6月の引越し相場。梅雨の時期の引越しは吉日

引越し時期を選択できる方や、会社の決定で6月に引越しをする方。春ではない時期の引越しが初めての方にとっては料金面は気になるところではないでしょうか。
春以外の時期は、春よりも安く引越しできるといわれていますが、実際のところどうなのでしょうか。

今回の記事で詳しくご紹介していきます。

6月の引越し相場は1年の中でも安い!?

一般的に6月は入学の時期や会社の転勤シーズンとは被っていません。また、6月は梅雨の時期でお天気も不安定になりやすいことから融通の利く方は引越しを避けたがる傾向にあります。

引越し相場をチェック

6月の首都圏の引越し相場 25000~35000

6月の引越し相場は、単身×近距離引越し×首都圏内の引越しという条件で25,000円~35,000円くらいの範囲の金額になることが多いようです。
とはいえ、日本国内に引越し業者は数百社はあるといわれているので、選ぶ引越し業者によっても変わってきます。

ちなみに繁忙期だと、同じ引越し内容でも場合によっては6月の引越し料金の2倍近くいくこともあるようです(もちろん繁忙期でもリーズナブルな引越し業者はたくさんあります。ただ、繁忙期にはそういうこともあるようです)
これは予約が密集している場合など極端な状況においてです。
それでも6月の引越しは繁忙期と比べれば、リーズナブルに抑えやすいタイミングといえます。

梅雨の時期の引越しは吉日

梅雨の時期の6月。じめじめとしている日も多くて、過ごしづらい日もあります。
また雨の日の引越しだと、ほんの少しだけでも荷物が濡れてしまう可能性が高く、6月だと気温も上がりやすいので汗もかいて不快感なんてこともあるので、引越しのタイミングとしてはあまり人気はありません。

仕方なく6月に引越しをする方はいますが、6月が好きだから引越し日に選ぶという方は少数派ではないでしょうか。

しかし、だからこそ6月は引越しの吉日なのです。

通常、引越し料金が高くなる原因は、予約が密集していて引越し業者側のキャパが埋まるからです。
逆に閑散期で予約枠がたくさん空いているような状態だと、引越し業者側としては何としても依頼を受けたいので、リーズナブルにしてくれる傾向があります。

引っ越し業者の繁忙期と閑散期。お得に引っ越しするならどっち?

6月の引越しは引越し業者の予約を取得しやすい傾向!

6月は転勤も新入生の引越しもそれほど多くない時期なので、予約枠がけっこう空いていることが多いです。
また、祝日も6月にはないことから、土日とくっつけて祝日連休という展開もなく、引越しのタイミングを選べる状況にあってもあまり好まれる時期ではありません。

5月にはゴールデンウイークがありますが、ゴールデンウイークは連休があり、引越し後の荷物を片付ける時間がたっぷり取れることから、ゴールデンウイークのほうが6月よりも引越しの時期としては人気があります。
6月は5月の翌月なので、そのような事情もあって他の月よりも予約枠が空きやすい傾向にあるのかもしれません。

6月の引越しは料金交渉しやすい!

世帯ごとに荷物の量も移動距離もバラバラなので、引越し料金は「目安」があっても見積りをしてみて初めて確定料金がわかります。
引越しというサービス業は、料金交渉がしやすいといわれています。
明確な定額制を採用している引越し業者はほとんどないので、交渉次第で料金が変動する可能性は高いです。
安く抑えたい方は、どんな時期でも「料金を安くして欲しい」と交渉してみるのがおすすめです。

6月は1年の中でも引越しの分野では予約枠が空きやすい傾向にあるということで、料金交渉をしてみても、けっこう引越し業者側が聞いてくれることが多いです。6月は元々リーズナブルな傾向にあるので、料金交渉をしなくてもお得に引越しやすいタイミングですが、料金交渉をする派の方にとっても割と都合の良い月です。
頑張って料金交渉していけば、びっくりするようなリーズナブルな料金で引越しできることもあるようです。

ちなみに料金交渉をしたい派の方には、引越し見積一括比較サイト経由の見積り依頼がおすすめです。
引越し見積一括比較サイト経由だと、各社のホームページから直接連絡するわけではないので、各社とも競争があることを把握しています。「他社に取られるくらいなら」と、料金を割り引いてくれることも珍しくなく、最大で50%割引になった例もあるようです。

6月の引越しは物件の初期費用もリーズナブルになる可能性あり!?

ここまで6月の引越しについて、引越し業者のことを解説しましたが、実は6月の引越しはそれ以外の部分も安くできる可能性があります。
6月に引越し業者の予約枠に飽きが出やすいということは、それだけ移動している世帯、引越しをしている世帯も少ないということなので、不動産業者や、大家さんにとっても閑散期にあたります。

そこで、不動産業界でも引越しをして欲しくて割引が登場することがあります。
例えば、繁忙期には敷金礼金ともに1ヵ月だったところが、6月まで物件が誰にも借りられずに残った場合、敷金は家賃1ヵ月分のままで、礼金は0円という風に少し条件が変わったり、家賃1ヵ月分フリーレントになったりします。

そのように条件が変わらなかったとしても、交渉してみると家賃を値引いてくれたり(これは元々家賃が地域の相場か相場以上の金額の物件に限ることが多いです)礼金を0円にしてくれたりということもあります。

6月は引越し業者の料金面だけではなく賃貸物件のほうでもお得になりやすい時期です。

「まとめ」6月の引越しは節約しやすいタイミング!


今回の記事では、引越しの繁忙期を過ぎた6月の引越しについてご紹介しました。
6月の引越しは、引越し業者に支払う料金も、不動産会社に支払う料金も、どちらもリーズナブルになりやすい傾向にあります。
6月に引越し日を合わせられる方や、6月に転勤になったという方は、むしろラッキーかもしれません。

割引の交渉もしやすく、融通も利きやすい6月の引越し。梅雨の時期でじめじめしていてなんとなく大変そうかもしれませんが、視点を変えれば6月の引越しは良いことがたくさんあるのです。
6月に引越しをしたい方。6月の引越しには実はメリットがたくさんあるので、ぜひ前向きに捉えてくださいね。
快適な引越しを目指していきましょう!

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes


テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら

コメントをどうぞ