家の建て替え引越し

自宅を建て替える際、その期間中は仮住まいを強いられることになります。家財道具もそのまま仮住まいに移すことができればよいのですが、どうしても手狭になってしまいがちなのが仮住まいです。置き場所に困る家財道具はどうしたらよいのでしょう?

建て替えはどのくらいかかる?

家の建て替えスケジュールを書いたカレンダー

使える部分を活用して必要な部分のみ補修を行うリフォームと異なり、まだ使える部分も含めてすべて解体してしまうのが建て替えです。リフォームと比べると廃棄物も多くなるため処分費用がかさむことになります。また、仮住まいへの引越しや仮住まい中の家賃、登記費用なども必要になります。

 

30坪の戸建て住宅を例に、リフォームと建替えの費用を比較してみましょう。条件によって費用は異なりますが、全面リフォームの場合は300~1,200万円程度、建替えの場合は1,400~3,000万円程度と言われています。基本的には、不必要な工事が発生しないリフォームの方が安くなりますが、基礎や構造に問題を抱える住宅のリフォームは建替えに匹敵するほどの高額になることも考えられます。さまざまな工事をまとめて発注する建替えでは、単価が安く上がることもメリットのひとつです。

荷物はどうすればいい?

引越しする時の荷物をまとめる女性

建替え工事を行っている間は、手狭な仮住まいでの生活が求められることになります。

期間限定とはいえ、一旦は自宅を退去しなければなりません。転居先に入りきらない荷物はどうしたらよいでしょう?処分してしまうのは忍びない。とは言っても、仮住まいに全ての家財道具を持っていくこともできない…。頭が痛い問題ですよね。

仮住まい期間中どこかに荷物を預けられればよいのですが、そのようなサービスはあるのでしょうか?

考えられる主な方法は2つ。ひとつ目はトランクルームを借りること。家庭の収納の補助的な役割を担い、月極めで借りることができます。最近では週末利用を目的とした秘密基地的な用途で使う人もいるそうです。もうひとつの選択肢が、引越し業者の一時預かりサービスを利用すること

引っ越す前に荷物を預ける業者ってあるの?

引越しする時に荷物を預かってくれる作業員

遠方への引越し、単身赴任に伴う引越し、建て替えに伴う引越しには、荷物を預かってほしいというニーズが多く発生します。

そのようなニーズに応えるべく、引越し業者によっては一時預かりサービスを提供しています。アート引越センターやサカイ引越センターなどの大手以外にも、一時預かりサービスは多くの引越し業者が提供しています。建替え期間中の家財道具の扱いに困ったら、引越しに一時預かりサービスに対応してくれる業者を選ぶのもおすすめです。なかには建替え専用のプランを用意している引越し業者もあります。

複数の業者から見積もりを取って、プランの内容と料金を比較してみるとよいでしょう。

家を売る事が決まったらすぐに引越しをした方がいい?

自宅を売却することを決めたら、転居先のことも考え始めなければなりません。

買い替えのために売却するような場合は、自宅の売却と並行して次の家を探すという人も多いでしょう。ところがそうでない人、特に次はしばらく賃貸物件で暮らそうと考えている人は、どのようなタイミングで部屋探しを始めたらよいか悩ましいのではないでしょうか。

家を売る事が決まったら引っ越しの準備をするべき?

家を売る事が決まり準備をする男性

賃貸物件への引越しを考えているような場合、自宅を売りに出してすぐに転居先を探し始める必要はありません。賃貸のお部屋探しには、1~2ヶ月もあれば十分です。

無事に買い手が見つかり売買契約を済ませてから転居先を探し始めても、引渡しには十分間に合います。

一般的に、売買契約から決済・引渡しまでには1~3ヶ月の期間が設けられます。売主が無理のない範囲で引っ越すことができ、同時に買主が納得する常識的な期間が、この1~3ヶ月というわけです。この期間をフルに活用して、計画的に引越しの準備を整えるようにしましょう。

とはいえ、引越しに向けた準備には早めに取りかかることをおすすめします。

引越しの準備は部屋探しから。部屋探しを始めて間もなく、幸運にもお気に入りの部屋とめぐり会えたとしても、引渡しになるべく近いタイミングに入居時期を設定するのも大切なポイント

そうすることで、不必要な家賃を支払う必要がなくなりますよね。ところが、引渡しが3月末または4月初めに予定されているような場合は、早期の引越しも検討する必要があるでしょう。

というのも、一年を通してその時期は引越しのピークになります。

引越し業者にとっても一番の繁忙期となるため、引越し料金も跳ね上がってしまいます。2月末に引っ越す場合と比較すると、3月末に引っ越す場合の料金は数倍にもなってしまうことも。引越しが1ヶ月違うだけでこれほどの料金の差が生まれるとは信じがたいですよね。

したがって、3月末または4月初めに自宅を引き渡す予定の人は、引越し料金との兼ね合いで早めの転居も検討すべきでしょう。

家を売る時に得する方法。家を高く売却したいならマイホームジャパン

家を売る方法についてより詳しくは上記のサイトに書いてありますので、そちらをご確認下さい。

売る予定の家の近くに引っ越すべき?

売る予定の家の街並み

買い手が見付かっていない段階での引越しとなると、売却予定の家の近くに住む方が何かと便利なのは確かです。仲介をお願いしている不動産会社がその物件に近いようであれば、近くに引っ越した方が不動産会社とのやり取りもスムーズにできます。しかし、必ずしも売却予定の家の近くに住む必要はありません

不動産会社の裁量で購入希望者を案内できるような取決めさえすれば、内覧の際に売主が立ち会う必要もなくなります。

つまり、近くに住む必要性もなくなるということです。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes