近距離の引越しは大手業者が安いのか、それとも地域密着型の業者が安いのか、なかなか決められないとお悩みの人も多いのではないでしょうか。
実は、近距離引越しを相場以下の格安で済ませる方法があるのです。
今回は近距離引越しでおすすめの引越し業者とその理由、料金相場をまとめてご紹介します。

引越し中の業者さん

もっとも安く近距離引越しをしたい方は下記からどうぞ


近距離+単身世帯は引越し費用が安いってホント?

近距離引越しの方法を考える女性

結論から言うと、単身世帯の近距離引越しは非常に安く済ませることが可能です。
なぜなら、単身世帯は荷物が少なく引越し業者が提供する格安プランを利用できる可能性が高いことから料金は抑えめになります。
例えば以下のようなプランは単身引越しかつ近距離の場合かなり費用を抑えられます。
 

  • サカイ引越センター:ご一緒便コース
  • ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト):単身引越コース
  • ハトのマークの引越センター:小鳩プチトラパック
  • 日通:単身パック当日便、引越し単身パックS(L)

 
公式ホームページで調べる限り、ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)の料金が 11,000円~と最安価でした。


家族の近距離引越しはどのくらいが相場なの?

近距離引越しに対応する作業員

実際の相場観を見てみると、2人以上の家族で引っ越す場合、多くの人が5万円以上の出費を覚悟して引越し業者を探しています。
しかし、引越し業者選びを慎重に行う事で費用をぐっと抑えることが可能なのです。
筆者が2016年初等に引越した際、6万円以上の見積もりを覚悟していたのに実際に支払ったのはたった【36,000円】でした。
当サイトが独自に調査した家族での引越し相場は以下のとおりです。

通常期 単身(荷物少) 単身(荷物多) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上
~15km以内 34376円 45469円 60266円 74875円 96070円 140949円
~50km以内 36049円 45379円 67996円 83365円 112698円 146923円
~200km以内 42068円 60758円 81902円 98234円 131694円 187973円
~500km以内 52887円 77052円 103783円 136497円 171822円 229512円
500km以上 61483円 96128円 151881円 185316円 228252円 330253円

※価格は当サイトが独自で調査した結果です。
※荷物の量で引越し費用は大きく変動します。

家族での引越しでも格安で引越せた!という方の声をいくつかご紹介します。

・見積メールより高かったけど、相場よりは安かったと思います。(ハート引越センター/4人家族/21,600円)
・料金をすごく頑張ってくれたと思う。(アリさんマークの引越社/3人家族/21,000円)
・同一市内の引越しです。ネットで申し込んで配達は数日後でしたが大満足です。(ヤマトホームコンビニエンス/3人家族/16,254円)
・安くなるようにいろいろご提案いただきました。(アート引越センター/4人家族/30,000円)

大型家具のみだけで引越し出来るの?

近距離引越しで家具を運ぶ作業員

家具のみ、家電のみ引越しは、ほとんどすべての引越し業者が対応可能です。
仮に「大型家具や家電のみ運んでもらい、小物は自分で運んで節約をしたい!」と考えているならば、ぜひおすすめしたい方法があります。
それは「家具以外の空きスペースに荷物が載るかを問い合わせてみる」ことです。

例えば2tトラックに荷物を積載する場合、多少の空きスペースが出る可能性があります。
そこで、空きスペースを有効活用し自力で荷物を運ぶ手間を少しでも減らすことができます。
ただし、乗り合わせ便やコンテナ便、軽トラックに荷物を積載する場合は見積時に要相談です。

家具や家電のみの移動は以下がおすすめです。

  • ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト):らくらく家財宅急便
  • サカイ引越センター:プラン名明記なし、家電・家具のみ引越し可
  • 佐川急便:大型家具・家電設置輸送サービス
  • 赤帽:距離制運賃、20km迄 4,860円(諸経費別)

近距離引越しする予定の方の中には、友人や家族に手伝ってもらってある程度の小物家具やダンボール類は自分達で運ぼうと検討している方もいるのではないでしょうか。
小物家具やダンボールはともかく、大型の家具家電については基本、自力での移動は難しいと思います。

そのため必然的に、自力で運べるものは自力で、自力で運べないものは引越し業者に任せるというやり方になるのではないでしょうか。
もし、その方法を選択したとしたら、引越し料金は普通に引越しをするよりリーズナブルに抑えることができるのでしょうか。
大型家具を1つから運べるプランを持っている引越し業者を2社ピックアップし、その特徴をチェックしていきたいと思います。

名前 プラン名 料金
ヤマト運輸 らくらく家財宅急便 (1個あたり)1,400円~
アーク引越センター 大物限定プラン 条件により変動

※今回はヤマト運輸とアーク引越センターの2社を取り上げていますが、いわゆる地域密着型の引越し業者にもこのような大型家具や家電のみを輸送し、その他の荷物は自分で運べる方向けのリーズナブルなプランを取り扱っているところが多数存在しています。

ヤマト運輸のらくらく家財宅急便は一見とてもリーズナブルに感じますが、記載した料金はあくまでも近距離の最安値(家具1個~)です。
旧居と新居の距離やどれだけの量、大型家具や家電があるかによっても料金は変動します。

もし、引越し業者に運んでもらう大型家具や家電の量が多いと、ここでご紹介しているようなプランを選んでも料金がかさみ、結果的に通常の単身パック等で引越したほうが料金が安くなるため、引越し業者側から通常の引越しプランを提案されることもあります。

仮に大型家具や家電のみ運ぶプランで、通常の引越しプランより安く収まったとしても注意点があります!
自分で運ぶ分の荷物をレンタカーを借りて運ぶ場合、レンタカー代を組み込むとゆうに通常の引越しプランの料金を超えることもあります。
また、どこかから無料で車を借りてこられたとしてもガソリン代や、手伝ってくれる人への謝礼や差し入れ等・・・コストはかかりやすいです。

つまり、冷静に比較すると、ここでご紹介している大型家具や家電のみを運んでもらうプランは、逆に割高になる可能性が高いのです。
このプランで本当に節約できるのは、自分で用意する車に一切費用がかからず、手伝ってくれる人達が完全に無償でお礼の食事のごちそう等もなしで対応してくれる場合だけ・・・ということがほとんどです。

かかる料金を全て計算して様々な手配ができ、そのうえで「安くできる」のであれば良いですが、それが面倒だと感じるようであればリーズナブルな引越し業者を選んで全ての荷物を任せてしまうほうが手間もかからず断然良いといえるのではないでしょうか。
今は引越し業者の数がとても多く競争が激化しています。
そのため、各社、通常の引越しプランに特に力を入れていてリーズナブルに抑える努力をしています。
努力の結果、けっきょく通常のプランを利用したほうが安く収めやすいという、意外な展開になっているのです。

ある意味、利用する側としてはラッキーだといえます。

「料金を安くするために自分で運べるものは自分で運ぶ!」と考えている方、ちょっとストップしてください!

まずは、リーズナブルな傾向のある引越し業者を絞り、見積もり等相談しつつ、大型家具や家電のみを運ぶプランを取り扱っている引越し業者にも併せて相談してみるというやり方なら良いのではないでしょうか。
そうすれば、最安値も把握しやすいです。

半分自力で引越ししようとしたほうが逆に手間も料金もかさむなんて、嫌ですよね・・・
ということで!基本的には優先して通常の引越しプランに注目したほうが良いかなと思います。
今はリーズナブルな料金設定の引越し業者が多数登場しているので、自分の引越し先の地域に対応していてリーズナブルな料金設定の引越し業者は見つけやすいと思います!

 近距離での引越しのおすすめの業者

筆者が引越しをするなかで印象が良かった引越し業者や口コミで評判が良かった業者をランキング形式でご紹介します。

3.サカイ引越センター

サカイ引越センターは遠距離引越しでも近距離引越しでも費用が抑えられることに定評があります。
同一市内の引越しは家族3人でも3万円台が多く見られ、逆に近距離でも冷蔵庫だけの引越しに2万円以上かかったという口コミも見られました。
近距離のみの引越しではオススメ上位にランク付けしますが、家具・家電のみの場合は別の業者を利用すると良いでしょう。

2.日本通運

日本通運(以下日通)は近距離での引越しでよく選ばれています。
一括見積もりサイト「引越し侍」の口コミでは、家族での引越しのほぼ全てが近距離引越しでした。
7割の方が予算を下回る料金で引越しできたと回答している素晴らしい引越し業者です。
単身引越しも当日配送やコンテナ便など、多彩なプランから自分のライフスタイルにあわせて選ぶことが可能な点も非常に良いですね。

1.ヤマトホームコンビニエンス

クロネコヤマトHP

筆者が近年利用した引越し業者のなかで一番信頼でき、一番安かったのがクロネコヤマトの引越しサービスです。
ほかの引越し業者では元気がない作業員さんに当たることが多かったなか、クロネコヤマトは宅配便を届けてくれるときのあの笑顔で引越し作業に来てくれました。
対応スキル良し、作業スキル良し、価格良しで大満足な引越し業者です。
また、家具や家電だけ運んで欲しいときには「らくらく家財宅急便」でかなりお安く運んでもらえます。(例:東京都から東京都は2,000円)
一番身近で一番安心なヤマトホームコンビニエンスが文句なしの第一位です。
 

ランク外.レンタカー

近距離引越しといえばレンタカーですよね。
軽トラを借りて自分で荷物を運ぶ、たしかにかなり費用は抑えられます。
しかし、大変なのは荷物の運び出しと搬入です。
筆者もたびたび軽トラで引越しを行ってきましたが、そのたびに激しい筋肉痛に見舞われ、新居の柱や壁紙に傷をつけ、家具を凹ませ、友人にご飯をごちそうして、精神的に赤字を被っている気がします。
そんな筆者が導きだした結論は「レンタカーは思っているほど安くない」という事です。
レンタカーを借りるのであれば、赤帽を呼んだほうがよほど経済的かもしれませんね。

引越しの時におススメのレンタカー

 格安業者を探すのは大変!近距離引越しがオトクな引越し業者を探す方法は?

前項ではオススメの引越し業者をご紹介したのですが、引越し業者を探すなら「引越し侍のような一括見積もりサイト」で複数の業者へ見積り依頼をするという方法が一番のおすすめです。
なぜなら、自力で引越し業者のホームページを開いて見積り依頼を出すのは時間がかかり、とくに忙しい引越し前には避けたいですよね。
一括見積もりサイトなら複数社への見積り依頼が3分程度で行えるため、忙しい方も安心です。


■まとめ

今回は近距離での引越しを格安に済ませる方法とオススメ引越し業者をご紹介しました。
「近距離なら自力で引越す!」そう考えている人ほど赤字になっている可能性があります。
料金が安くて信頼できる引越し業者を選んで、近距離引越しをおトクに済ませてくださいね。

更に長距離で引越す場合についての長距離引越しについての記事も書いてみましたので合わせてご覧下さい。

長距離引越しを安くしたい!費用を抑えるコツとオススメ業者をご紹介

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら

518x70 suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら

518x70