ここ最近引越し難民に関連するニュースを耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
引越し難民とは何なのか、どうしてそのような事態が発生してしまうのか、そして引越し難民にならずに快適な引越しを目指すにはどうしたらいいのか、今回の記事では、詳しくご紹介していきます。

現在、繁忙期シーズン真っ只中ですが、今から引越し業者を探す方は、念のためチェックするようにしましょう。

引越し難民多発

引越し難民が多発!?理由はどうして?

今年は引越し難民が多発している地域もあるようです。
どうして引越し難民の多発に繋がってしまったのか、以下で1つずつ原因と思われる要素をチェックしていきましょう。

1、引越しトラックを運転できるドライバーが足りない

まず、引越し業者の、トラックを運転できるスタッフを充分に確保できていないパターンです。
引越しのトラックといえば2トン、3トン、4トンと、大きなサイズのものが定番です。
トラックを運転するには、もちろん専用の免許も必要ですし、安全運転に厳しい引越し業者では専門研修をクリアしたスタッフしかトラックの運転はできません。

このように、実は引越し業者のトラックを運転しているスタッフは鍛え抜かれた精鋭といっても過言ではないのです。
そんな精鋭をたくさん確保するのは、時に大変なこともあります。
引越し業者の中には、トラックや作業するスタッフの数は足りているけど、ドライバーが足りないという状況を抱えていることもあります。

このような場面で強いのは、スタッフの定着率の良い引越し業者です。
スタッフの定着率の良い引越し業者なら、繁忙期でも対応してくれる確率が上がります。

2、きつそうというイメージでスタッフが集まらない

トラックの運転はしないスタッフでも、引越し業者の「大変そう」というイメージによって集まらず、足りていないというパターンもあります。
引越し業務は単身引越しでも通常2名体制、ファミリー引越しなら複数人で対応します。
充分な人数確保が安心作業に繋がるので、スタッフが確保できているかどうかで、予約の取りやすさが左右される傾向にあります。

引越し業者に予約を断られたどうすればいい?

上記のような事情、もしくは単純に予約が密集していることによって、希望していた引越し業者で予約できなかった場合、どうすれば良いのでしょうか。対策について1つずつ確認していきましょう。

1、自力引越しを選択する

いっそ自力引越しをするという対処方法です。
こちらは荷物の量が少なめで、手伝ってくれる家族や友人がいて、近距離引越しの方向けです。
ここから1つでも外れる場合は、あまりおすすめはできません。
引越し業者の作業には、荷物を破損してしまった場合などの保険が付きますが、自力引越しは一切保険がつかないので何かあった時の損失が大きいです。

また、トラックを借りてくるなどのコストを考えるとあまり効率が良いとはいえません。
あくまでも最終手段として考えるほうが無難です。

2、他の引越し業者にも聞いてみる

こちらは現実的な対処方法。
とにかくひたすら引越し業者に連絡して、予約できるか聞くという対処方法です。
断られたとしてもめげずに、ひたすら聞きまくりましょう。

1社1社調べて連絡するやり方でももちろん良いですが、引越し難民になりそうな緊急事態なら引越し見積一括比較サイトでまとめて同時に見積り依頼をするほうが効率が良いです。

3、何でも屋さんを頼ってみる

何でも屋さんに引越しを依頼するという対処方法です。
何でも屋さんは、引越しのプロではなく、また、荷物に保険がかかるかどうかもわからないので、依頼については本当にどうしても引越し業者を発見できなかった時に検討したほうが良いかもしれません。

引越し難民回避するにはできるだけ多くの引越し業者に連絡するべし!

現実的に考えて最も良い対処方法といえるのは、できるだけ多くの引越し業者に連絡するやり方です。

ただし、その際注意しなければならないポイントもあります。
それは引越し日が差し迫っている場合に提示される「料金について」です。

引越し業者の中には、引越し日が差し迫っている場合、料金が高めになるところもあります。
特に今は引越し難民のニュースも出ているので「多少高くても、依頼するだろう」と踏んでいる引越し業者もゼロではないのは事実です。
程度にもよりますが、あまりにも高い場合は一旦考えてみるのもありかもしれません。

しかし、一旦保留にして改めて連絡してみると、引越し難民が出ている時期なので「その間に予約が埋まってしまった」という展開に繋がることもあるかもしれません。それでは本末転倒になるのも事実・・・
料金との折り合いの覚悟は必要かもしれません。
自分にとって納得できる料金であれば、確保を優先するのもありです。

このように迷う場面を少しでも減らすためには、同時見積りで同時に複数社に状況を確認できる、引越し見積一括比較サイトが、やはりおすすめだといえます。

複数社に見積りを依頼するには引越し見積一括比較サイトがおすすめ

引越し難民を避けるために最も理にかなったシステムは引越し見積一括比較サイトではないでしょうか。
同時に複数社に見積り依頼ができて、最安値を確認できたうえで予約が取れる引越し業者がわかります。非常に便利だといえます。

最初から「依頼したい引越し業者」が決定している場合は、まずその引越し業者のホームページ上の見積り依頼フォームや、電話連絡をして予約が取れなかったら、そのとき引越し見積一括比較サイトを利用するという方法でも良いです。

引越し難民にならないで普通に予約して引越しできている方も、実際のところたくさんいるので、早い段階から過剰に不安を抱くより、まずは予約できるかどうかの確認をしていきましょう。
通常引越しの準備は3~1ヵ月前から開始する方が多いようです。
1ヵ月以上の準備期間があるなら、何となく精神的にも余裕がでやすいですが、心配なのは急な引越しの場合です。

時には急な引越しをしなければならなくなることもあるかもしれませんが、まずは焦らずしっかりと色々な引越し業者に連絡して確認するようにしましょう。

「まとめ」引越し難民化を避けて快適な引越しを目指そう!


いかがでしたか。
今回の記事では、最近何かとニュースを騒がせている引越し難民について。なぜ、引越し難民が出てしまうのか、そして自分が引越し難民にならないためにはどうしたらいいのか、万が一なりそうになってしまったらどうしたらいいのかなど。詳しくご紹介しました。

引越し業者のお仕事は大変そうなイメージが付き物だからなのか、人手不足に陥っている引越し業者もあるようです。特にドライバーさんが確保できなくて予約を受けられる数が少なくなっているパターンもあるのだとか。
このような特徴から、引越し業者に依頼する際は、スタッフの定着率が良い引越し業者を選んだほうが予約できる確率が上がる傾向にあります。
「でも、定着率が良いかどうかはこちらからは良く分からない」という場合は、引越し見積一括比較サイトの活用が定番です。

引越し見積一括比較サイトを上手に活用して、予約が取れる引越し業者かつ、リーズナブルに引越しできる引越し業者を見つけるようにしましょう。
引越し難民にならないためには早めの対処がおすすめです。
しっかりと対処して、快適な引越しを目指していきましょう!

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes