引越しといえば、近距離長距離か、距離の差はありますが、旧居から離れた物件に引越しをすることが定番です。
事前に不動産会社に行って新居を探して選び、引越し業者に依頼して、荷造りして引越し当日を迎える。
それが自然な流れですが、時にはイレギュラーな引越しをする機会もあるかもしれません。

例えば「同じマンション内での引越し」です。
なかなか珍しい状況ですが、例えばマンションや立地をとても気に入っていて、自分が現在住んでいる部屋よりも条件の良い部屋が空いた場合や、マンションは気に入っているけど家賃の更新の時期に合わせて何となく部屋を動いてみようかと考えるといった状況では希望する方もいます。

同じマンション内での引越しは可能なのでしょうか。
今回の記事では詳しくご紹介します。

同じマンション内引越し

同じマンション内の引越し費用料金と見積りの相場額

同じマンション内での引越しはいってしまえば「超」近距離引越しということになります。
引越し業者の引越し料金は、荷物の量×移動距離によって決まるのが普通なので、超近距離引越しの同じマンションでの引越しは元々リーズナブルな傾向にあるのかどうか気になる方も多いのではないでしょうか。

例えば同じマンションでの引越しで、単身引越しの場合は、料金は10,000円くらいから15,000円くらいとなることが多いようです。
一般的な近距離での単身引越しの料金は20,000円から25,000円くらいかかることが定番なので、大幅に安く設定されているといえます。
ただし、こちらはあくまでも目安です。
格安を売りにしている引越し業者の場合などは、もっとリーズナブルに収まることもあります。

続いて、家族引越しの場合ですが、例えば4人家族で4人家族の通常の範囲の量の荷物だけの場合。
同じマンション内での引越しに必要な費用は20,000円から30,000円くらいになります。
4人家族だと、普通の引越しなら50,000円くらい取られることも珍しくないので、こちらも大幅に安めに設定されているといえます。

基本的に同じマンションでの引越しは引越し料金も安くなりやすいです。
さらに料金交渉をしていくことでもっと安く収めやすくもなります。

これから同じマンションでの引越しを予定している方は、しっかりと料金交渉もしていきましょう。
料金交渉する際には、引越し見積一括比較サイトの利用がおすすめです。複数社の競争があるので、料金交渉がスムーズにいきやすくなる傾向にあります!

同じマンション内で引越しをすることはできるの?

同じマンション内で引越しをできるかどうかは、全体的に決まっているというよりは大家さんや、もしくは管理会社の判断になります。
基本的に大家さんも管理会社も、空室の数が増えるよりは部屋に入居者が決まったほうが良いと考えているので、同じマンション内の引越しはできる可能性が高いです。
ただし、管理会社が先に入居者の募集をインターネットなどで出していて、先に他の入居希望者から仮申し込みが入っていた場合などは、対応してもらえないこともあります。

また、大家さんや管理会社自体は同じマンション内での引越しを歓迎するスタンスでも、これまでの実績で家賃の引き落としができなかった月があったり、保証会社が立て替えていた月があったりする場合は、同じマンション内での引越しを断られる可能性もゼロではありません。
同じマンション内での引越しは、当たり前ですが、大家さんも管理会社も同じになるので、過去の実績は全て把握されています。
もちろん家賃の引き落としを一度も延滞したことがない方などは、あまり心配しなくても大丈夫です。

どちらにせよ、同じマンション内での引越しをしたいと感じたら、まずは管理会社に問い合わせるようにしましょう。

引越しする際に必要な手続きは?

同じマンション内での引越しを行う場合にも、各種手続きは必要になります。
以下では、同じマンション内で引越しをする場合に必要な手続きについて、細かくチェックしていきます。

管理会社や不動産会社に相談

まずは、管理会社への相談が基本になります。
物件によっては不動産会社と管理会社が同じということもありますが、その場合は不動産会社に相談が必要になるイメージです。

とりあえず、物件を管理している会社に連絡して「同じマンション内での引越しを希望している」と伝えましょう。
基本的には、同じマンション内での引越しはスムーズに進みやすいことが多いですが、絶対にそうとは言い切れないので「物件は同じだから」と油断せずに、早め早めの対処をしておくようにしましょう!

電気ガス水道といった光熱費関係も連絡は必須!

電気ガス水道といった光熱費関係への連絡は実際に引越しが確定したら初めて行いましょう。
つまり、上記でご紹介したマンションを管理している管理会社などへの相談が終わり、実際に同じマンション内での引越しができることに決まってからの対応になります。
次の入居先の部屋番号が確定して契約まで進んだら、電気ガス水道などの光熱費関係にも連絡するようにしましょう。

同じマンションですが、光熱費関係の連絡は必須なので注意が必要です。
同じマンションだとついつい忘れてしまいそうになるので、気を付けましょう!

同じマンション内の引越しでも敷金礼金や各種手数料はかかることが基本!

同じマンション内での引越しだと「敷金礼金はどうなるの?」と考えてしまう方もいるかもしれません。
敷金礼金は、同じマンション内での引越しでも必要になることが基本です。

同じマンション内での引越しだからといって、初期費用がゼロになるわけではないので注意しましょう。

大家さんや管理会社によっては大幅割引になることもあり!

同じマンション内での引越しでも初期費用はゼロになるわけではありません。
「初期費用がゼロ円になるかも・・・」と、期待されることもありますが、そのようなことは滅多になく・・・何かしら費用面はかかります。

ただし、大家さんや管理会社によっては必要な初期費用について、値引いてくれる可能性はあります。
これまで家賃を支払ってきた実績等や、住んでくれていた実績もあるので大家さんによっては礼金をゼロ円にしてくれることもあります。
また、ゼロ円までいかなくても敷金や礼金を大幅に割り引いてくれることもあります。

割引が適用されるかどうかは物件や、大家さん、管理会社によっても違うのであまり期待せずにいて、実際割引してもらえたらラッキーくらいの感覚でいましょう。

同じマンション内で引越しをする際のおすすめの引越し業者は?

同じマンション内での引越しでも、基本的に多くの方は引越し業者に依頼しています。
新居になる部屋が、例えば隣の部屋といった場合には家族や友達に協力してもらって部屋の模様替え感覚で、自力引越しも可能かもしれませんが、階数が変わったり、大きなマンションで棟が変わったりする場合には、完全な自力引越しはなかなか難しいです。

そこで、同じマンション内での引越しに対応しているおすすめの引越し業者をご紹介します。

対応していると公言しているアート引越センターはおすすめ!

アート引越センターは、知名度抜群、CMでもお馴染みの大手引越し業者です。
大手の引越し業者の中でもリーズナブルさが際立っていて、料金交渉をしなくても最初に提示される見積り金額でも充分満足度が高くなりやすい傾向にあります。また、粗品でけっこう良いプレゼントをしてくれることもあり好評です。

リーズナブルさはもちろん、サービス面も充実していたり、接客マナーが良かったりと、引越し業者に求められる総合バランスをクリアしていて快適な引越しに期待できます。
そんなアート引越センターは、実は、同じマンション内での引越しに対応していると公言しています。

基本的に、同じマンション内での引越しのほうがトラックでの輸送を伴わない分、引越し業者としての負担は少ないです。そのため、同じマンション内での引越しだから断るということは滅多にありません。むしろしっかりと引き受けてもらえます。
しかし、同じマンション内での引越し自体がイレギュラーな要素の強い、あまり一般的ではない引越しだからこそ、アート引越センターのように「同じマンション内での引越しに対応している」と公言している引越し業者は、珍しいです。。

しっかりと公言しているアート引越センターなら、安心して任せやすいといえるのではないでしょうか。

アート引越センターの見積もりの流れ。電話とネット両方とも無料?

同じマンション内での引越しなら自力引越しもいける?

同じマンション内での引越しなら自力引越しも可能です。ただし、マンションの階数が変わる場合や、棟が変わる場合は全て自力だと難しい可能性が高いです。

小物類ならいけるかも!?洗濯機や冷蔵庫は業者に依頼するべき!

同じマンション内での引越しで、自力で引越しをしたい場合は「全てを自力で」というやり方ではなく、洗濯機や冷蔵庫やベッドといった大型家電や家具については引越し業者(プロフェッショナル)に任せてしまうほうが良いです。
このような大型の家電や家具が自力で運ぶのも大変ですし、場合によっては運ぶ際に壁や扉にぶつけて傷を付けてしまう可能性もあります。

その点、引越し業者なら養生にもしっかり対応してくれているので安心です。

大型家具だけの引越しを依頼するのにおすすめの引越し業者

続いては、大型家電や家具のみ引越し業者に依頼して、小物類は自力で運んでリーズナブルに抑えたい派の方に向けて、そのような引越しにおすすめの引越し業者をご紹介します。

同じマンションでの引越しならサカイ引越センター「小口引越し便コース」が便利

同じマンションでの引越しにおすすめなのは、サカイ引越センターの「小口引越し便コース」です。
こちらのコースは、小規模な荷物の引越しに、リーズナブルな料金で対応してくれます。

サカイ引越センターといえば、顧客満足度ランキングでは常に上位に来る人気の大手引越し業者です。
信頼感も実績もあるので、安心して任せやすいといえるのではないでしょうか。

プランが豊富なサカイ引越センター。
今回は、小物類は自分で運ぶことを前提に「小口引越し便コース」をご紹介しましたが、小物類を含めて全て荷物を運ぶのに対応して欲しいという場合も、まずは気軽に相談してみてください。

同じマンションでの引越しも!赤帽引越しはリーズナブルに対応!

格安引越し業者として全国的に知名度の高い引越し業者といえば、赤帽です。
赤帽は一般的な引越し業者とは違い、赤帽と契約しているオーナー(個人事業主)が運営しているので、オーナーのカラーが出やすい傾向にあります。オーナーが運営しているからこそ、接客が非常に丁寧で、親切という嬉しい特徴があります。

赤帽も同じマンションでの引越しにもリーズナブルに、丁寧に対応してくれます。
赤帽が気になる方も、まずは気軽に見積り依頼から始めてみてくださいね。

同じマンションもてきぱき!クロネコヤマトの引越し

クロネコヤマトは、配送業者の大手として知名度抜群ですが、引越し業者としても人気です。
クロネコヤマトの引越しは荷物少なめでリーズナブルに対応してくれるプランもあります。

配送業者の大手として培われた実力はばっちりで、初めの引越しでも人気の引越し業者がクロネコヤマト。
迅速丁寧な引越し対応を希望する方は、まずは気軽に見積り依頼から始めてみてくださいね。大型家電や家具のみの引越しも相談しやすいです!

「まとめ」同じマンションでの引越しでも基本的に条件は普通の引越しと同じ!


いかがでしたか。
今回の記事では、同じマンション内での引越しに視点を当てて詳しくご紹介しました。
同じマンション内での引越しは、ある意味ではイレギュラーな引越し要素があり、それほど頻繁に行われるわけではありませんが、一定数希望する方はいます。

旧居も新居も同じマンション内での引越しという条件でも、初期費用はかかってくることが多いです。
ただし、元から住んでいることもあり特別に割引してもらえることがあったり、引越し業者への依頼料は安くなることが多かったりします。

総合的にみると、同じマンション内での引越しはリーズナブルな引越しを実現しやすいです。

これから同じマンション内での引越しを予定している方は、管理会社に相談するところから始めてみてくださいね。
引越し業者を選ぶ際には、全部の荷物を依頼するならアート引越センターがおすすめです。
しっかり準備して、快適な引越しを目指していきましょう!

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes