寮への引越し

受験に合格したり、就職が決まったら、いよいよ引っ越しの準備が始まります。

学生寮・社員寮の場合、荷造りや引っ越し方法、入寮までの準備などやることがたくさんあります。

しかし、何から手を付ければ良いのか迷ってしまいませんか?

入寮するまでの期間は限られていますので、
要領よくサクサク進めましょう。

そこで今回は、学生寮や社員寮など、これから入寮される方に準備の仕方や引っ越しの仕方、最初の挨拶などをご紹介します。

早めにやることをチェックして、余裕を持って引っ越しの準備をしていきましょう。

学生寮・社員寮に引っ越す時にやるべき事と注意点

学生寮・社員寮へ引っ越す時にやるべきことは以下の通りです。


【入寮の手順】

①寮の下見へ行く(学生寮のルール・備え付けの備品などをチェック)
②荷造りする
③引っ越しの手配
④住民票など各種手続き
⑤最初の挨拶

入寮まではやることはたくさんありますが、基本的にこの順序で進めれば問題ありません。

学生寮の場合は、初めての引っ越しになると思いますが、引っ越しの経験は社会人になってからも役立ちます。

なるべく親御さんは干渉せずに、子供自身で準備を進められるようにサポートしてあげましょう。

寮に家具や家電などが備え付けられている場合は、荷物も少なめですから、スムーズに荷造りも進みます。

では早速、入寮するまでの準備の仕方をみていきましょう。

寮が決まったら最低限下見をしよう

まず、寮に入ることが決まったら、事前に寮へ下見に行くことが大切です。

下見に行くと、学校や会社のホームページだけではわからないその場の雰囲気や生活環境について知ることができます。

特に学生寮の中には、独自のルールを定めているところがあり、門限など厳しいところもあるので事前に確認しておく必要があります。


【入寮のチェック項目】

・家賃・共益費はいくら?
・部屋の広さはどれくらい?
・収納のサイズはどれくらい?
・キッチン、トイレ、浴室、洗濯機は共有?
・引っ越しは業者に依頼をしても大丈夫?
・荷物の運び入れの時間に決まりはある?
・部屋に備え付けの備品・家具・家電はある?
・用意しなければいけない物は?
・引っ越し時には管理人が立ち会いが必要?
・インターネット回線は個人契約か?
・注意事項はないか?

学生寮によって、家賃・共益費や部屋のスペース、設備、ルールは異なりますので、上記の項目は最低限チェックしてください。

社員寮の家賃は安く、水道代や光熱費などは家賃込みの場合が多いですが、インターネット料金の費用は、家賃とは別の場合があります。

また、初期費用や長期に渡って住む場合の月々の生活費を計算しておくことも大切です。

寮の下見は、実際に住んでいる人からの意見を聞いたり、情報を収集したりすることもできます。

寮の衛生環境や部屋設備もチェックしながら
寮生活ができそうかどうか確認しましょう。

寮に引越に必要な最低限の荷物

入寮すると決まったら、必要最低限の荷物を準備することから始まります。

寮は、家具・家電が共有もしくは備え付けてある場合が多いので、最低限必要なものは
身の回りの物だけ準備すればOKです。

入寮の際に必要な最低限のアイテムは以下の通りです。

 

 

自宅から持参するもの 入寮後に購入するもの
・衣料品

・肌着・靴下

・スリッパ

・仕事着

・パジャマ

・タオル

・傘

・ドライヤー

・アイロン

・食器

・靴

・ひげ剃り

・パソコン

・文房(ペン・メモ)

・印鑑

・救急箱(体温計など)

・目覚し時計

・洗濯ばさみ

・メガネやコンタクトレンズ

・シャンプー&リンス

・ボディーソープ&タオル

・歯磨き

・化粧品

・洗剤

・ハンガー

・布団

 

入寮の際は、自宅からは衣類や靴など、身の回りの物だけ持って行けば大丈夫です。

 

もし、シャンプーや化粧品を忘れた場合も近くのスーパーやドラッグストアで現地調達できます。

 

寮の引っ越しは、普通のアパートやマンションに引っ越すよりも荷物は少ないので、荷造りもスムーズに進みます。

寮に入る前に知っていると便利な荷造り法

入寮する際に、自宅から持っていく持ち物は結構な量になりますので、なるべくコンパクトにして、中身のものが傷んだり壊れないように注意が必要です。

例えば、ダンボールに仕事着を入れてシワになってしまったら困りますよね。

衣類のたたみ方の基本は、あまり小さくたたまずに、折りたたむ回数を少なく抑えてください。

シャツは床に置き、両袖を内側へ折り込み、
袖を折り込む事で四角形になったら、そのまま縦に二つ折りにして大きな段ボールへいれると、シワを予防します。

段ボールへ荷物を入れる際には、まずダンボールの一番下に新聞紙や広告などの紙を敷き、最後に一番上にも同じように新聞紙や紙を乗せておくと汚れにくく、万が一の落下による破損を防ぐことができます。

一人で引越す際にダンボールは何個必要?

一人で荷造りする場合は、夏物と冬物の服を別々に衣装ケースにいれると出したときも収納しやすくなります。

例えば、1つの衣装ケースには夏物衣類を入れて、もう1つには冬物衣類をそれぞれ入れておくと、衣替えには衣装ケースごと入れ替えることができます。

ダンボールの個数は荷物の量によって変わりますが、大きめのサイズを少なめの量で詰めると持ち運びが楽になります。

赤帽でダンボールはもらえる?ダンボールは何個まで詰める?

寮は一人で準備するより引越し業者に頼む方がお得!

荷物が多い場合は、引っ越しを自分でするよりも業者に頼むほうが安心ですし、引っ越し代を安く抑える事ができます。

引っ越し業者に依頼する場合、複数の業者の中から安くて良いところを選ぶために、見積りを取ることをオススメします。

引っ越しの一括見積りサイトを使えば、一発で最安の業者を見つけられるので便利です。

引越し一括見積を比較。メリットとデメリット

業者との交渉は、引っ越し料金のこともあるので、学生だけではなく親のサポートが必要になります。

自分で引っ越す場合は、マイカーやレンタカーを使って自分で運転しなければならないため、道に迷ったり新生活への準備に支障をきたす可能性もあります。

そのため、引っ越し業者にお任せすれば、格安で安心して引っ越すことができるのでオススメです。

引越しを行う際に自分で行う場合と業者で行う場合の比較

引っ越しは、自分で行う場合と業者に頼む場合、そして宅急便で送ることもできますが、それぞれ料金の差はどれくらいあるのでしょうか?

 

 

引っ越しの方法 料金の目安
宅急便で送る 2,000円〜
マイカー·レンタカー 10,000円〜
引っ越し業者に依頼 30,000円〜

荷物が少ない場合や近場の場合は、宅急便やマイカー・レンタカーで運ぶとお得です。

引越しの時におススメの格安レンタカー業者。乗り捨て出来る?

【宅急便・クロネコヤマト】

▼大阪から東京への引っ越し

・3辺の合計が160cmもしくは25kgまでのダンボール

・1個あたり2,138 円

 

宅急便で送れば安く引っ越しを済ませることができて手続きも簡単なのでオススメ。

 

【レンタカー】

 

▼大阪から東京への引っ越し

・10,000~25,000円くらい

・ガソリン代・高速道路の利用料金

 

荷物が多い場合や遠い場合は、引っ越し業者に依頼することをオススメします。

 

例えば、アート引越センターの「学割パック」では、学生限定の特別料金で荷物を運んでもらえるお得なプランがあります。

 

【引っ越し業者に頼む】

 

▼大阪から東京への引っ越し

・30,000円〜

・やることは荷物を段ボールに梱包するだけ

・段ボールは全て業者の方が運んでくれる

・引っ越し当日は進行を見守るだけ
・段ボールも業者に依頼できる

少しでも節約をするために複数の業者から見積もりを取ることをオススメします。

赤帽で寮へ引っ越しするメリット

引っ越しには、「赤帽」を使う方法もあります。

赤帽とは引っ越し業者ではなく、個人で配送業を営む人たちの組合のことです。

赤帽に引越しを依頼したいときは、最寄りの赤帽を探して直接依頼可能です。

最寄りの赤帽は、組合の総合公式サイトまたは個別の赤帽事業者が独自のサイトから検索することが可能です。

赤帽の料金は、基本的に同一の基準ですので、同じ条件ならどの赤帽に依頼してもほぼ同じになります。

積み下ろしの手伝いをしても良いので引っ越しよりも安くしたい方や担当者の人柄も気にする方は、赤帽がオススメです。

ただし、都道府県ごとの付加料金があるため東京や大阪などの大都市圏では割増になるので確認してください。

赤帽いいともの引越し見積もり料金と評判を解説

赤帽と引っ越し業者と自分でやる場合の比較

 

 

  赤帽 引っ越し業者 自分でやる場合
積載量 ・積載量350kg
・積み込める上限あり

・梱包資材の無料提供なし

・荷物量に応じて適当なトラックを用意 ・車の大きさによる
料金 ・近距離の単身引越は1万円〜
・引っ越し業者より格安
・遠方になると割高
・近距離の単身引越しでは3万円台~5万円 ・マイカーはガソリン代、高速料金

・レンタカーはレンタカー代(2万円〜)、ガソリン代、高速料金

サービス ・積み込みの手伝いが必要
・梱包資材の無料提供はなし

・担当者の人柄を事前に確認できる

・梱包以外の荷物運びはお任せ

・梱包資材はサービスされる

・営業担当と現場担当は別(現場担当は当日までわからない)

・すべてセルフ
補償 ・「標準貨物軽自動車運送約款」にもとづき、万一の場合は補償される。

(引越し業者に比べると補償額上限が少ない)

・「標準引越運送約款にもとづき、万一の場合は補償される ・自己責任

・レンタカーはレンタカー会社の補償による

赤帽での寮へ引越しをするデメリット

赤帽は一つの引っ越し業者ではありませんので、契約はドライバーとの直接契約になります。

大手の引っ越し業者にくらべて小回りが利いて、融通が利きやすいのですが、赤帽はトラックが1台、ドライバーは1人と決まっています。

そのため、もしトラック1台分より荷物が多い場合は、トラックを2台の手配が必要になるので高くつく場合があるのです。

20キロを超える遠距離の場合や荷物量が非常に多い場合は、赤帽よりも引越し業者の方が安くなることがあります。

引越し業者を依頼する際は、それぞれ見積もりをして価格交渉をすることによって、お得な引越し価格で依頼することができます。

学生寮・社会人寮に入る際にやること

荷造りと引っ越しの手配が終わったら、入寮する直前にやることをみていきましょう。

入寮や住民票などの手続きや挨拶などどれも大切なことばかりなので、忘れずに進めていきましょう。

学生寮に入る場合に必要な手続き表

学生寮・社員登用への引っ越しをする際に、
やっておくべき手続きは以下の通りです。

【入寮の手続き】

・学生寮・社員寮への書類提出
・郵便局の転居届
・転出届け
・転入届もしくは転居届
・健康保険証の変更
・印鑑登録の手続き
・運転免許の住所変更
・車やバイクの住所変更
・携帯電話の住所変更
・銀行口座の開設
・インターネット回線の契約

寮への書類の提出は、期限付きのことが多いので期日までに必ず提出するようにしてください。

区役所・市役所への転出届け・転入届けは
引っ越しから14日以内までに行いましょう。

学生寮・社会人寮に入った場合の住所変更の方法

寮に引越しをして役所で住民票を移したら、さまざまな行政サービスを受けることが可能です。

マイナンバーカードに記載されている住所も
変更する手続きも必要になります。

また、警察署で運転免許証の住民変更をしたりパスポートの住所も変更する必要があります。

パスポートは特に手続きはなく、所持人記入欄を訂正するだけです。

郵便局への手続きや、銀行・証券会社・クレジット会社などの口座の住所も変更する必要があります。

公的年金や健康保険、雇用保険、労災などの社会保険関連の手続きは、会社が対応してくれますので問題ありません。

寮に入ったらキチンと挨拶を行おう

寮に引っ越しした場合、挨拶回りをするをすることがマナーです。

まずは、学生寮や社員寮に管理人や寮長さんがいる場合は、初めに挨拶へ伺いましょう。

寮のことで何か困ったことやこれからお世話になるわけですから、寮の管理人さんや寮長さんには必ず挨拶をするべきです。

同じ寮の仲間と学校や会社で顔を合わせる機会も多いですから、毎日、気持ちよく過ごすには挨拶は必ずしておきましょう。

手土産にはどんなものを渡したらいい?

はじめの挨拶は第一印象が大切ですから、「これからお世話になります」という気持ちを表すために手土産を持参した方が良いですね。

自分の部屋の上下左右の部屋や寮の班長といった役割の人に挨拶と一緒に手土産を渡すようにしましょう。

挨拶のときに持って行く品は、
500円から1,000円程度のお菓子が適しています。

寮によっては、引っ越しの挨拶は不要とルールを設けているところもあるので、その場合は会ったときに軽く挨拶すると良いです。

まとめ

今回は、学生寮・社員寮へ入る際の準備の手順や荷造りの仕方、引っ越しの進め方、はじめの挨拶についてご紹介しました。

入寮までは期間が限られていますので、後で慌てることのないように、余裕を持って進めていきましょう。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes