ピアノ

ピアノを購入した際、玄関から入らなくて苦労された方も多いのではないでしょうか。
そして引越しになると、また同じ苦労があなたへ襲いかかります。
自力で運ぶには大変なピアノの引越しとその費用を調査しました。

ピアノの引越し料金はどのくらい?

ピアノの引越費用の見積書

引越しの際、ピアノは一般的な「家具」という扱いにはならず、引越し業者各社がオプションサービスとして提供しています。
その理由は、ピアノの繊細さと重さにあるのです。

ピアノの重さは200kg以上あり、とても1人では落ち運ぶことができません。
ピアノの脚に付いているキャスターで運べばよいのでは、なんて軽く考えていると家の床に引っかき傷や引きずり跡がついてしうため、注意が必要です。
引越し業者へピアノの引越を依頼するとどのくらいかかるのかというと、一括見積もりサイト「引越し侍」では以下のように紹介されています。

引越し侍のピアノ

グランドピアノは約3万円から6万円、アップライトピアノは約2万円から4万円、エレクトーンは約1万円から3万円のようです。

ピアノの引越しの際に役立つ各社のサービス。おすすめの業者はどこ?

ピアノの引越にお勧めの業者

ピアノの引越後それまで通りに弾けるのかというと「そうではないケース」がほとんどです。
引越しによるフレームの歪みや温度変化による変調をきたすことが多く、調律の必要があります。
また、見積額が予想より高くさほど弾いていないから手放そうと考える方もいるかもしれません。
そこで、引越し業者が行う便利なピアノ引越しサービスを比べてみました。
 

  • ヤマトホームコンビニエンス「ピアノ・楽器の輸送」

クロネコヤマトが受付になり、国内のピアノ配送業者へ取次をしてくれるサービスです。
万が一のことがあった場合も運送業者の規定内で補償が受けられます。
さらに、ピアノを運んでくれるだけではなくピアノの買取も行っており、引越しとピアノのことでお困りならばまずは相談してみましょう。

クロネコヤマトでお引越し!料金プランと見積もり方法

  • ピアノ運送株式会社

こちらは引越し業者ではありませんが、なんとあのヤマハが正式認定した実績と信頼がある運送業者です。
運び方にこだわりを持ち、その運送方法はピアノのことを考え作りています。
例えばピアノ専用の代車を開発したり、温度調整機能つきトラックで運送したりキズがつかないようスタッフが壁になったりと様々な配慮が魅力的です。
ピアノの引越しだけではなく、ピアノの買取、調律、メンテナンスを一挙に引き受ける業者のため、すべておまかせしてしまうという方法もあります。

  • 日本ピアノ運輸株式会社

前者と名前は非常に似ていますが、別業者のご紹介です。
ピアノ運送業者は限られた地域で営業していることが多いなか、日本ピアノ運輸株式会社は全国展開する珍しい業者と言えます。
ピアノ引越しのほか、調律・メンテナンス、ピアノ買取、一時預かりサービスも行っているようです。
一時預かりサービスの価格も1日210円から315円と非常にリーズナブルなのがうれしいですね。

自分でピアノを持っていくのは辞めた方がいい?

ピアノは非常に繊細な楽器として知られています。
木製の楽器であることから湿度と温度に影響され、音色が変わってしまうのです。

ピアノ専門の運送業者で利用するトラックは、キズを防止するためにリフトが付いていたり温度調節が可能になっています。

素人が軽トラで運ぼうとすると確実に音程がズレてしまうほかフレームの歪みやキズなど、故障の原因にもなり得るためおすすめできません。

仮に自力で運んだとしても、メンテナンスはプロの調律師に行ってもらうようにしましょう。

引越しの時のピアノの保管方法

引越し業者に頼んだピアノ

グランドピアノもアップライトピアノも、かなり大きいため、引越しの際の保管場所に大変困ります。
そんな時利用したいのが「ピアノの預かりサービス」です。
ピアノを預かってくれる業者を探したところ、以下の業者が見つかりました。
 

  • 北海道 – 札幌ピアノ運輸有限会社

自社倉庫でのピアノ一時預かりサービスを行っています。
夏と冬の温度差が激しい北海道こそ、専門の保管業者を利用したいものです。

  • 北関東・新潟・東北地方 – 北関東ピアノ運送有限会社

ヤマハ指定の運送業者であることから信頼度がかなり高い業者です。
プロが認めるこう引っh室なサービスで大切なピアノをきちんと預かってもらえるのは嬉しいですね。

  • 関東・関西地方 – 三菱倉庫

東京と関西では三菱倉庫がおすすめです。
価格もそこまで高くなく、温度調整機能付きの倉庫で預かってもらえる安心感があります。

  • 中国・四国地方 – 中国ピアノ運送

広々とした倉庫には大型除湿機をいくつも設置し、ピアノの保存にうってつけです。
また、公式ホームページでは写真付きで倉庫をg崩壊しており、セキュリティも万全であることをアピールしています。

  • 沖縄 – ピアノサービスセンター那覇

ピアノサービスセンター那覇ではピアノの一時預かりだけではなく長期預かりにも対応しています。
引越しだけではなく建て替えやリフォームの際も利用できる、頼れる業者です。

引越し先にエレべーターがない!?それでもピアノは持っていける?

一軒家にお住まいならまだしも、マンションの2階以上に引越すとなると、ピアノをどうやって運べば良いのか想像もつきません。
しかもエレベーターがない場合、自力で運ぶことは確実に難しいでしょう。
しかし、そんなピアノの引越しですが、実はピアノ専用の運送業者はエレベーターが無いことも想定内です。

運送業者は2階以上のお部屋にピアノを運ぶ場合、クレーン車を利用します。

クレーンでピアノを持ち上げる場合、窓や搬入口によりピアノの足は取り外すことが多いようです。
では、クレーンで搬入ができなかった場合どうなるのでしょうか。

クレーンで搬入できない場所の場合、ピアノを分解して搬入します。
ピアノの分解を行うのはタダの引越し業者ではなく、調律師などの専門家です。
ピアノを分解したのは良いけど戻らなくなった!なんてことは絶対にありえないのでご安心くださいね。
ただし、ピアノの分解後は音色が変化している可能性もあるため、必ず調律をしてもらいましょう。

2階にピアノを置かない方がいい?

引越しで2階に移動させたいピアノ

ピアノの購入時や引越しのタイミングで「運ぶのが大変だから2階に置かないほうが良いよね?」という相談を持ちかける方がいるようです。
確かに運搬の手間を考えると、1階に置いたほうが良いと誰しもが考えるでしょう。
しかし、ピアノを2階に置かない理由はもう2つあります。

1つめは「重さ」です。
先にご紹介したとおり、ピアノの重量は250kg以上なのです。
極端な話「床が抜ける」可能性があると言っても過言ではありません。
現在の建築技術では250kgの重さのピアノを置いても床が抜けるという可能性は低いのですが、ゼロではないのです。
仮に地震が来たらどうなってしまうのかと考えると、ピアノの真下では眠れませんよね。

2つ目の理由は「周りへの影響」です。

2階でピアノを弾いた場合、音の影響がかなり大きいと言えます。
まずは1階のリビングへ、次は隣の家へ、さらには周囲の家へと音が広がるのです。
1階にピアノを置いた場合と比べると、1階は地面に音が吸収される分音の広がりはやや少なく、2階で引いた場合はすべての方角へ音が広がることになります。
防音設備がない場合、練習のしやすさを取るか近所への配慮を取るか、家族でしっかりと話し合う必要があるでしょう。

引越し先にピアノが入らない‥どうすればいい?

一軒家からワンルームなどに引越す場合、ピアノが物理的な問題で部屋に入らないという非常事態も起き得るのです。
ピアノを入れたら居住空間が無くなる、そんな極限状態でお悩みの方に以下の方法をご提案します。

  • ピアノ預かりサービスを利用する

ピアノは温度と湿度の管理が重要な楽器ゆえ、残念ながら一般のトランクルームに預けることはできません。

温度管理された専用の倉庫に預ける必要があります。

おすすめの業者は<自分でピアノを持っていくのは辞めた方がいい?>でもご紹介しているため、ぜひご覧ください。

  • ピアノを手放す

そして、もう一つの方法がピアノを手放すという究極の決断です。
大切に弾いてきたピアノを手放すのは心苦しいものですが、ピアノを預かってもらうにも月に数千円の料金がかかります。
ピアノを一度手放すという方法は、非常に現実的な選択なのです。
ピアノの処分を考える人の多くは「古いから引き取ってもらえないかも」という悩みを抱えています。
「ピアノ売ってちょうだ~い」で有名なタケモトピアノでは自信を持って以下のように回答していました。

Q.古いピアノなんですが大丈夫?
A.古くても、お買取りできるピアノはたくさんあります。
圧倒的な修理技術と海外50カ国の販売先を誇るタケモトピアノに、まずはご相談ください。

ピアノを持っていったら調律はプロに頼んだ方がいいの?

引越し後に調律するピアノ

インターネットで「ピアノ 引越し」と調べると、多くのサイトが引越し後は調律をするよう勧めています。
しかし、一度の調律代金が10000円以上となると「まだ調律したばかりだし…」と尻込みしてしまう方もいるのではないでしょうか。

引越し後に調律を勧める理由は「環境の変化ゆえ」です。
前提として、部屋の温度と湿度は一定ではありません。
旧居と新居を比較しても同じことが言えます。
また運搬のためにピアノを分解した場合、部品の取り付け方やフレームの歪みひとつで周波数が変わってしまう可能性があります。
ピアノは繊細な楽器、あえて言えば高額な楽器だからこそ、メンテナンスを怠っては早々に修理の必要が出てしまうかもしれません。

ピアノを毎日弾く方は3ヶ月から半年、あまり惹かなくても1年に1回の調律が好ましいです。
しかし、ピアノの弾く頻度にかかわらず引越しなど環境に変化が生じたら、ピアノのためにも調律が必要となります。

まとめ

今回はピアノの引越と費用、一時預かり可能な業者をご紹介しました。
ピアノは非常に繊細な楽器のため、素人が運ぶことで音色が変わってしまう可能性があります。
大切な楽器だからこそ、専門の業者を利用して運んでもらうことをおすすめします。
また、ピアノの引越し後は調律としっかり行うようにしてくださいね。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら

518x70 suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら

518x70