引越しの際に避けて通れないことといえば「荷造り」です。
普段は家財道具を全て梱包する機会はそうそうありませんが、引越しの際は全てを梱包しなければならないので「これってどうやって梱包したらいいの?」と、悩んでしまうアイテムもあるのではないでしょうか。

その中の1つで時々挙げられるのが「炊飯器」です。
日本の家庭では定番の家電ですが、あえて日常生活で視点が当たることは少ない縁の下の力持ち的な家電でもあります。
そんな炊飯器の梱包にちょっと迷ってしまうという方もいるかもしれません。

そこで今回は炊飯器の梱包を中心に解説します。

引越し炊飯器

炊飯器の梱包は自分で行うの?

格安を売りにしている引越し業者に依頼すると少し違うこともありますが、通常の引越し業者に依頼した場合、荷物については大型の家具家電は引越し業者が引越し当日に梱包してくれます。
それ以外の小物類や洋服については、事前に自分で荷造りして準備をしておく必要があります。

炊飯器については、大型家具とはいえません。ということで、基本的には自分で梱包する家電ということになります。

引越し業者に炊飯器の梱包を依頼することはできる?

家電については自分での梱包ではなく引越し業者に全て任せたいと感じる方もいるかもしれません。
炊飯器について引越し業者に任せたい時は、その気持ちを正直に伝えてみたら基本プランの料金内で対応してくれることもありますが、基本的に梱包のオプションに申し込むか、そもそも最初から梱包もセットになったプランに申し込む必要があります。

引越し業者に梱包を依頼する場合には注意しなければならないポイントがあります。
まず、炊飯器だけを梱包するわけではなく、炊飯器を含めて全体的に引越し業者のスタッフが梱包していきます。

そのような対応をする分、引越し料金については通常の引越し作業だけの場合より上がる傾向にあります。

リーズナブルに抑えたい、とにかく安く引越したい派の方にとっては、梱包は引越し業者に任せず自分で行うほうが良いといえます。

サカイ引越センターの梱包サービスは便利

料金が変動しても、梱包サービスを利用したい場合ですが、サカイ引越センターがおすすめです。
サカイ引越センターには引越しニーズに合わせて豊富なプランがあり、梱包サービスに対応しているものもあります。

しかも、サカイ引越センターは、顧客満足度ランキングで常に上位にくるような人気の引越し業者で、作業の丁寧さやてきぱきさは広く知られています。
口コミでの評判も良いです。
大切な家財道具を梱包してもらう以上、信頼感が大切になりますが、その点、サカイ引越センターならピッタリといえるのではないでしょうか。

【サカイ引越センター】サービスや料金プランを徹底解説!

大手で知名度抜群、そして顧客満足度の高いサカイ引越センター。
炊飯器を含めた家財道具の梱包を依頼したい方は、まずは問い合わせだけでもおすすめします。

全国展開していて、全国各地に拠点があり近距離引越しにも長距離引越しにも対応しているので、全国どこからでも依頼しやすいのも嬉しい特徴です。

長距離引越しを安くしたい!費用を抑えるコツとオススメ業者をご紹介

梱包サービスは他の引越し業者のほうが良い?

上記ではサカイ引越センターをご紹介しましたが、梱包サービス自体は実は他の様々な引越し業者でも珍しくありません。
サカイ引越センター以外にも実力派といわれていたり、顧客満足度ランキングで上位にきていたりするような引越し業者ももちろんあります。
どこも魅力的ではありますが、とりあえずサカイ引越センターに依頼しておけば、満足度の高さには期待できるのではないでしょうか。

炊飯器の梱包を自分で行うときはどうしたら良い?

引越し業者の梱包サービスを利用せず、自分で炊飯器の梱包を行うことにした場合ですが、炊飯器は家電なので壊れないように梱包や扱いは多少意識をしておいたほうが安心です。

引越しの炊飯器は段ボールにいれていい?

引越しの際、炊飯器は基本的にダンボールに入れる方が多いです。
例えば大きめのカゴなどに入れて運ぶことも、可能ではありますが炊飯器を安全に運ぶためにはダンボールのほうが適しています。

炊飯器1点のみで1つのダンボールを使用しても良いですし、他の小物類と一緒にダンボールに詰めても良いです。
これについては個人の好みによってわかれてきます。

炊飯器1点のみでダンボールを使用する場合に特に注意したいのは、ダンボール内のスペースを空けないように意識することです。
引越し当日にダンボールを持ち運ぶ際、揺れる可能性があります。
ただ揺れるだけなら良いですが、ダンボール内で炊飯器がぶつかると衝撃がかかるので、できればあまり動かないようにスペースを埋めていきましょう。

あとは、炊飯器を詰めてダンボールの封をしたあと、ダンボールの目立つ位置に「コワレモノ」とマジックで記載しておくか「コワレモノ」の目印のシールを貼っておくようにしましょう。
そのように目印になるものがあると、引越し当日、引越し業者のスタッフも把握してくれて丁寧に運んでくれます。

炊飯器の梱包にあると便利なグッズ

以下では、自分で炊飯器を梱包する場合の方法や、あったほうが便利なものについてご紹介していきます。

緩衝材

引越しの荷造りであったら便利なものとして頻繁に挙げられるのは緩衝材です。
炊飯器は家電なので、緩衝材を使用してくるんであげたり、ダンボール内の隙間につめたりして、持ち運びの際の衝撃を緩和するやり方もおすすめです。

緩衝材については入手できなければ、バスタオル等でも代用することは可能です。
あれば便利なアイテムとしてご紹介しました。

コンセントをまとめる結束バンド

炊飯器は家電なのでコンセントが付いています。
炊飯器によってはコンセントが長めのものもあるかもしれませんが、結束バンドでまとめておけば、ダンボールの中がぐちゃぐちゃしないで済みます。

結束バンドは100均でも売っているのでリーズナブルに入手することができます。

炊飯器は壊れやすい?

炊飯器は電化製品なので、衝撃はあまり与えないほうが良いです。
とはいえ最近のものはそこまで壊れやすくはないです。念のため衝撃を与えないようにしっかり梱包するといったイメージです。

万が一引越し業者のスタッフの扱いによって炊飯器が壊れた場合は補償してもらえますが、自分が壊してしまった場合については補償がないので、丁寧に、大切に扱うようにしましょう。

炊飯器以外にも何かしら家電があるはずですが、自分で梱包する小型の家電についても炊飯器同様、丁寧に、大切な扱いを心掛けるようにすると安心です。

「まとめ」小型の家電も丁寧に梱包しよう!


いかがでしたか。
今回の記事では、引越しの際の炊飯器の梱包に視点を当てて詳しくご紹介しました。
炊飯器については基本的に自分で梱包することが多いです。
引越し業者に梱包サービスを依頼する際には、安心できる引越し業者を選ぶようにしましょう。
今回ご紹介したサカイ引越センターは、信頼感もあり実力派の引越し業者なので、おすすめです。

自分で梱包する際には、衝撃があまりかからないようにしスペースを調整したり、ダンボールに目印を付けて丁寧に運んでもらうようにするなど、対処していきましょう。

大切な家電を安全に丁寧に運んで、しっかりと引越しをしていきましょう。
引越しの荷造りは大変なこともあります。引越しが決まったら引越し業者選びと荷造りは、早めに準備に取り掛かるようにするのがおすすめです!

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes