引越しをする際、近所の方に挨拶はしていますか?
昔は挨拶をするのが一般的でしたが、最近では挨拶をしない方が増えているのだとか。
特に単身世帯だと隣人はどんな人か知らないままということも珍しくはない世の中になりました。そんな世の中だからこそ、正式な方法で挨拶すると好印象を与えやすいです。

今回の記事では、引越しの挨拶を丁寧に行いたい方、そして、そもそも引越しの挨拶をするべきなのか迷っている方に向けて、色々と解説していきます。

引越しの挨拶のしは必要なし?

引越しの挨拶で「のし」は必要ない?

引越しの挨拶の際に「のし」が必要か迷う方はけっこういるみたいです。
ちなみに「のし」とは挨拶の際に渡す粗品にかける紙のことです。
のしをつけると、正統派な雰囲気がでるといいますか「かなりきちんとした印象」を与えることができるのがメリットです。

この、のしですが、正式なマナーでは、引越しの挨拶で隣人に粗品を渡す際にも必要です。
「のしを付けると重い印象になるかな?」と、感じる方もいるかもしれません。確かに普段のしを見慣れていないと重く感じやすいです。しかし、正式なマナーなので、挨拶で粗品を送るなら、できれば付けることを優先的に検討しましょう。

のしを付けた粗品を渡すタイミング

引越しの際に、のしを付けた粗品を渡すタイミングですが、2種類のパターンが想定されます。
以下で1つずつみていきましょう。

新居の近所の住人への挨拶

新しく入居する物件の近所の住人に挨拶をしにいった際に、のしを付けた粗品を渡すパターンです。

ちなみに挨拶に出向くタイミングですが、お昼~夕方にかけての早い時間が無難です。
新居の近所の住人への挨拶は、基本的に引越し当日、もしくは翌日中に行きましょう。

旧居の近所の住人への挨拶

退去する物件(旧居)の近所の住人への挨拶として、のしを付けた粗品を渡すパターンです。
例えば近所にお世話になった方がいる場合や、会社の関係者がいる場合などです。

「旧居の近所の人にも送るの?」と、感じた方もいるかもしれませんが、引越しの際の粗品は、お世話になったお礼として送ることもマナーです。
旧居の近所の住人と付き合いをしていなかったのなら、いきなりのし付きの粗品を渡すことでびっくりされる可能性もあるので、対象が旧居の近所の住人の場合は、相手との関係性を考えて、実際に渡すかどうか判断しても大丈夫です。

のしはどこで買うの?

のしは100均、文房具ショップ、スーパーの文房具売り場などで販売されています。
けっこう手軽に手に入ります。

のしは手書きと印刷どちらが無難?

基本的に印刷されているものを使用して大丈夫ですが、手書きのほうが丁寧感は出ます。
水引より上の部分は印刷されている状態で販売されているものが多いですが、水引より下の部分は空白になっているので自分で記入するのが一般的です。
この水引より下の部分に何を記入するべきなのかは、以下で解説していきます。

のしの文言はどう書けば良い?

新居の近所の住人の場合
引越しの際の粗品に付けるのしには、水引より上に「御挨拶」or「ご挨拶」というどちらかの文言を記載し、水引より下に自分の苗字を記載するのが一般的です。

旧居の近所の住人の場合
水引より上に「御礼」or「お礼」というどちらかの文言を記載し、水引より下に自分の苗字を記載するのが一般的です。

※ちなみに水引とは、のしの中央のちょうちょ結びの部分のことです。

最近はのしを含めて引越し関連の挨拶をしている人は少ない?

正式なマナーは、引越しの挨拶でのしを付けた粗品を送ることですが、時代なのか最近はのしを付けた粗品を送らない方が増えています。そもそも引越しの挨拶自体をしないという方も増えています。

女性の単身引越しは基本的に挨拶をしないほうが安心?

本来は挨拶をしたほうが、もちろん良いのですが、場合によっては挨拶をしないほうが良いかもしれないこともあります。
例えば、女性の単身世帯の方です。
引越し後、すぐには隣人がどんな人かは把握できません。女性の単身世帯だと知られることで隣人とトラブルになる可能性があります。女性1人だと不安も多いですよね。
必ずしも挨拶は必要ないですが、状況によるので周りの方に相談して決めてみると良いかもしれません。

管理人さんがいる場合はのしで挨拶したほうが良い?

引越しの際、管理人さんが常駐しているような物件に引越す場合は、近所の住人にはのし付きの粗品は送らないことを選択したとしても、管理人さんにはきちんと渡しておくほうがおすすめです。
管理人さんも人間なので、のしの付いた粗品をくれた住人のほうが気にかけてくれやすくなる可能性があります。

管理人さんとコミュニケーションを取っておくと住み始めて気になることが発生した場合も、相談しやすくなります。

のしと一緒に粗品でサランラップやクオカードをあげるほうが良いって本当?

のしを付けて粗品を送る場合ですが、粗品の内容はサランラップが無難です。
引越しの粗品は複数の世帯に配ることになる可能性があります。
1件1件にあまりお金をかけすぎても、辛いものです。
また、あまり高価なものでもかえって送られた側に気を遣わせてしまいます。サランラップや洗剤など、日常的に使用される生活用品は粗品に適しているといえます。

お菓子類やギフト用のゼリーなどでも喜ばれることは多いですが、口にするものは好みがわかれる可能性があるので検討が必要です。

「まとめ」状況に合わせて必要そうならのしを送ろう


いかがでしたか。
今回の記事では、引越しの際に送るのし付きの粗品について、書き方や送る対象など、詳しく解説しました。
基本的に引越しの際には、のし付きの粗品を送るのがマナーです。
のしを付けた粗品を送ることで非常にきっちりとした印象を与えることができます。

新居の近所の住人に対してはもちろん、本来は旧居の近所の住人にものし付きの粗品を渡すのがマナーです。

ただし、女性の単身引越しなど、現代では粗品を持って挨拶にいかないほうが良い状況も多々あります。
自分の状況を総合的に判断して、のしを付けた粗品を送るかどうか判断しましょう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes