引越しの荷造りで疲れる。ストレス解消方と風邪を引かない為に行う事

引越しは日常の中の非日常です。
家の中の家財道具や小物類全てを荷造りして住むところを移すなど、普段はなかなか発生する事態ではありません。
だからこそ発生してしまうのが「疲労」です。
慣れないことをすると疲れるのが普通。

ということで、今回の記事では引越し疲れの対策や原因に視点を当てて詳しくご紹介していきます。

引越しの荷造りは疲れる!?引越しで体調を崩すことは珍しくない!?

引越しは大人でも疲れます。
疲れてしまうことで、引越し直前から翌日くらいまでの期間は体調を崩しやすい期間でもあります。

このタイミングで体調を崩してしまうと、せっかくの新生活のスタートが台無しです。
引越し疲れによる体調不良は疲労による風邪のような症状だったり、実際に風邪を引いたりといったものです。

引越し疲れによる風邪については特に子どもは注意!

引越し疲れによる風邪については、特に子どもには注意が必要です。
子どもは大人ほど引越しというものを最初から理解しているわけではありません。突然訪れた新しい場所、コミュニティでの新生活に戸惑い情緒不安定になることも珍しくありません。

精神的な不安定さが免疫力を下げて風邪を引くという可能性もありますし、何より情緒不安定なために体調を崩す可能性もあります。
子どもがいるご家庭は忙しくても、新生活にあたって子どもの様子を小まめに伺うようにしましょう。

春でも夏でも関係ない!オールシーズン体調には注意!

引越し疲れによる体調不良は、大人も子どももオールシーズン関係ありません。春でも夏でも崩しやすいです。
「風邪が流行る季節の引越しではないから大丈夫」と、考える方もいるかもしれませんが、春でも夏でも体調は崩す可能性があります。どの時期の引越しも丁寧にしっかりと余裕を持ってて準備を進めながら行うようにしましょう。

引越しで「鬱」になる?新生活への不安で体調を崩すことも

引越しによる疲労で、体調を崩すのはよくある話ですが、環境の変化によって新生活へのストレスや不安で体調を崩すことも珍しくありません。
これは子どもも大人も同じように珍しくないことです。
家は心落ち着く場所ですが、新居に慣れるまでは慣れない場所での緊急状況が継続しているイメージ。それはストレスが溜まって当たり前です。

このような系統の、いわゆる引越し「鬱」はよくある症状です。
大抵の場合はすぐに収まります。
しかし、中にはそのまま本格的に引き摺ってしまう方もいるので、引越し鬱にならないように、できるだけ精神的に落ち着きを心掛けたり、無理しすぎたりしないことが肝心です。

引越しについて、マイナスのことを考えてしまいそうになったら、意識して明るいことを考えましょう。

引越しの荷造りでは腰を痛めやすい?

引越しによる体調不良で中年以上の方に多いのが腰の不調です。
引越しの荷造り等で重い荷物を持ったことによるぎっくり腰など。これは、時々発生すること。基本的に無理しすぎないことで可能性を減らすことができます。

引越しの荷造りをするときはできるだけ荷物をたくさん入れたダンボールを持ち運ばないように心掛けましょう。
持ち運ばなくても押したり引きずったりすることで荷物は動かせることがほどんどです。
持ちあげると腰を痛めるリスクが上がるので、重い荷物があるなら、その荷物は基本的に引越し業者に搬出や搬入を任せてしまうのがベストだといえます。

引越し業者のスタッフとしても腰を痛められると何かと負担がかかってきます。
そうなるよりは、頼ってもらうほうが引越し業者としては、やりやすいといえるのではないでしょうか。

引越し疲れで風邪を引かないために意識したいこと

引越し疲れで風邪や体調不良を引き起こさないために意識して気を付けたいことについて、以下にポイントをご紹介していきます。

準備は早めに余裕を持って!

引越しの準備をついつい後回しにしていると、直前に一気に準備時間を確保しなければいけなくなります。
そうなると体力的な負担も大きくなります。
まとまった疲労の蓄積を避けるためにも、準備は早い段階から計画性を持って進めていくようにしましょう。

前日と当日の睡眠はしっかり取ろう

引越し当日は体力を使います。
通常の引越しプランなら、基本的に引越し業者が荷物の搬出と搬入をしてくれますが、それでも気を遣ったり、何かと手伝ったり、あとは引越し後に荷解きなどで何かと体力を使います。

体力面の消費に備えて睡眠はしっかりとっておくようにしましょう。
引越しだと朝一なら9時前に引越し業者が来ることもあると思います。早寝して睡眠時間を確保するのがおすすめです。

最初から荷物の片付けに無理をしすぎない

引越し後すぐに新しい職場でのお仕事が始まったり、学校が始まったりといった急なスケジュールになる方もいるかもしれません。
その場合は特に、早めのお片付けを意識してしまいやすいですが、最初から無理しすぎないことが大切です。
最初から全部片付けようとはせずに、疲れたら休む。これを大切にしましょう。

引越し「うつ」の対策はとにかく焦らないこと!

引越し後、新生活への不安や、環境への変化のようなものと肉体的な疲労感が相まって発生しやすい引越し鬱。
引越し鬱への予防策は、とにかく焦らないことです。
早く片付けようと焦らないのはもちろん、環境に早く馴染もうと焦る必要もありません。

環境の変化があれば、人間関係も変わってくることがあります。そうなると緊張して当たり前です。むしろ緊張を一切しないという方はなかなかいません。
緊張は気付かないうちに肉体や心の負担になることがあります。

焦らず、休む。これを徹底して、知らず知らずのうちに負担を感じてしまいやすい肉体と心を守るようにしましょう。

引越し後にできる疲れ改善対策

引越し当日を無事に終えて「疲れたな~」と感じた時、疲れ改善対策を実施するのがおすすめです!
以下では引越し後にできる疲れ改善対策をご紹介していきます。

引越した後に荷造りの疲れがとれない人は温泉へ!

荷造り疲れで肩こりや疲労感が強い方は、温泉がおすすめです!
引越し先に地域によっては県内に温泉があるということもあります。そのようなときは気分転換も兼ねて温泉に足を運んでみてはいかがでしょうか。

近隣に温泉がない場合はスーパー銭湯を利用するというのもおすすめです。
また、都市ならビジネスホテルで大浴場があるところもあり、そのようなホテルでは入浴のみの利用ができる場合もあります。

このような温浴施設はぜひチェックがおすすめです!

整骨院よりおすすめはドクターストレッチ!

引越し疲れの解消法として、人の手に頼るという方法です。
肩こりといえば整骨院のイメージがあるかもしれませんが、整骨院は保険適用ではない場合、意外と費用がかかることもあります。
もっと気軽に通うなら、ドクターストレッチもおすすめです。

また、もみほぐしなんかもおすすめです。
最近ではクイックマッサージを低料金で提供しているお店もあるので、通いやすくなっています。

スケジュールにおわれてしまう引越し!1ヶ月から一週間でスケジューリングは無理がある!

引越しが決まってから当日まではやることが山積みになりやすいです。
荷造りから手続きまで、様々な「やること」があります。
だからこそ、例えば「1週間以内に全て終わらせる!」などと考えたら、窮屈なスケジュールになってしまいます。

引越しの準備は焦れば焦るほど、バタバタして疲労感が出てきやすいもの。
準備は余裕を持って取り掛かるようにしましょう。
基本的に引越し業者は引越し予定日の3ヵ月前から、予約を受け付けていることが多いですが、さすがに3ヵ月前から準備とはいかなくても1ヵ月半前くらいには準備について考え始めると楽ができるのではないでしょうか。

引っ越し前にやらなきゃいけない手続き一覧!やるべきことリスト付

引越し業者に荷造りの見積り依頼をすることは可能?

引越しの疲労感を軽減する対策として、おすすめなのは引越し業者に荷造りを依頼するプランを利用することです。
最近では、大手の引越し業者はもちろん、地域密着型の引越し業者でも、荷造り対応プランを用意していることが増えています。

荷造りをプロに任せて楽できるという内容です。時間の有効活用にも繋がるので、おすすめです。
ただし、このプランはその分料金が、シンプルなプランより高くなります。
費用面があまり気にならない方にはおすすめですが、節約したい方は見積り金額を聞いてから考えるようにしましょう。

引越し日当日に風邪を引いたらキャンセルしないといけないの?

引越し当日に風邪を引いてしまった場合ですが、軽い風邪ならそのまま引越しを行いましょう。
しかし、高熱だったり、風邪が悪化していて布団から出られない状況という場合にはキャンセルするほうが無難です。
仮に引越しの最中に倒れてしまっても大変です。

どうしてもキャンセルする場合は早めに予約を取りなおそう

引越し業者にキャンセルする場合、当日だと見積り金額の100%を請求されることが多いです。
こちらについては、依頼している引越し業者と相談するようにしましょう。

もし、風邪が治った後で再度引越しを同じ引越し業者に依頼するなら、その代わり取り直した引越し予約の料金を割引いてくれる可能性が高いので、まずは相談がおすすめです。
また、キャンセル後は予約も比較的融通してくれることが多いようです。

「まとめ」引越しで体調を崩さないように注意しよう!


今回の記事では、引越しによる体調不良や引越し鬱に視点を当てて、対策や疲労感の解消方法について詳しくご紹介しました。
引越しはある意味非日常なことです。
知らず知らずのうちに意外と疲労が蓄積されるので、早め早めに対処していくようにしましょう。

体調管理やケアをしながら引越しをしっかり乗り切って、新生活を気分爽快に迎えるようにしましょう!

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes


テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら

コメントをどうぞ