引越しの必需品といえばダンボール。
ダンボールに荷造りをしていきますが、中に入れる荷物次第ではダンボール+緩衝材が必要になることもあります。
今回の記事では、引越しに必要な緩衝材に視点を当ててご紹介していきます。

緩衝材は100均で購入することはできるのでしょうか。
「100均だったらリーズナブルなのに・・・」と、考えている方もいるのではないでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

引越し梱包材用品

緩衝材は基本的に100均には取り扱いがない?

緩衝材は基本的に100均には取り扱いがない?

緩衝材は、割れ物等をダンボールにつめるときに衝撃から守るために入れるものですが、緩衝材は基本的に100均ではほとんど取り扱われていません。
しかし、その中でもおすすめのアイテムがあります。

100均アイテムで梱包に使えるものトップは食器用クッションシート!

100均アイテムで梱包に使えるものトップは食器用クッションシート!

100均で売っているアイテムで梱包の際に緩衝材として使用できるもののトップは、食器用クッションシートです。
名前の通り、食器を梱包する際に使えば衝撃から食器を守ってくれます。
だいたい100円で20枚~100枚組になっていることが多く、100均とはいえしっかり量があって使うことができます。

食器用のクッションシートはホームセンターなどで購入すると同じ量でも数百円はすることが多いです。
100均で購入できるのはとてもお得だといえます。

100均で購入できないものはどうしたらいいの?

100均で購入できないものはどうしたらいいの?

食器用クッションシートのように100均で購入できるものもありますが、実際のところ緩衝材については100均で購入できないもののほうが多くなっています。
実際、緩衝材を確保したくなったらどうすれば良いのか、以下で対策をご紹介していきます。

新聞紙を用意する

新聞紙を用意する

昔から使用されている定番の方法です。
新聞紙を使って食器や壊れやすい物をくるんでいきます。
新聞紙は他に、靴を1セットずつくるむことでバラバラにならないようにできるなど、利便性が高いアイテム。引越しの必需品ともいえます。

新聞を定期購読している方は、引越し準備に合わせて処分せずにある程度溜めておきましょう。
新聞を定期購読していない方は、コンビニなどで必要分購入するようにしましょう。

ホームセンターに行く

ホームセンターに行く

引越しで必要な緩衝材については、他にホームセンターで購入することも可能です。
ただし、注意したいのはホームセンターは量が多くなればなるほど決してリーズナブルではないという点です。

ホームセンターで購入できるのは、もちろん便利ですが緩衝材は引越しの時使用したらあとは捨ててしまうことが多いので可能な限り新聞紙等でコスパ良く使用したほうが良いかもしれません。

引越し業者に梱包資材をもらう

引越し業者に梱包資材をもらう

ちなみに、コスパ面を最も重視するなら引越し業者から提供してもらうのが最も良いといえます。
格安引越しを売りにしている引越し業者だと、ダンボールや緩衝材は無料提供していないことも多いですが、通常のプランであれば大抵の場合、引越し業者から無料でダンボールや梱包資材を提供してもらえます。

また、引越し業者によっては、食器を小分けで運べるボックスなどを提供してくれることもあります。
緩衝材について気になる方は、見積りの段階で「無料でもらえるのか」確認するようにすると安心です。

自力引越しの時は壁に貼り付けたほうが安心!ただしテープに注意

自力引越しの時は壁に貼り付けたほうが安心!ただしテープに注意

ここまでは引越し業者に依頼することを前提で記載しました。
引越し業者に依頼した場合は、基本的に引越し業者が養生に対応してくれます。
引越し業者に任せておけば、旧居も新居も傷つけることなく荷物の搬出搬入ができますが、自力引越しの場合は自分でやらないといけないので、養生対策は意識しましょう。

ホームセンターなどで緩衝材を確保し、壁を守るために使用したうえで荷物の搬出搬入を行い、傷つけないようにしましょう。
ちなみに、その際、テープにはくれぐれも注意してください。
テープをはがす際に壁紙もビリッといってしまうこともよくあります。壁紙を傷つけないテープを購入するなどの対策が必要です。
こうやって必要になる資材の購入経費などを考えると、実は自力引越しってお得なようでそうでもないことが多いです。

だからこそ、正直、しっかりリーズナブルな引越し業者を選ぶほうが良く、快適に引越しできるといえます。

「まとめ」緩衝材を確保して快適に引越ししよう!


いかがでしたか。
今回の記事では、引越しの際に必要な緩衝材について、100均で購入できるのか、そして100均で購入できない場合はどのように確保したら良いのかについて、詳しくご紹介しました。

緩衝材がなくても引越しできることはありますが、食器などは緩衝材があったほうが安心です。
ホームセンターで購入することもできますが、通常のプランであれば引越し業者が無料で提供してくれることも多いです。
まずは、依頼する予定の引越し業者に確認してみるようにしましょう。

緩衝材もしっかり確保して、快適な引越しを目指していきましょう。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes