リサイクル
引越しの際に出るゴミや不用品をどうするか、とても悩んでしまいます。
しかし、引越し中は忙しくてなかなか処分する暇がありません。
今回は引越しの際に出る不用品をカンタンに処分する方法をご紹介します。

不用品は引き取ってもらうべき?

引越しの時に不用品をまとめる女性

世の中には便利屋さんや不用品回収業者という仕事があります。
引越しで出る大量の不要品やゴミを処分するにはこのような業者を利用する方法もあります。

実は、筆者も直近の引越しで不用品回収業者を利用しました。
100人乗っても大丈夫な物置にぎゅうぎゅうだった不用品を回収してもらった際「きっとひどい出費になるだろうな…」と思っていたのです。
しかし、不用品の中に買い取れるものがあれば費用から減額され、最終的に5000円の出費で済みました。
このように不用品の出張引き取りを行っている業者もあるため、どうしても自力で不用品を処分できない人は相談してみると良いでしょう。
しかし、不用品やゴミの種類により費用がもっと高くなることも考えられます。

リサイクルに出すなら買い取ってもらう方がいいの?

クローゼットを整理していると着られなくなった服が大量に出てくることがありますよね。
ほかにも使わなくなった書棚や飾り棚、ダイニングテーブルセットなどは処分に困ります。
捨てるとゴミが大量に出てしまいますし、何かいい方法があればそれを選びたいところです。

着なくなった服をリサイクルする場合、出して良いものと出してはいけないものがあり、各自治体がガイドラインを掲示しています。
主に油汚れやペンキによる汚れがついたものやレースのカーテン、革製品、ジャージはリサイクル不可のため可燃ごみ出だすように定められているようです。
書棚やダイニングテーブルなどの大型家具はリサイクルをしたくても「粗大ごみ」扱いになり、各自治体が有料で回収を行っています。
大型家具のリサイクルはリサイクルショップへ持ち込むか宅配買取を依頼することとなるようです。

家具の買取相場が知りたい!

不用品の買い取り相場を考える女性

先に挙げた大型家具をリサイクルショップへ売る場合、気になるのはその値段です。
家具を買い取ってもらった場合、だいたいどのくらいの値段で引き取ってもらえるのかを調べていきましょう。

・書棚

書棚は製造年度やブランドで価格が変動するほか、キズや日焼けが目立ちやすく買取価格が大幅に下がってしまうことも多いようです。
ニトリの書棚は500円からと安く、大塚家具の書棚は4000円から、工芸品の書棚は5000円からの値がつけられています。
キズと汚れが少なく光沢がある本棚は買取額がアップする傾向があるようです。

・ダイニングテーブル

ダイニングテーブルは毎日使うという特性上、キズがつきやすいものです。
そんな中でもウォルナットやチーク、トチといった人気の高い木材を使用しているものや無垢材を使用しているものは買取額が高くなります。
ノーブランド、ニトリ、無印良品といった量産されているテーブルは価格も安く200円から、大塚家具のテーブルは2000円から、北欧家具は数万円の値がついていることがあるようです。

・ソファ

ソファはシミがつきやすく使用感を消すことができない厄介な家具です。
そのためリサイクルショップでも格安で買い叩かれたり場合によっては値段がつかないこともあります。
ファブリック製やカウチソファの場合、買取価格は50円からとかなり安いのです。
ブランド家具かつ使用感が少ないものは5000円からという値がつくこともありますが、購入当時の金額を考えずに「引き取り費用」と割り切って手放すほうが良いでしょう。
 

リサイクルショップはすべての家具を引き取ってくれる?

リサイクルショップでもすべての家具を引き取るかというとそうではありません。
リサイクルショップ各社では買取条件に「購入から○○年以内」と記載されている事が多く、売りたい家具に限ってその条件を満たしていないこともしばしばあるため注意しましょう。

ベッドみたいな大きな家具は引き取ってもらうのにもお金がかかる?

引越しの時に不用品となったベッド

書棚やテーブル、ソファの他にもベッドのように運び出すことも難しい大型家具もなんとか処分したいものです。
しかし「人が使用した寝具を買い取ってくれるのか?」という疑問も浮かびます。
それでも少し値の張るベッドをゴミに出すなんてもったいないですよね。

実はリサイクルショップではベッドの訪問買い取りを行っている事が多く、自分で運び出さなくても問題ありません。
残念ながら気になる買取価格は汚れの度合によって極端に値引きされ、ノーブランドだと二束三文ということが多いようです。
他の家具同様、汚れがひどい場合は買取不可もしくは有料引き取りになるケースがあります。
せっかくリサイクルしようと思ったのに粗大ごみの収集料金と変わらない分だけお金を払わなければいけないのは、とてももったいないことです。

おススメのリサイクルショップ

どうせ不用品を売るなら、買取率が高くて訪問してくれる業者を利用したいところです。
そこで評判の良いリサイクルショップをピックアップしました。

  • トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリーといえば北は東北、南は福岡まで店舗を構える大手リサイクルショップです。
また、引越しと不用品回収をセットにした「トレファク引越し」サービスを提供しています。
買取可能な商品は非常に多く、家具・家電は製造から10年以内と許容範囲が広いのも嬉しいポイントです。

  • ハードオフ

ハードオフというと本・CD買い取りだけと思われる方も多いのですが、服や家具・家電も買い取りしてもらえます。
本・CD(DVD)・ゲームはネットで買取申込をし、売りたいものをダンボールに詰めて送るだけで簡単に査定・買取してもらえるという「宅本便」サービスは引越しで忙しいあなたにもおすすめです。

  • おいくら

インターネット上では「一括査定サイト」が各ジャンルに存在します。
おいくらは全国のリサイクルショップ版の一括買取査定サイトなのです。
売りたいものの型番や写真、使用頻度などを登録すると、最寄りのおいくら加盟店最大20社へ見積もりを依頼できます。
不要だけど安く売りたくないブランド品などはこのような見積りサイトで高く売ってみてはいかがでしょうか。

家電は処分すべき?それともリサイクルすべき?

引越しの時に不用品となったテレビ

服や家具と同じくらい処分に困るのが大型家電です。
当サイトの様々な記事でご紹介してきたとおり、古い家電は電気代が高く使い続けると新型家電が買えてしまいます。
しかし、リサイクルしたいと言ってもリサイクル料が意外と高く、処分をためらってしまいがちです。

<<<引用>>>

16型以上のテレビ
リサイクル回収料金 2916円(税込)
収集運搬料 540円(税込)
合計 3,456円(税込)

171L以上の冷蔵庫
リサイクル回収料金 4,644円(税込)
収集運搬料 1,080円(税込)
合計 5,724円(税込)

洗濯機・衣類乾燥機
リサイクル回収料金 2,484円(税込)
収集運搬料 1,080円(税込)
合計 3,564円(税込)

そこで利用したいのが、ハードオフの家電買取サービスです。
ハードオフではノートパソコン、デジカメ、一眼レフ、液晶テレビ、スマートフォン、SONY製のウォークマンに最低買取金額を設け、その額以上での買取を保証しています。(※一定の条件を満たした場合のみ)

そのほか、ヤマダ電機でも「良品買取サービス」として製造から7年以内のテレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機を査定・買取してくれるようです。
家電を処分する前にこのようなお得に買い取ってもらえる業者を探してみる事も大切ですね。

引越し業者も家具の処分などに協力してくれるの?

リサイクルショップへ買取依頼するほか、もっと手軽で良い方法があるのでしょうか
その答えは「イエス」です。
引越し業者各社も不用品買取やリサイクルショップと提携している事があります。

  • サカイ引越センター

サカイのリサイクルショップは実店舗を構えており、不用品の持ち込みや訪問買取が可能です。(※買取不可の場合処分は自分で行う必要あり)
また、不用品をサカイ引越センターのダンボールに詰めて送るだけで査定・買い取りを行ってもらえます。
送料も査定も無料のため、不用品を引越し費用に買えたい方は是非試してみてはいかがでしょうか。

  • アーク引越センター

アーク引越センターは有料ですが不用品の回収を行ってくれます。
また、ネットオフと提携しているため本やCD(DVD)の宅配買取も申し込むことが可能です。
「不用品買取サービス」

  • ハート引越センター

ハート引越センターでは自社のリサイクルショップ「ハートガレージ」と提携し、指定の条件を満たした家具・家電を無料で引き取ってもらえます。
しかしキズや汚れがひどい場合、有料引き取りになるようです。

処分したいものが多い時は引越し業者にお願いした方がはやい?

引越しの時に不用品を処分してくれる業者

不用品がおもったよりも多く出てしまった時、リサイクルショップに頼むべきか引越し業者に頼むべきか、とても悩ましいです。
処分したいものが多い場合、年数やキズの度合いによって有料引取になる可能性がかなり高まります。
そこで、リサイクルショップや引越し業者で値がつかないまたは有料引取と言われてしまった場合、SNSを活用する方法があります。
地元掲示板やフリーペーパー、SNSに写真を掲載すると、思いのほか問い合わせがありますよ。

処分するものはまとめておいた方がいい?

キッチンには使わなくなったIHヒーターが、リビングには古くなったテレビが、子供部屋には読まなくなった漫画が…といったように、不用品はどの部屋にもぽつぽつとあるものです。
引越しと同時に不用品の引取を依頼する場合「あそこのこれと、ここのこれと」と指示をすると引越し作業の邪魔になり、作業効率を下げることになってしまいます。
可能な限り、不用品は一部屋にまとめる、物置にまとめるなどの工夫をしておくことで引越し作業も不用品の引き取り・買取も効率良く行うことが可能です。

まとめ

今回は引越しで出た不用品を効率よく処分する方法をご紹介しました。
「不用品買取サービス」を行っている引越し業者やリサイクルショップを利用すると家にいながらにして不用品を楽に処分できます。
また、値がつかなかった不用品はSNSや知人に格安で譲るという方法がおすすめです。
すべて自治体のリサイクルに出さず、大切に使ってきた家具・家電に第二の人生を送らせてあげるのもあなた次第です。
ぜひ、今回ご紹介した方法で不用品を処分してみてくださいね。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら

518x70 suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら

518x70