引越しにあたって荷造りをしている男性

引越しが決まった瞬間から様々な手配や手続きが必要になります。
新居を選んだり、荷物をまとめたり。
引越しが終わって一息つくまで慌ただしい日々を送ること必至です。

新居を決定する前には、いくつか確認しておかないといけない事柄があります。その1つが荷物の搬入についてです。
特に意識したいのはベッドと冷蔵庫。
ベッドであれば分解できるものが多いですが、冷蔵庫の場合は分解ができません。

引越し先で冷蔵庫が入らないことがある!?

最近では大きくて容量の大きい冷蔵庫も手軽に購入できるようになり、1人暮らし世帯でも大きい冷蔵庫を使っているという方は決して少なくありません。大きいサイズの冷蔵庫でも一軒家に引越しをする場合は大きな問題にならないことがほとんどですが、マンション、かつ2階以上に引越す場合は搬入が難しいことも少なくありません・・・。

都心部のマンションだと、狭い土地にたくさんの居室を用意しているタイプのマンションが中心となってくるので、1人用の冷蔵庫でも搬入が難しいことも・・・!?
極端に共用廊下や玄関が狭いタイプのマンションだと最初から居室にミニ冷蔵庫が付いていることがほとんどですが、たまたま付いていない物件のときは要注意です。

冷蔵庫の搬入は事前の確認がおすすめ!

冷蔵庫の搬入については事前の確認がおすすめです。
まずは、不動産屋で新居を探し、通常通り内見します。
見ただけでも100%搬入できると、判断できるようなマンションだったらそれはそれで良いのですが「どうなのだろう?」と感じる幅であれば、まずは不動産会社の担当者に確認してみてください。

マンションには基本的に管理会社(不動産屋と同じ場合もあり)があり、管理会社は物件について詳しい情報を持っているので、搬入できる冷蔵庫のサイズについての回答も期待できます。

新居の玄関から入れるのが難しい場合はどうするの?

いざ気に入った物件がみつかって「ここを新居にしよう!」と思ったけど、確認した結果、冷蔵庫の搬入が難しそうな場合どうしたら良いかというと、1階にある居室なら窓から搬入することがほとんどです。
2階以上の居室なら「ベランダから」搬入します。

ベランダから搬入は、工事現場のイメージであるようなクレーン車を使って持ち上げるわけではありません・・・!
基本的には引越し業者が手作業で搬入をしていきます。

これは冷蔵庫の「吊り上げ作業」と呼ぶことが多いです。

吊り上げ作業で冷蔵庫を搬入する際は基本的に専用の紐で、緩衝材を巻いて箱に入れた冷蔵庫を箱ごと縛って1階から居室のベランダへ引っ張って持ち上げていきます。

大変な作業ではありますが、吊り上げ作業は通常の搬入のように、階段を昇ったり廊下を通ったりする必要がないので実は冷蔵庫にダメージがあるリスクが低い方法なのです。
もちろん、普通の搬入だからといって冷蔵庫にダメージがあるリスクが高いわけではありませんが、確率的に考えると吊り作業は意外とメリットがあります。

ベランダから入れるデメリットって?

通常の搬入と比べて吊り作業は意外とダメージがあるリスクが少ないなら、逆に通常の搬入と比べてデメリットもあるのでしょうか。

ベランダからの搬入は、1人ではできません。
冷蔵庫のサイズ次第ですが2人~4人くらいの人員が必要になります。

ファミリー世帯の引越しであれば最初から4人くらい人員が来ていることもありますが、1人暮らし世帯の場合、最近では人員1人ということも珍しくありません。
もし、冷蔵庫の吊り上げ作業をするにあたり人員が足りなければ、追加をしなければなりません。

人員の増員は、無料・・・ではないのが基本です。
ということで、冷蔵庫の吊り作業にはオプション料金が発生することがほとんどなのです。

オプション料金は、業者によって本当に千差万別ですが、安くて8,000円くらい~20,000円くらいの範囲に設定されていることが多いです。
最近では、冷蔵庫も価格が安いものが増えて、1人暮らし用なら20,000円以下で購入できることもあるので・・・オプション料金が高く感じるかもしれません。

オプション費用の発生が不安な場合は、新居選びの段階から「冷蔵庫の搬入が普通にできる物件」と基準を持って選ぶと良いかもしれません。

引越し見積もりサイトの台頭もあり、各社の価格競争が激化して引越しをリーズナブルにできるようになりましたが、冷蔵庫の吊り上げ作業によるオプションという意外な伏兵が潜んでいました・・・

匿名でできる!SUUMOの引越し見積もりのメリットとは?

リーズナブルな引越しをしたい!
という方は、事前にチェックするようにしましょう。

ベッドは分解して運べることが多いけど、冷蔵庫はできない!

後々引越しをすることを考えるなら冷蔵庫を購入した際の箱は取っておくのが無難です。
箱がない場合、業者によっては冷蔵庫用の箱代を取る可能性もありますし、箱代がかからなくてもリーズナブルな代わりに緩衝材で巻いただけで運ぶこともあります。

緩衝材で巻いただけで運ぶと、搬入の際に冷蔵庫にダメージがある可能性は0ではありません。

冷蔵庫をベランダから搬入を実施する場合はさすがに箱に入れるのが必須になるかと思うので、あまり心配しなくて良いですが(逆に吊り作業のほうが冷蔵庫がどこかにぶつかるリスクは低いかもしれません)
ただし、念のため冷蔵庫にダメージがあった際の補償については事前に確認をしておくことがおすすめです。

搬入によって冷蔵庫にダメージがあった際に補償があるかどうかは、業者によってバラバラなのですが、引越し期間中だと他のことに忙しくてそこまで考えずに依頼してしまうことがよくあります。
それに、そもそも引越し初心者さんだと冷蔵庫の補償というものの存在について知らないことも珍しくありません。

後々トラブルにならないためにも、この点はきちんと確認するようにしましょう。

冷蔵庫以外にもサイズを確認しておいてほうが良いものはある?

冷蔵庫以外に、搬入にあたりサイズを確認しておいたほうが良いものがあるとすれば、ベッドや棚でしょうか。
最近の家具は組み立て式だったりコンパクトにできたりするものが増えていますが、一切分解できない系のものもあります。

一切分解できない系の家具だと、冷蔵庫の搬入が難しい物件なら同じように搬入が難しい可能性があります。
事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

中には搬入の問題や使用年月を考えて、引越しにあたり新しい家具を購入する方もいます。
どちらも好み次第ですが、共用廊下や玄関が狭い物件に入居する際には事前にこの点を考えておく必要があります。

引越しの心得について

引越しが決まると忙しさのあまり、普段なら見落とさないポイントもついつい見落としやすくなります。
そうなると、後々困ってしまうものです。

新居での新生活。
フレッシュに迎えるために、事前準備はしっかり見落とさずにしていきましょう!

特に引越し初心者さんの場合は「引越し準備リスト」の作成がおすすめです。
リストの通りに進めていくと、スムーズな引越しを進めやすいです。

まとめ

いかがでしょうか。
引越しにあたっての意外な注意点、冷蔵庫の搬入についてご紹介しました。

都心部は特に、共用廊下や玄関が狭い物件が多いので注意が必要です。
事前にしっかり確認して快適な引越しをを目指しましょう!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら

518x70 suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら

518x70