引越しには荷物の搬出搬入を引越し業者に依頼するお金以外に、賃貸物件を借りて引越すなら初期費用が必要になります。

初期費用は一人暮らしの物件でも数十万円くらいかかることが普通です。
日本は初期費用が高いことで知られている国です・・・あまり気軽には引越しができません!

少しでも引越し費用の相場、そして節約しやすくなるテクニックを知っておくことで、引越しでお財布が大打撃という事態は避けられるかもしれません。
今回の記事では、引越しで意外と見落としがちな「仲介手数料」に視点を当てて詳しくご紹介していきます。

仲介手数料とは

仲介手数料は文字通り仲介する手数料です。
日本の物件は不動産会社が賃貸物件を紹介して契約することが一般的です。
そして、不動産会社に仲介してもらった手数料を支払います。それが不動産会社の利益になります。

賃貸物件の仲介手数料の相場はどれくらい?

仲介手数料の相場は家賃の100%とという不動産会社が多いです。
しかし、最近になってこの流れは変わってきているようです。
先進国の中でも日本の初期費用は高いことは知られるようになっていて、最近では時代に合わせて初期費用が全体的に、昔より安くなってきている傾向にあります。

その傾向もあってか、最近の仲介手数料は家賃の50%というところもあれば、仲介手数料が無料のところもあります。
仲介手数料が無料でも、大家さん側が礼金を代わりに不動産会社に支払うなどの背景があり、不動産会社は損をしないようになっているようです。

転勤が多いと引越し貧乏になりやすい?

転勤の回数が多いと、人によっては負担になるようです。
「人によっては」という理由は、転勤の場合、転勤の補助費用を出す会社が多いからです。
全ての費用を100%負担してくれるかどうかは会社にもよりますが、転勤の回数が多くても会社勤めで会社の補助制度がしっかりしていると自分のお財布にはあまり関係ないようです。

逆に、会社に補助制度がないのに転勤が多ければ引越しでお財布が大打撃になる可能性があります。
これから初めて転勤をするという方は、会社に補助制度について確認しておきましょう。

独身の場合の転勤の引越し手当の相場はいくら?会社はどのくらい負担してくれる?

ちなみに、転勤にあたって初期費用を全額会社に負担してもらえるような場合でも、精算は後からになる可能性があります。
つまり、後から会社がお金をくれるとしても、先に自分の財布から出さないといけません。
会社員になって転勤の可能性がある場合は、引越しが1回できる分くらいの貯金を確保しておくと安心です。

国家公務員は引越し貧乏?

国家公務員は福利厚生が良いことで知られていて、だからこそ人気の職業でもあります。
そんな国家公務員は引越しに関連する手当も手厚いことが多いです。
規定はあるようですが、それでも割としっかり出るので、引越しにあたり贅沢をしないようにすればほとんど賄えることが多いです。

国家公務員の場合はこのように引越しでの手当ても手厚いことから、引越しでお財布に大打撃という自体が発生する可能性はそれほどないといえます。

一人暮らしで引越し貧乏にならない方法

これから一人暮らしをする予定の方で、引越しでのお財布の大打撃を避けて安心の新生活を迎えたい方に、おすすめしたいポイントについて、以下で詳しくご紹介していきます。
引越しの初期費用は頑張れば節約していくことも可能です。

仲介手数料が半額の不動産会社も増えている

まず、仲介手数料が家賃の100%ではない不動産会社を選ぶというのは、最も効率の良い初期費用の節約方法です。

例えば家賃が50,000円の物件で、仲介手数料が100%なら、仲介手数料は50,000円です。
しかし、家賃が50,000円の物件で、仲介手数料が50%なら、仲介手数料は25,000円です。

50,000円と25,000円は大きな違いがあります。

また、もし家賃が100,000円の物件なら仲介手数料100%は100,000円になり、大きな負担になります。
仲介手数料半額以下の不動産会社を探すことは節約で最も効率が良いといえます。

仲介手数料半額以下の物件はどうやって探せばいいかというと、最初からそれを売り出している不動産会社に行くか、インターネットの賃貸物件検索サイトで、物件から調べていくしかありません。

仲介手数料が無料の不動産会社もある!?

先ほど、仲介手数料が半額の不動産会社について触れましたが、実は仲介手数料無料の不動産会社もあります。
こちらについても賃貸物件検索サイトを根気よく探せば見つかりますが、仲介手数料無料までの条件に絞ると、物件数は少なくなります。

時々、不動産会社がキャンペーンで仲介手数料無料を打ち出すこともあります。

働いている企業と提携している不動産会社だとお得になることも多い!

会社によっては不動産会社と提携していることがあり、たまに社員なら仲介手数料が無料になったり半額になったりすることがあります。
会社によるので、社内のイントラネット等で確認してみてはいかがでしょうか。

ネットの賃貸情報サイト経由だと割引してくれることもある!

インターネットの賃貸物件検索サイトから物件の内見を依頼すると、そのサイトから申し込んで契約すれば初期費用が割り引かれることがあります。
例えば、仲介手数料が本来なら家賃の100%のところ半額になったり、キャンペーンで1ヵ月フリーレントになったり。
意外に侮れません。

賃貸物件を探す時、飛び込みで不動産会社に行くという方は多いかもしれませんが、できればその前に一度賃貸物件検索サイトで気になる物件をチェックして初期費用が安くなる物件か確認しておくと良いかもしれません。
初期費用が安くなるかどうかは、検索条件で絞り込んで探すことができます。
あとは、物件情報の詳細をみると記載されていることがあります。

仲介手数料は油断していると高額になる可能性あり!注意が必要!

仲介手数料は家賃が高ければ高い程上がることが自然です。
家賃100,000円の物件で、仲介手数料100%なら100,000円もの大金が仲介手数料としてかかってきます。

まずは自分が希望する家賃の額が高いようなら、仲介手数料も上がることを認識して、仲介手数料を安くしたいなら安くしてくれる不動産会社を探すようにしましょう。

仲介手数料を節約できれば初期費用がけっこう変わる!

仲介手数料を節約することができれば、引越しに関連した初期費用をしっかり安くすることも可能です。
仲介手数料を節約するためには、丁寧な情報収集が大切です。
しっかり対応して、安い引越しを目指しましょう!

「まとめ」仲介手数料が安くて信頼できる不動産会社を探そう!


いかがでしたか。
今回の記事では、引越しの初期費用の中の仲介手数料に視点を当てて、詳しくご紹介しました。

賃貸物件を契約する際、不動産会社に支払わなければいけない仲介手数料は、けっこうな額が必要になることが多いです。
それによって引越しに関連した初期費用が大幅に変わることがあります。
引越しに関連した初期費用を安く抑えるには、仲介手数料が安めに設定されている不動産会社を探すと、効率が良いといえます。

まずは、不動産会社に入店する前にインターネットの賃貸物件検索サイトなどで物件から探してみるという方法もおすすめです。
事前の準備をしっかりと行うと、快適で満足度の高い引越しを目指しやすいです。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




当サイトで書いた引越し見積もりサイトの詳細ページです。
上記で紹介したもの以外の引越し見積もりサイトも紹介してます。

キャンペーンが豊富なズバット引越し
ズバット引越しはキャンペーンが比較出来て口コミがいい?メリットとデメリット

ダンボールがもらえるLIFUL引越し
LIFULLの引越しの見積もりと料金相場

電話営業なしの引越しならsuumoの引越し
匿名でできる!SUUMO(スーモ)の引越し見積もりの口コミとは?

テレビCMで話題の引越し侍
引越し侍の評判と口コミ!見積もりを徹底解剖.インターネットキャンペーン