引越しの手紙の書き方。返事や友達や家族など近しい人にはどう書く?

引越しをしたら時には他人に引越ししたことについて、報告をしなければならないこともあります。
今回の記事では引越しの挨拶の手紙やメールについて、誰に送るべきなのか、どのような内容にするべきかなど、視点を当てて詳しく解説していきます。

引越しをしたら手紙を書かないといけない?

引越しをしたら手紙を出さないといけないかどうかは、個人次第です。
昔は出す方が多かったようですが、今ではそれはほとんど減っていて、個人の状況次第になっているようです。

最近ではメールで済ませることが多い

最近ではメールで済ませるパターンも多いです。
メールで済ませる場合、新住所を報告しないで「〇県に引越した」と報告するだけの方も多いようです。

引越しの手紙の書き方と文例

会社関係や取引先の関係者など、改まった相手に送る手紙は言葉遣いも丁寧さが求められます。
以下に例文を記載します。

【改まった相手向け】

拝啓 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、このたび、以下の住所に転居いたしましたのでご報告申し上げます。〇〇(土地について紹介する簡単な文章)
近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
敬具平成〇年〇月〇日住所、電話番号、名前

友達や同級生など、親しい間柄に送る手紙はそれほどかしこまる必要はありません。

【親しい間柄向け】

〇〇(季節の挨拶)
〇〇(新居周辺の環境に関する簡単な紹介)
近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
〇〇(相手に関係のある挨拶文章を1つくらい入れる)平成〇年〇月〇日住所、電話番号、名前

手紙は印刷して皆に送っても失礼にはならない?

基本的に引越しの報告の手紙を印刷して皆に送っても失礼になることはありませんが、できれば自分の名前や、相手の住所や名前については手書きで記入するほうが好印象です。

引越しは何かと準備に負担がかかるものです。印刷で楽をしても問題はありません。

テンプレートを使用するのもあり!

最近では可愛らしいテンプレートも多数登場しています。
ダウンロードして自分でテンプレートとして使用することもできるので、そういうのが好きな方はぜひ試してみてください。
もちろん印刷ショップにお願いするという方法も使用できます。

引越しのメールの書き方

引越しメールの書き方については、かしこまった相手に送る場合は、先に記載した文例を基にメールでも同じ文章で問題ありません。

親しい関係の相手に送る場合はもっとフランクに送っても良いことがほとんどです。
最近では、新年の挨拶もLINEで済ませることが多くなっているので、引越しの挨拶に関しても友達同士ならそれほど気にする方はいないかと予想できます。
友達が神経質だったり礼儀を重んじる気質でない限りは、フランクなメールでも良いのではないでしょうか。

けっきょく手紙とメールならどちらが良い?

手紙とメール、挨拶には2通りの手段がありますが、引越しの挨拶ではどちらが良いのでしょうか。以下でチェックしていきましょう。

送られるほうも気楽なのはメール

引越しの挨拶を受け取る側としても気楽なのは「メール」による挨拶、報告です。
手紙だと最近は、あまり頻繁には用いられなくなりました。
形ある手紙スタイルだと、受け取る側も個人情報の扱いが手間になる可能性があります。

しかし、会社関係など、礼儀を重視しなければならない間柄ならそれでも手紙のほうが無難だといえます。

礼儀を重視するなら手紙

手紙にするかメールにするか判断に迷ったら相手との関係性を考えるようにしましょう。
長い付き合いの友達なら、かしこまった手紙が突然届いたらびっくりしてしまう可能性が高いですが、逆に会社の上司などにフランクなメールを送ってもびっくりしてしまう可能性が高いです。

礼儀を重視しなければいけない関係なら手紙、フランクな関係ならメールという風に判断していきましょう。

ママ友や会社の仲間には何かしら連絡したほうが良い?

ママ友や会社の同僚、同期といった間柄の、いわゆるそれほど親しくない関係性の相手に対しては、手紙もメールも基本的に不要です。
ママ友への送付を考える方は家族との引越しというのが基本ですが、会社の仲間に連絡するか迷う方の中には、女性の単身引越しというパターンも多いはずです。

女性の単身世帯は、よほど親しい関係の相手や家族以外には住所を知らせないほうが安心です。
この場合は上司に対しても同様です。

フリーランスとして働いていて、事務所兼住居として暮らす場合は関係先に住所を連絡しなければならないかもしれませんが、そうではないなら基本的には親しい間柄か家族以外には教えないほうが安心です。
個人情報なので管理は徹底しましょう。

手紙は友達に書く場合、少し遅れてもいい?

親しい間柄の友達に手紙やメールで報告する場合、多少報告が遅れても問題ありません。
また、逆に引越し日よりも早くに連絡しても問題ありません。
その場合は〇月〇日に入居予定と、文章の中に混ぜておくようにしましょう。

職場に出す場合、部下には出さずまとめてもいい?上司には出すべき?

先ほど、女性の単身世帯の場合は基本的に会社関係には手紙やメールで住所を報告しないほうが安心という旨を記載しましたが、それ以外の場合は、会社での役職にもよりますが、必要そうなら出すようにしましょう。

出す相手の基本は上司です。部下にはよほど緻密に連絡を取り合わなければならない仕事の場合を除いて、出さなくても問題ありません。

基本的に会社の仲間に報告しなくても、引越しをすれば会社には報告をしているはずです。
どうしても住所の把握が必要になる事態になれば会社が管理しているデータで住所は調べられるので、あえて上司に出しておく必要性は最近ではあまり重視されなくなっていて、個人の判断に任せる部分が大きくなっているようです。

新居に引越したら招待を出す?

新居に引越しをしても招待はしなくて良いといえます。
よほど親しい友達なら、そういうこともあるかもしれませんが、そうではない相手なら気を遣って呼ぶ必要はありません。

結婚したら結婚も同時報告すべき?

結婚によって引越しをする場合は、結婚報告をするのもありですが、最近では結婚報告に手紙やメールを送る若者はだいぶ減っているようです。
結婚相手と相談して、相手の仕事柄報告をしたほうが良い場合を除き、基本的には結婚報告は重要ではないといえます。

手紙には自分の写真も添えるべき?

手紙に自分の写真を添えるかは、個人の好みによります。
そういう手紙が好きであれば添えても良いでしょうが、そうではないなら文章や、あとはイラストだけで充分です。

場合によっては写真をもらった相手も困ってしまう可能性があるので、写真を添えるなら相手との関係性を考えることが大切になるといえます。

「まとめ」引越しの連絡は親しい人だけにしよう!


今回は引越しの報告の手紙とメールについて視点を当てて、詳しくご紹介しました。
引越しの手紙やメールは最近では送る方が少なくなっているようですが、それでも送ることはあるようなので、相手との関係性を考えながら対応していくようにしましょう。

FacebookやTwitterなど、SNSが発達している現代では、わざわざ報告の連絡をしなくてもSNS上で友達に伝わることが多いので、報告はあまり重視されなくなっているようです。

もし、手紙やメールが必要そうな場合は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes