引っ越しにかかる出費を極力抑えるにはどうしたら良いのでしょうか。
今回は引っ越しを安く済ませるコツをご紹介します。

節約

引っ越しを全部自力でやったら安上がりなの?

マル秘節約術を実践する女性

もしあなたが軽トラックを運転できて、何十往復もして家具とダンボールを運ぶ体力があるならば、全て自分がやったほうが安くあがることでしょう。
しかし、自力引っ越しを何度も体験した筆者は絶対にオススメしません。

引越しは一括見積で業者に頼むのが一番お得です。

引越しの一括見積はこちら

例えば、以下の点は業者に頼まないと非常に大変でした。

・軽トラのレンタルと運転
・梱包用ダンボールの確保
・車と部屋を数十往復する荷物運び
・大型家電と家具の搬入・搬出

そして、後悔しているのは以下の点です。

・非常に時間がかかった
・翌日の筋肉痛が酷かった
・食器が大量に割れてしまった
・家具に傷がついてしまった
・家電が壊れた

自力の引っ越しは体力勝負であり、時間との勝負でもあります。
特に女性が自力で引っ越しすることは、本当に大変です。
家具や家電がほぼ無いという場合は何度も往復するだけで良いのですが、荷物が多い引っ越しはトータルで考えると引越し業者を利用したほうが安上がりな事もあります。
筆者は食器がほぼ全滅し、高かったタンスに大きな傷が入り、更にノートパソコンが壊れるというトラブルに見舞われ、大変後悔しています。

遠距離の引越し費用を節約する方法

引っ越しで急ぐトラック

遠距離の引っ越しは引越し業者に頼むと高い!という固定概念をお持ちではありませんか。
もちろん、一般的には高くつきます。
しかし、遠距離の引っ越しを安く済ませるコツがあるのです。

  • 「荷物の乗り合わせプラン」を利用する

荷物の乗り合わせ、いわゆる「混載便」プランを利用することで費用を安く抑えることが可能です。
混載便は1台のトラックに複数名の荷物を載せることで輸送費の負担を軽減しています。
コスパが最高の混載便ですが、同じ地方への荷物が集まるまで出発できないという側面があり、スピード感を重視する方は別の方法を取られたほうがよいでしょう。
また、荷物の取り違えが起こる可能性が考えられるため、荷物のリストを作成しダンボールにわかりやすい印をつけて管理しておくことをおすすめします。

混載便プランを提供する引越し業者

引越し業者名 プラン名 特徴
アーク引越センター ミニ引越し長距離プラン 混載便かつ目安として100km以上の移動距離がある場合に利用
カルガモ引越センター 全国引越しプラン 単身引越混載便は通常価格の60パーセント程度の価格で提供
サカイ引越センター ご一緒便コース トラックが満載になり次第、受付締め切り

 

コンテナ便を利用する

コンテナ便とは、引越し業者のトラックではなく鉄道会社などのコンテナで荷物を運ぶ方法です。
コンテナ便の受付窓口となるのは鉄道会社ではなく引越し業者のため、申込みの際はご注意ください。
トラックでの輸送とコンテナ便を比較すると、コンテナ便をのほうが荷物の破損が起きやすいようです。
コンテナ便を利用する際は、隙間なく荷物を詰めていくことがポイントです。

コンテナ便プランを提供する引越し業者

引越し業者名 プラン名 特徴
アリさんマークの引越社 長距離エコ便 自宅の荷物を駅でJRコンテナに移し替えて輸送
アリさんマークの引越社 長距離リーズナブルパック JRコンテナに直接荷物を積載し、コンテナごと新居へ輸送
日通 鉄道・海上コンテナ輸送 独自の輸送ルートで業界最安値を実現

遠距離引越しを安くしたい!費用を抑えるコツとオススメ業者をご紹介

エアコンの移設は高額オプション?

一部地域を除き全国各地で活躍するエアコンですが、エアコンの移設を無料で行っている引越し業者は殆どありません。
また、金額を調べようにも引越しの見積を取らなければいけない業者が多い印象です。

引越し業者名 金額
サカイ引越センター エアコン取り外し3000円から、取り付け7000円から
カルガモ引越センター エアコン着脱15800円
アリさんマークの引越社 要見積もり
アート引越センター 要見積もり
ハート引越センター 要見積もり
ケーエー引越センター エアコン取り外し5000円から、取り付け7000円から
多くの引越し業者は明確な金額の提示はなく、見積もりが必要なようです。

不要な家具と家電を処分したい!お得に不用品を処分する方法とは?

引っ越しを安く済ませる為に捨てる女性

引っ越しにおいて、今まで使用していた家具や家電が必要なくなることはよくあることです。
そんな不用品をわざわざリサイクルショップに持っていくのも手間ですし、粗大ゴミに出そうとしても処分料を取られてしまいます。

しかし、多くの引越し業者は「不用品回収サービス」を行っているため、自分で不用品を処分するよりも引越し業者に依頼したほうがお得なのです。
不用品を無料で引き取る業者や不用品を買い取ってくれる業者がいるため、不用品が出る場合は引越し業者のオプショナルプランを利用することをおすすめします。
例えば、年数が新しくキズが無い不用品は買い取りへ、キズや汚れ・変色がある不用品は無料引取を行っている業者を利用すると引越し費用を抑えることが可能です。

また、サカイ引越センターやアート引越センターはリサイクルショップやお得なリサイクルショップやショッピングサイトを展開しています。
家電量販店で新たな家具・家電を購入するよりも安く購入可能なことが多いため、利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

引越し業者名 不用品引取サービス 無料引き取り
アーク引越センター 有料
カルガモ引越センター 有料
日通 有料
サカイ引越センター ○(買取査定あり、一部買取不可・有料引取あり)
ハート引越センター ○(買取査定あり、一部有料引取あり)
ヤマトホームコンビニエンス ○(買取査定あり、一部有料引取あり)

引っ越しの初期費用を安く抑えるためには?

引っ越しを安く済ませれて満足する女性

引っ越しは新居の契約や引っ越し業者の予約、家具家電の買い替えなどで家計に大ダメージを与える出費の連続です。
引っ越し業者を利用するにあたり、初期費用を抑えることができる簡単な節約術あるのをご存知でしょうか。

 

その節約術こそ「一括見積」を利用することなのです。
繁忙期でも予約ができて引越し費用が一番安い業者を探すことができるほか、業者間での価格競争を生み、考えられないような安値を提示されることがあります。
数千円でも安くなれば、浮いたお金でご挨拶回りの手土産を購入できますよね。

頻繁に引っ越す筆者が必ず利用するのが「引越し侍」です。
同じ荷物の量でも、複数社で見積もりを取ると価格に差が出るため、それぞれの見積額を材料に値引き交渉を行っています。
3日後の引越しで一括見積を利用した際、急な予約であったにもかかわらず【5000円】の割引を受けることが出来ました。
お仕事がお忙しい方もメールで相談可能なため、まずは利用してみてくださいね。

まとめ

今回は引っ越し費用の節約術をご紹介しました。
費用の節約には混載便やコンテナ便を利用するほか、一括見積もりサイトを利用する方法があります。
自力で引っ越しをすると、体力の消耗はもちろんのこと荷物の破損が起こる可能性がゼロではありません。
信頼できる引越し業者を一括見積でお安く見つけてみませんか。

 

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら

518x70 suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら

518x70