引越しが決まってから引越しが終わるまでの期間はとても忙しいです。
今回の記事では、引越しのスケジュールをカレンダーで管理するやり方と、何をいつまでに終わらせれば良いかについて解説していきます。

引越しのスケジュール (2)

引越し準備開始前にスケジュールを作成しよう!

引越しに関連してやるべきことは色々とあります。
たくさんあるからついつい忘れてしまうことが出てくる可能性もあります。

そこでカレンダーや紙にスケジュールを作成して記入しておくと便利です。

引越しのスケジュール

引越しスケジュールはカレンダーで管理!必要項目について

以下では、時期別にやること(カレンダーにメモしておくこと)をご紹介します。

3~1ヵ月前までにやること

引越しが決まるくらいのタイミングから、引越し予定日1ヵ月前くらいまでにやること、終わらせることを1つずつ見ていきましょう。

旧居の解約連絡
引越しが決まったタイミングで、旧居の解約連絡を行いましょう。
賃貸物件によっては2ヵ月前までに解約連絡が必要なところもあれば、1ヵ月前でも良いところもあります。
どちらにせよ早めに対応しておくと安心です。

解約連絡の期限を過ぎると家賃1ヵ月分、無駄に払うことになる可能性があるので注意が必要です。

不動産屋で新居選び

新居が賃貸物件の場合は、不動産屋に足を運び新居選びをしましょう。
今は多くの不動産会社で、共通の賃貸物件検索サイトを利用しています(不動産業者向けで一般には非公開のサイトです)
そのため、旧居と新居の距離が離れていても、旧居付近の不動産屋で新居を探すことができます。

引越し業者選び

引越し業者に依頼するには、新居の住所が必要なので、入居する物件が決まったら引越し業者に依頼しましょう。
繁忙期に重なるなら予約が密集している可能性が高いので、早め早めの予約がおすすめです。

最近は、最初から「ここに依頼する」という引越し業者が確定している場合を除いて、引越し業者選びには、引越し見積一括比較サイトを利用するやり方が定番になってきています。

子どもがいるなら転校連絡/転校関連の書類記入

子どもがいる世帯の方は、子どもの転校連絡が必要です。
まずは担任の先生に連絡し、そのあとで必要な書類に記入するなどして手続きを進めます。
義務教育で公立の学校でも、地域によって必要書類がバラバラという可能性があるので、しっかり確認するようにしましょう。

1ヵ月前~1週間前までにやること

いよいよ引越しが目前に迫った1ヵ月~1週間前にやること、終わらせることは以下の通りです。

転出届の準備(必要な場合は旧居の住民票も取得しておく)

引越し日が確定したら転出手続きを行いましょう。最近はマイナンバーカードがあれば手続きが簡略化していて簡単になっています。たまに不動産屋などで旧居の住民票の提出を求められることもあるので、必要であればこのタイミングで旧居の住民票も取得しておくようにしましょう。

印鑑証明の登録削除

旧居を管轄している役所で印鑑証明の登録削除をしましょう。
ちなみに、引越し後には、新居を管轄する役所で改めて登録を行いましょう。

国民健康保険の喪失手続き

国民健康保険に加入している方は、旧居を管轄している役所で喪失の手続きを行いましょう。
基本的に転出手続きに行った日にそのまま国民健康保険の喪失手続きにも対応してくれます。

その他行政関連の手当てなどある場合は手続きをしておく

その他福祉系の手当てなど、行政関連の手当てなどがある場合は併せてこの時期に手続きを行うようにしましょう。

不用品の対応(行政に依頼する場合は特に早めに予約取得作業をする)

3ヵ月前くらいから対応している方は、この時期では、引越し業者で見積りが完了して料金も確定していると予想されますが、そうなると不用品についても把握できているはずです。
不用品の回収依頼も行うようにしましょう。

不用品回収業者や引越し業者の不用品回収サービスに依頼するのではなく、行政の不用品回収で対応するなら、予約は早めに行ってください。
行政の不用品回収の場合は、指定できる枠が限られていて、特に繁忙期だと希望日に依頼できない可能性もあるので、早め早めの対応がおすすめです。

電気、ガス、水道など旧居での解約連絡と新居での開通連絡

電気、ガス、水道など旧居でのライフラインの解約連絡を行いましょう。
そして同時に、新居での開通連絡を忘れずに行うようにしましょう。

1週間前~引越し日前日までに終わらせること

引越し間近の1週間前~引越し日前日までの期間にすることは「たった1つだけ」にすると楽に引越しできるといいますか、この期間までに他のことは終わらせておくと安心です。
そして、この期間にしたいことは以下の通り。

荷造り

引越し業者に預ける荷物を荷造りしましょう。

「まとめ」スケジュールを立ててスムーズに引越しをしよう!


いかがでしたか。
引越しが決まったら、カレンダーで引越しのスケジュール管理を行うようにしたいものです。
そうすることで、スムーズになり、やらなければいけないことを忘れるリスクも減らせます。

今回の記事をぜひ、参考にしてみてくださいね。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes