンダードS)

30A:842.40円

40A:1123.20円

50A:1404.00円

60A:1684.80円

(スタンダードS)

120kWhまで:19.43円

121~300kWhまで:25.91円

301kWh~:29.93円

東京電力・中部電力・関西電力 オール電化で割安・電気料金1000円ごとに独自ポイント5p付与・WEB申し込みで500ポイント付与
東京ガスの電気 (ずっとも電気1)

30A:842.40円

40A:1123.20円

50A:1404.00円

60A:1684.80円

(ずっとも電気1)

140kWhまで:23.24円

141~350kWhまで:23.45円

351kWh~:25.93円

東京電力 電気とガスのセット割・無料駆けつけサービス・クックパッドプレミアムサービスなど
Looopでんき 0円 26円/kWh 北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力 違約金なし・エコロジー
ENEOSでんき (Vプラン)

30A:842.40円

40A:1123.20円

50A:1404.00円

60A:1684.80円

(Vプラン)

120kWhまで:19.52円

121~300kWhまで:24.09円

301kWh~:25.75円

東京電力 ENEOSカード(ガソリン代)割引or提携クレジットカードポイント付与増額orTポイント付与・長期プラン契約で割引・エコロジー
じぶん電力 (自分電力Aプラン)

30A:801.47円

40A:1068.63円

50A:1335.78円

60A:1602.94円

(自分電力Aプラン)

120kWhまで:18.93円

121~300kWhまで:24.91円

301kWh~:28.43円

北海道電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力 太陽光発電無料導入・停電対策・エコロジー
まちでんき (スタンダートプラン)

30A:1247.20円

40A:1247.20円

50A:1526.00円

60A:1804.80円

(スタンダートプラン)

120kWhまで:19.43円

121~300kWhまで:25.91円

301kWh~:25.91円

北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・中国電力・九州電力 楽天スパーポイント付与・各種楽天サービスの割引・電力使用量が多い家庭向け・違約金なし
エネワンでんき (エネワンBプラン)

30A:810円

40A:1080円

50A:1350円

60A:1620円

(エネワンBプラン)

120kWhまで:19.52円

121~300kWhまで:26.00円

301kWh~:26.42円

北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・九州電力 電気とガスなどのセット割・電力使用量が多い家庭向け・エコロジー

 

電力供給エリアの具体的な地域については以下になります。

北海道電力エリア

北海道

東北電力エリア

青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県・新潟県(一部)

東京電力エリア

茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・静岡県の一部(富士川以東)

北陸電力エリア

新潟県(一部)富山県・石川県・福井県

中部電力エリア

長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県

関西電力エリア

京都府・大阪府・滋賀県・兵庫県・奈良県・和歌山県

中国電力エリア

広島県・山口県・島根県・鳥取県・岡山県

四国電力エリア

香川県・徳島県・高知県・愛媛県

九州電力エリア

福岡県・長崎県・大分県・佐賀県・宮崎県・熊本県・鹿児島県

 

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes