1日で荷物の搬出も搬入も終わらせる当日引越しは、日をまたぐ引越しより引越しにかかる負担が少ないと考えられています。
しかし、当日中に全てを完結させなければいけない分、翌日にまたぐ引越しよりスケジュールは慌ただしくなる傾向があります。

まず、旧居で荷物を出す際には立ち合いが必要になります。
その後、新居に荷物を入れるにあたって、物件の鍵を持っている、引越しする側が現地に行かなければなりません。
そうなると移動が必要になります。引越しにあたっては移動方法についても考えなければいけません。

春に突入していますが、まだまだ引越しシーズンは継続します。
これから引越しを予定している方々に向けて、今回の記事では旧居から新居への「移動」に視点を当てて詳しくご紹介していきます。

引越しの本人移動

当日中の引越しだと旧居から新居への移動手段はどうしたら良いの?

近距離の引越しだと、1日で荷物の搬出と搬入ができて、当日中に引越しを終えられることが多いです。
近距離引越しは、当日中に引越しができることが魅力として挙げられていて、
早く日常生活に戻りたい方にとっては非常に便利だといえます。

しかし、当日中に全て終わらせるとなると対応は急がなくてはいけません。
新居へは当たり前ですが物件の鍵を持っている人間しか入れません。
引越し業者が先に新居に到着しても、入居者が到着していなければ引越し業者は作業を開始することができません。

つまり、できるだけ早めに新居にたどり着くほうが良いということになります。

引越し業者のトラックに同乗するのはあり?

引越しのトラックに同乗して新居に向かうことができれば、引越し業者と同じタイミングで新居に着くので、どちらが待つこともなく。
効率的だといえます。
しかし、基本的に引越しのトラックへの同乗は禁止されています。
同乗はできないと思っておきましょう。

どうしてかというと、引越し業者は、預かる荷物や従業員に対しては万が一の事態に備えた保険をかけています。しかし、お客さんがトラックに乗ることについては保険をかけていません。
そのため、安全を考慮するとお客さんを乗せることはできません。
お客さんをトラックに乗せないように従業員に指導している引越し業者が主流となっています。

引越し業者の決まりだからというだけではなく、自分自身の安全ためにも。引越し業者のトラックには、仮に同乗できたとしてもしないようにしましょう。

電車やバスで移動するのが定番?

1日の中で完結する引越しの当日の旧居から新居への移動方法の定番といえば、何といっても公共交通機関です。
電車やバスは定番かつ確実です。また、料金もリーズナブルに抑えやすいというメリットがあります。

電車やバスについては、遅延することはあるものの、遅延するようなトラブルさえなければ非常に時間に正確な乗り物です。
到着時間も把握しやすいことから引越しの際には便利です。

車を持っているなら車での移動が可能

マイカーを所持している方は、車で移動するという選択肢もあります。
引越し業者のトラックについていくもよし。
車があれば何かと便利です。

引越し業者に車を輸送してもらうオプションというのはよくあるオプションですが、1日だけで完結する近距離引越しであれば、わざわざオプション料金を支払って車の輸送を依頼する方はあまりいないのではないでしょうか。
車を輸送しないなら、車で直行するのがとても楽です。

問題は、この方法は楽ですが、車がある人だけ使える方法となります・・・。

タクシーで移動する手段を選択する方もいる

引越し当日、公共交通機関を利用して移動する方が多いですが、中にはタクシーを使用して移動するという方もいます。
タクシーなら、新居まで直行してくれるので便利です。
タクシー料金については公共交通機関よりは高額になりますが、近距離の引越しであれば、タクシー代もだいたいイメージできて事前に準備はしやすいのではないでしょうか。

タクシーを使用しての移動は、特に家族引越しで、複数人で一緒に移動する場合は便利だと感じやすいかもしれません。

引越しの移動で待たせるのはあり?

もし、引越し業者側が新居に直行する場合で、引越しする側は移動で公共交通機関やタクシーを使用する場合は、引越し業者のトラックより先に引越しする側が新居に到着するのは難易度が高いです。
渋滞が発生しない限りは、基本的に、引越し業者のトラックのほうが先に着きます。

引越しをする前には事前に引越し業者との打ち合わせがありますが、その段階できちんと当日の流れは確認するので、引越しの移動時間についてもおおかたお互いわかったうえで当日を迎えます。
引越し業者が出したスケジュールに従っておけば問題なく引越しできることがほとんどなので、引越しする側のほうが「移動時間」によって多少遅く到着することについては、あまり心配しなくても良いといえます。

移動時間が長くなりそうなら事前に相談しておけば待ってくれることもある!

近距離引越しでも万が一移動時間が長くなりそうで、大幅に時間がかかりそうなときは事前に引越し業者に相談しておくようにしましょう。
間に空く時間については、引越し業者のトラックが一旦引越し業者の営業所に戻ったり、引越し業者の従業員の食事休憩に充てたりなど、調整して対応してくれることがあります。

あまりにも時間が空く場合、状況によっては近距離引越しでも当日中には終わらず、翌日荷物搬入になることがあるので注意してください。

長距離引越しなら最短で翌日!翌日新居で待つのが定番

今回は近距離引越しの例でご紹介しましたが、長距離引越しなら当日中ではなく、翌日にまたぐのが通常の流れです。

長距離引越しを安くしたい!費用を抑えるコツとオススメ業者をご紹介

引越しに関連した時間は長くかかりますが、移動時間については翌日まで余裕があります。
どこまでの長距離引越しなのか、それから実家などの宿泊できる場所があるかどうかによっても変わってきますが、ホテルなどに宿泊する選択をする方が多いようです。

このようなことから長距離引越しはけっこう大変で、準備が大切なことがわかります。

長距離引越しでは、引越し業者が来るまで、新居で待っておく流れが定番です。
相談次第、状況次第では、一般的な長距離引越しといわれる距離でも当日中に対応してくれることはあるようですが、実際のところそれは難しいことも多いようです。

近距離引越しほど移動について慌ただしくなることはないかもしれませんが、長距離引越しもスケジュールを事前に打ち合わせしておきましょう!

近距離引越しを安く済ませたい!近距離引越しにオススメな引越し業者

「まとめ」引越しの移動時間は事前に把握しておこう


いかがでしたか。
今回の記事では、引越し当日の「移動時間」や「移動方法」に視点を当ててご紹介しました。
近距離引越しなら、当日中の引越しができる可能性が高いですが、当日中の引越しだと旧居で荷物を出してから新居に行くまでの移動時間が慌ただしくなりやすいです。

当日の移動ルートや所要時間については、事前に確認しておくほうが安心だといえます。
引越し業者と行う事前の打ち合わせでも、移動時間と待ち合わせ時間については相談しておくほうが安心です。

長距離引越しの場合は、基本的に当日中に引越しを完了することが少なく、翌日にまたぐことが多いので引越しに関連する時間は長いものの移動については慌ただしくなることが少ないようです。

引越しは準備や当日の作業以外に何かと大変なことが多いですが、相性の良い引越し業者をみつけて、しっかり準備して、理想の引越しを目指していきましょう。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes


テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら

コメントをどうぞ