引越しは何かと大変です。
荷造りと準備に荷解きと片付け。時間もけっこうかかりやすいです。
効率良く、スムーズに対応できたら嬉しいですよね。

引越しについては、便利グッズを確保しておくことで効率良く、スムーズに対応していくことが可能です。
今回の記事では、引越しの際の便利グッズに視点を当てて、何を持っておけば良いかなど詳しくご紹介していきます。

引越しの荷造り道具

引越しの荷造りに便利なアイテム

引越しの荷造りに便利なアイテムは、引越し業者からもらえるものと、自力での確保が必要になるものの2パターンあります。

引越し業者にもらえるもの

引越し業者にもらえるものといえば、基本的な梱包資材です。

格安引越しを売りにしているタイプの引越し業者だと、梱包資材の無料提供がない代わりに他の引越し業者よりもグッと安い料金で引越しサービスを提供していることもありますが、通常の引越し業者は最近では無料提供が定番化しています。
ダンボール、ガムテープはもらえることが多いです。
この2つは引越しの必需品。無いと引越しはできなくなるので、しっかりと必要量確保しておくようにしましょう。

自分で用意しておくと便利なもの

引越し業者にはもらえないけど、自分で用意しておくことで引越しが断然便利になるグッズも色々と存在しています。
可能であれば、事前に確保をおすすめします。

ビニールヒモ

引越しの荷造りの際、雑誌や漫画や本を束ねるのに役立ちます。
新聞紙などの不用品を処分する際も、ビニールヒモで束ねるのが必須です。荷造りにも処分にも、何かと活躍してくれる意外な便利グッズです。

冷蔵庫用の小分けケースやカゴ

100均で売っているような冷蔵庫の調味料向けの小分けケースやカゴもあると便利です。
あとは、使い方にもよりますが、リモコン用のケースなんかも便利です。
冷蔵庫の調味料はバラバラになりやすいですが、調味料向けの小分けケースに入れて梱包することで、ダンボールの中でぐちゃぐちゃになることもなく、新居で荷解きした際の片付けがとても楽になります。

その他の小分けケースやカゴも、使い方によって色々と代用できるのでチェックしてみても良いかもしれません。

書類用の収納ケース

こちらも100均で普通に売っているグッズです。
書類用の収納ケース。
透明のものだったり色付きだったり種類はありますが、用意しておくと書類の梱包に便利です。
かさばったり、混ざったりしやすい書類も、混ざらずきれいに保管できて見栄えも良く梱包も楽になります。

結束バンド

こちらも100均で普通に売っています。
結束バンドは延長コードやその他の電化製品のコードを束ねるのに役に立ちます。

チャックがついているビニール袋

小さい小物類は、チャックが付いたビニール袋に入れておくと、バラバラになったりどこにいったかわからなくなったりといった展開の可能性を減らせます。
引越しの荷造りの際に用意しておくと何かと便利です。

ハンディラップ

ハンディラップはサランラップ的な要領で巻いて固定するために使える便利グッズです。
本や雑誌といった書籍類が多い方の荷造りにおすすめです。

圧縮袋

圧縮袋の定番といえば、布団圧縮袋。
引越し業者の通常プランなら大抵の場合布団袋も提供してくれますが、布団圧縮袋があることで布団がぺちゃんこに、コンパクトになり、トラックに積める荷物量がアップするのでおすすめです。

ぬいぐるみなんかも布団圧縮袋でコンパクトに輸送できるのだとか。

とはいえ、今布団圧縮袋を持っていない方の場合、わざわざ買う必要まではないです。
布団圧縮袋も購入すればそこそこするので、既に持っている方は上手に活用する!くらいの感覚でいましょう。

その他引越し当日に特に役に立ちやすいのも

ここまでご紹介したのは、引越しの荷造りの際に便利なグッズでしたが、続いては、引越し当日にあると便利なグッズについて確認していきます。
こちらも用意できる方は、事前に用意しておきましょう!

引越しのとき布団はどうまとめる?梱包方法と送料まとめ

軍手

引越し当日はダンボールを運んだり、開封したりと何かと手が荒れやすいです。
手を守るためにも、スムーズに開梱作業などをするためにも、すべりどめの軍手を用意しておくと便利です。

お掃除する際にも軍手をはめたままのほうが気持ち的に、隅々までお掃除しやすいかもしれません。
引越しの際は何かと役に立つ存在です。

カッター

引越しのダンボールは、荷物を梱包したあとガムテープで封をするのが一般的です。
そして新居について室内に運んだら、ガムテープをはがして開梱しますが、その際、手ではがしていると手が荒れてしまったり、軍手を使用していてもなかなかガムテープからはずせなかったりすることがあります。

そこで活躍するのがカッターです。
カッターがあれば、ガムテープにスムーズに対処できます。

ただし、注意点もあります。
カッターを使う際は、中身を傷付けないように注意しましょう。

それから、自分の手を切らないように安全に使用しましょう。これについても軍手をはめているほうが安心です。

ゴミ袋

ゴミ袋は引越し当日の必需品です。
できれば荷造りした荷物の中にしっかり入れておいて当日どこに入っているかわかるようにしておくか、または、当日に購入して確保しましょう。

引越しの荷解きをしているとゴミが出やすいです。
ガムテープもそうですし、細かいゴミや緩衝材やら色々とでてきます。
そのようなものを集めるゴミ袋が必要です。

引越し先の地域によっては、旧居の地域で使用できていたゴミ袋と違うものが使われている可能性もあるので、念のためチェックしておくほうが良いかもしれません。

お掃除用のシート

これも引越しの荷物の搬入日にあると便利なグッズです。
お掃除用のシート。
最近ではトイレ用のものや、キッチン用のものや、床用のものや、ガラス拭き用など、幅広いお掃除用のシートがあります。

入居する物件が賃貸の場合は、基本的に入居日より前に清掃が入っていますが、築年数が古かったり前の住人が退去して日が浅い等の理由があると、それほどきれいになっていないこともあります。
そのようなことになっても、お掃除用のシートがあれば簡単に掃除ができて気付いたところをすぐ拭き掃除できるので便利です。

当日は色々なお掃除用のシートを用意しておくと、良いかもしれません。
お掃除用のシートは、どこに入れたかわかるようにして荷物の中に梱包するか、当日に購入して持っていくかどちらかで対処しましょう。

また、自分の手拭き用のウェットティッシュ等も意外と活躍してくれることがあります。
例えば、人によっては搬入日当日に、引越し業者が来るまで荷物の無い部屋で待って時間を潰し、ご飯をそこで食べるということもあります。
そのような場合、荷物が来ていない段階では手洗い石鹸もないはずなので、ウェットティッシュが役立ちます。
ウェットティッシュは荷造りして荷物の中に入れるのではなく、当日自分のカバンに入れておくようにしましょう。

「まとめ」引越しの荷造りは便利グッズでらくらく対応しよう!


いかがでしたか。
今回の記事では引越しの際に役立つ便利グッズについて、詳しくご紹介しました。
引越しは何かと手間がかかり準備も大変ですが、便利グッズを使用することで効率が良くなる期待ができ、スムーズに引越ししやすくなります。

これから引越しをする予定がある方は、ぜひ引越しの便利グッズの活用をご検討ください!
しっかりと対応して、快適な引越しを目指していきましょう!

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes