引越しでお金が足りない

引越しに関連して必要になる費用は色々とあります。

引越し先が賃貸物件なら契約の初期費用や初期家賃、引越し業者に依頼する費用、現在住んでいる物件(退去する物件)が賃貸物件なら退去時の清掃費や修繕費が必要になる場合もあります。
単身引越しでも、計算してみると数十万円になることが珍しくありません。

まとまったお金が必要になるからこそ、引越し直前になって「支払いがキツイ!」と、感じることもあるかもしれません。
引越しをしなければいけない、しかし、支払いがキツイ時、クレジットカードは救世主になってくれるのでしょうか。

今回の記事では、クレジットカード支払い、そして分割払いについて注目して解説していきます。

賃貸物件の敷金礼金!引越しの初期費用は分割支払いできる?

引越しをするにあたって欠かせないのが初期費用です。
敷金、礼金、カギ交換費、保険、仲介手数料、保証会社への保証委託料等。
初期費用に分類される項目は挙げれば色々とでてきます。これ以外にも、契約内容によってはさらに諸経費が必要になることもあります。

最近では初期費用を抑えて入居できる「敷金礼金0円物件」が流行っていますが、敷金礼金0円物件を選択しても保証会社への委託料や、清掃費が計上され、結果的に敷金1ヵ月支払う物件とそう大差ない金額になることもあります(節約したい方は敷金礼金0円物件を無条件に優先せず、必ずトータルの初期費用を確認して判断しましょう)
敷金礼金0円物件を選んでも、初回の家賃を初期費用に含めて事前に支払ったり、不動産屋への仲介手数料等を支払ったりしていると、最低でも10万円くらい支払うのは普通です。安くできたとしても、高いのが引越しの初期費用です。

まとめての支払いが辛いけど、どうしても引越しをしなければいけない状況の時。事情は様々なのでそのような時もあるかもしれませんが、まずはクレジットカード支払いに対応している不動産屋に相談しましょう。
最近では初期費用のクレジットカード支払いに対応している不動産屋も少しずつ増えてきました。
クレジットカード支払いで初期費用を支払うことで、とりあえずその場では現金を支払わなくても良くなります。
例えば月が換わったばかりの月始めに払えば、翌月の引き落とし日まで、そこそこの日数支払いが延期されます。
この期間に初期費用分のお金を準備する等、対応しましょう。

初期費用をクレジットカード支払いしたい時のポイントや分割について

不動産屋でクレジットカード支払いに対応しているところは増えていますが、「現金」での分割支払いに対応している不動産屋はほとんどない可能性が高いです(※探せばあったり、イレギュラーで対応してくれることはあるかもしれませんが定番ではありません)

どうしてかというと不動産屋は現金で分割支払いという契約にした際、借主が初期費用を払えなくなることを恐れているからです。
クレジットカード支払いなら、分割支払いにできる可能性もありますが、現金だとどうしても難しい可能性が高いと頭に入れておきましょう。

現金だと難しいのに、クレジットカード支払いだとどうして分割にできる(基本的には不動産屋orクレジットカード会社次第ですが)可能性があるのかというと、この支払い方法はクレジットカード会社から先に料金の支払いが行われるからです。
不動産屋としては、クレジットカード会社から先に支払ってもらえるのは確定している状態になるので、その後借主が初期費用を払えるか払えないかは関係なくなるからです。

ただし、クレジットカード支払いによる分割は、注意点もあります。
不動産屋自体の決済システムの問題で、クレジットカード支払いの場合、一括支払いのみに対応している可能性もあります。
クレジットカード支払いを検討する方で、分割を希望する方は、まずは不動産屋に分割にできるか確認してみましょう。

「分割支払いを希望しているけど、一括支払だけに対応している不動産屋しか見つからない」と、いう場合ですが、そのような場合は不動産屋と契約する前にクレジットカード会社へ事前に相談をしましょう。
クレジットカード会社やプランによっては、一括支払いで決済した後から、連絡をすることによりリボ払いや分割支払いに変更することができるところもあります。
もし、対応しているのであれば、支払いプランを変更することで、引越しの初期費用の支払いに対応できる可能性がでてきます。

このタイプの分割支払いについては、不動産屋の決済システムでは対応できないので、クレジットカード会社への直の相談が必要になります。

決済完了後に、クレジットカード会社側で「分割支払いに変更できない」と、いわれたら大変なので、まずは先に相談がおすすめです。

引越し業者への支払いはクレジットカード対応?

最近では中規模~大手の引越し業者であればクレジットカード支払いに対応しているところが増えています。

引越し業者のホームページ上には、クレジットカード支払いに対応している場合その旨が記載されているはずです。
引越し料金の支払いにクレジットカード支払いを希望する方は、そちらを事前にチェックしてから引越しを依頼する引越し業者を選択しましょう。

引越し業者に支払う料金は分割できる?

まずはクレジットカード支払いに対応している引越し業者を選択することが前提になりますが、クレジットカード支払いで分割を選択できるかどうか。こちらは、不動産屋の例と同様、引越し業者の決済システム次第です。
まずは引越し業者側にクレジットカードによる分割支払いを選択できるか確認しましょう。

クレジットカードによる分割支払いに対応していないといわれたら、次はクレジットカード会社側に相談しましょう。
引越し業者に一括で支払ったのち、連絡することで分割払いにできるか確認して、できるようであればその方法で対処していきましょう。

基本は不動産屋の例と同様です。

ちなみに、不動産屋、引越し業者、どちらの支払いについてだとしても、クレジットカード会社側に相談する際は「支払う内容」をしっかり伝えましょう。不動産屋なら「賃貸契約の初期費用」で、引越し業者なら「引越し業者に依頼する引越し料金」
支払い内容によって分割のプランが変わる可能性もあるので、クレジットカード会社側に事実を伝えることは大切です。

クレジットカード会社の審査は必要なの?

引越し関連の費用をクレジットカードで支払う場合、クレジットカード会社側の審査が必要かどうかですが、既にクレジットカードを作成していて所持しているなら、審査は必要ありません。

ただし、クレジットカード支払いをする際の特有の注意点もあるので、念のため以下で確認していきましょう。

クレジットカード支払いの注意点

1.カードの有効期限が切れていないか
2.支払う金額がクレジットカードの限度額を超えないか
3.一度に決済する金額の上限を設定していないか
4.クレジットカードの支払いを遅延していないか

クレジットカード支払いを選択する際の注意点は基本的に上記の1~4です。

1.カードの有効期限が切れていないか
クレジットカードには有効期限があります。有効期限の時期には通常更新されたクレジットカードが届きます。ただし、遅延を繰り返す等すればクレジットカード会社側の判断で更新されないこともあります。
クレジットカードの有効期限が切れていないかどうかは必ず確認しましょう。

2.支払う金額がクレジットカードの限度額を超えないか
賃貸契約の初期費用を支払う場合は、敷金礼金0円物件でも10万円くらいにはなると先ほど記載しましたが、このように、基本的に賃貸契約の初期費用は高額です。
クレジットカードには基本的に限度額があり、それを超える決済はできません。

限度額がいくらなのかは人によってバラバラですが、初期費用が数十万にのぼることもあるので初期費用の見積り額を確認し、クレジットカードの限度額を超えないか確認しましょう。

3.一度に決済できる金額の上限を設定していないか
クレジットカードを使用する方の中には、一度に決済できる金額の上限を、クレジットカード自体の限度額より大幅に低く設定している方もいます。
そうすることで使いすぎを防止したり、クレジットカードを落としたり盗まれた際の被害を抑えることができたりするので、便利な設定ですが、そのような設定をしている方は見積りを確認したら、上限の設定の範囲内か確認しましょう。

4.クレジットカードの支払いを遅延していないか
クレジットカードは月の支払いを遅延すると支払いが完了するまで止まります。
引き落とし専用口座を作っている場合等、意外に入金を忘れていて引き落としができていなくて止まるということもあります。
念のため、確認しておくと安心です。

家賃滞納で引越しをしないといけない!引越し料金は分割できる?

ここまでご紹介したのは、不動産屋や引越し業者に支払う、いわゆるこれから引越しする先を対象とした料金ですが、引越しに関連した料金といえば他にも出てくることがあります。

以下で確認していきましょう。

賃貸物件の退去費用の修繕費は分割払いできるの?

賃貸物件から退去する際、基本的に修繕費は初期費用で支払っていた敷金の中で賄われます。
そして修繕費の分を引いて余った敷金は返還されるのが普通です。

上記は、敷金を支払っている場合。

最近では、敷金0円で代わりに初期費用を抑えられるという物件が増えています。
最初に資金を支払っていないけど修繕費が必要になったら。
それは、退去時に支払う必要があります。

この修繕費ですが、大抵の場合管理会社に支払う形になります。
不動産屋(もしくはそのグループ会社)が管理会社の役割を担っている場合もあれば、不動産屋とは全然関係ない会社が管理会社をしていることもあります。

どちらにせよ、修繕費の支払いについては管理会社側と相談する必要があります。
修繕費の支払いがすぐには難しい場合は、事情を説明しましょう。
管理会社でクレジットカード支払いに対応しているところはあまりない可能性が高いです。
管理会社に対する支払いが難しい場合は、クレジットカード支払いにこだわるより「お願いして待ってもらう」ほうが現実的です。

基本的には、よほど間があかない限りは待ってくれることが多いようです。
また、場合によっては現金分割でも対応してくれる可能性があります。

分割支払いにできそうな諸費用を再確認!

ここまでクレジットカード支払いや分割支払いについて色々とご紹介してきました。
改めて、引越しに関連する費用で分割支払いにできそうなものをまとめると、以下の通りです。

不動産屋に支払う初期費用※
引越し業者に支払う引越し料金※
退去時の修繕費

※不動産屋、引越し業者に支払う料金は、不動産屋、引越し業者側で分割支払いの決済ができることもあれば、一括のみ対応の可能性もあります。一括のみの場合は支払いをする前にクレジットカード会社に、決済後の分割支払いへの変更ができるかどうか確認するようにしましょう。

退去時の修繕費についてはクレジットカード支払いに対応しているところは少ない可能性が高めですが、その代わり支払い時期に猶予を持たせてくれたり、現金分割に対応してくれたりする可能性もあるので相談してみてください。

引越しに関連しての費用は、高額になることが多いので、支払いが不安な方は基本的には気になる都度、支払い先に相談しておくようにしましょう。

家賃滞納は分割支払いできない?

ちなみに家賃を滞納しているタイミングでの引越しですが、家賃のクレジットカード決済はできない可能性が高いです。
となると、家賃の支払いに猶予を持たせてもらうか、現金分割の相談をするのが現実的です。

最近では保証人を付けても保証会社への加入が必須となっている物件が増えていますが、保証会社に補償委託料を支払っているなら、家賃滞納時は保証会社が肩代わりして支払っているはずです。
立替をしてもらった家賃は保証会社に返済する義務がでてきます。

分割支払いできるかどうかは、保証会社次第。
こちらもまずは相談するようにしましょう。

全て不動産会社や引越し業者次第なので注意!

家賃の滞納や修繕費等を含め、引越しに関わる全ての費用についての支払い方法でクレジットカードを選択できるかどうかは、それぞれ支払う先次第。
すなわち不動産屋次第、引越し業者次第、保証会社次第となります。

不動産屋はクレジットカード対応していないところのほうがまだまだ中心のような印象ですが、それでも対応しているところはあります。その場合、インターネット上に「クレジットカード対応」と記載していたり、店舗の壁や看板に「クレジットカード対応」とPRしていることが多いので、そのような不動産屋を探して事情を隠さずに説明し、相談することがおすすめです。
特に不動産屋は住居の審査のタイミング等でも深く関わるので、素直に事情を伝えておくほうが、何かと安心です。

引越し業者については中規模や大手なら、最近ではクレジットカード対応のところが多いです(※対応しているカード会社が限られているかもしれないので、対応しているクレジットカード含めて事前確認をおすすめします)

最近では初期費用として保証会社への保証委託料を支払わなくてはならない物件が増えています。敷金礼金0円物件や単身者向けの物件ならかなりの高確率で保証会社に委託することが条件になっています。
保証会社は、借主が家賃を支払えなかった時に、代わりに支払ってくれますが、もちろんそのあと保証会社側に立替でもらった家賃を返済しないといけません。
その時クレジットカード対応しているかどうかは保証会社次第なので確認が必要になります。

家賃滞納については、保証会社側は意外にも支払いを待ってくれることもあるので、クレジットカード支払いの検討よりも、まずは相談から始めることがおすすめです。

「まとめ」分割支払いを希望する場合は必ず事前に相談してみよう


いかがでしたか。
今回の記事では、引越しに関連する費用の分割払いと、クレジットカード支払いについて注目してご紹介しました。
以前はクレジットカードで引越し関連の費用を払えるところは少ない印象でしたが、ここ最近ではクレジットカード支払いができる旨を打ち出している不動産屋、それから引越し業者が増えている印象です。

日本の引越し関連の費用は「高い」といわれています。
外国から仕事で来た人や留学生の国によっては、この引越し関連の費用の高さに驚いてしまうこともあるのだとか。
それだけまとまった費用が必要になるということで、これからもクレジットカード支払いに対応を始める不動産屋や引越し業者は増えていく可能性が高いのではないでしょうか。

クレジットカード決済の一括支払いを避けたい時は、不動産屋、引越し業者にまずは相談。
対応していなければ決済前にクレジットカード会社に後から変更できるか確認しましょう。
必ず決済前に確認してください。
「分割できるはず」と、予想して決済後にできないことが判明したら大変だからです。

何事もまずは相談がおすすめです。
快適でスムーズな引越しを目指して準備していきましょう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes