引越しシーズン真っ只中です。
日本国内で引越しする方はもちろん、海外に引越しをする方も多いのではないでしょうか。

転勤や留学などで初めて海外に行く場合は特にわからないことだらけではないでしょうか。
海外は日本国内とは事情が違うので、引越し先の国に精通した引越し業者に依頼するほうが安心です。

そこで今回ご紹介するのは、海外引越しに対応している引越し業者の中でも知名度が高い大手の「日通」です。
日通の海外引越しの特徴や魅力などをみていきましょう。

日通海外引越し

日通には海外引越しのプランがあるの?

日通というと国内引越しのイメージが強いかもしれませんが、実は海外引越しにもしっかりと対応しています。
しかも、国内引越しだけではなく海外引越しの評判も良いです。

日通は大手で人材の確保もマニュアルもしっかりしているため、何かと手続きが複雑な海外引越しについても、てきぱきと対応してくれます。

海外引越しの場合、国によって関税手続きはバラバラです。
基本的には引越しで持っていく家財道具には関税がかからない国が多いですが、中にはかかってしまう国もあります。
各国の状況に合わせて書類を作成したり、手続きを進めたり、そのように対応は変化しますが、日通は海外引越しにも慣れているプロフェッショナルだからこそ、支持されて選ばれることが増えています。

ちなみに、日通では「ご家族相談会」という、海外駐在をすることになったご家族向けの相談会も紹介しています。
アドバイザーが親身になって相談に乗ってくれるので、初めての海外駐在で不安を感じているご家族がいる場合のケアにもピッタリです。
このように細かい点まで心配りがあることも、日通の魅力といえるのではないでしょうか。

単身・家族・留学引越しもお任せ!

海外に引越しをしなければならない事情は、単身の海外赴任、家族を連れての海外赴任、留学やインターンシップ、ワーキングホリデーなど、現在は様々ありますが、どのような事情でも日通に相談すれば親身になって対応してくれます。
引越しに関連したアドバイスや、国内の宿泊施設の手配まで対応してもらうことが可能なので「海外に行くことになったけど右も左もわからない」という方にも、日通の海外引越しはおすすめです。

最適なプランニングをしてくれて、スムーズな海外引越しに期待できます。
まずは、見積り依頼や相談だけでも受け付けてくれるので、興味がある方はぜひ日通に連絡してみてくださいね。

日通の海外引越しは船便で運ぶの?それとも航空便?

日通の海外引越しは船便にも航空便にも対応しています。
どちらを選択するかどうかは、状況に応じて変動します。できるだけリーズナブルに抑えやすいように、そして引越しのスケジュールに最も適すように、見積り依頼や相談を受けてから日通では最適な引越しの内容を構成します。

例えば、海外へ行ってすぐに使う必要がある荷物については、航空便で早めに、それ以外の荷物は船便でといった風に、ベストな状況になるように調整していきます。

日通には世界6大州(北米、中南米、アジア、欧州、オセアニア、アフリカ)に拠点があるので、海外引越しを取り扱っている引越し業者の中では特にネットワーク上位にくるといえるのではないでしょうか。

「引越し先がけっこう日本国内では知名度の低い国」という場合でも、まずは日通に相談してみてください。
引越しの内容を含めて、色々とアドバイスをもらえることが多いです。

ダンボールのサイズはどうなるの?

ダンボールは海外引越し専門のサイズのものを使用する必要があります。
日通の海外引越しで船便のプランを選択していると、梱包資材については、引越しの基本料金の中に含まれているので安心してください。

それ以外の状況でも、ダンボールについては日通側からアドバイスがあったり、手配してもらったりすることも可能です。

引越しの必需品のダンボール。
特に海外引越しだと、確保できないと不安に感じやすいですが、日通ならしっかり手配に対応しています。
ダンボールに限らず海外引越しに関連することは様々対応しています。

日通の海外引越しの口コミや評判が知りたい!

日通の海外引越しの口コミ数は、国内引越しの口コミ数ほど多くはありませんが、全体を通して高評価を獲得しています。
海外引越しに関連してはサポート体制の充実が特に満足度に繋がっているようです。
日通の場合は、引越しが決まってから海外に行く前はもちろん、海外に行ってからのサポート体制もしっかりしています。

そのような安心感と、大手の信頼感もあって、日通の評判は良いです。
海外引越しは特に不安が付き物なので、日通のように信頼できるところに任せるようにしましょう。

料金について

行先の国や状況によって、海外引越しは特に料金面で差が出やすいです。
そのため、まずは自分の状況に合わせて見積りをしてもらうようにしましょう。

海外引越しが決まり、行先の国がわかったら、まずは気軽に見積り依頼からスタートしましょう。
確定料金が出れば安心です。
留学はともかく、海外駐在になる場合は会社側から引越し料金は全額支給されることがほとんどです。会社で、引越し料金を精算してもらう方法等はしっかり確認して準備しておきましょう。

見積りはどうやって依頼するの?

日通の海外引越しに見積り依頼をするなら、まずは日通に連絡をしましょう。
日通のホームページから連絡が可能となっています。

見積り依頼をする際には行先の国の把握と、荷物量の把握をしておきましょう。
家財道具全てを海外に持っていくという方は、実は意外と少ないようです。大抵の方は日本に荷物を一部残していくのだとか。
持ち家があるならそこに置いておいたり、実家が使えるなら実家に荷物を運んでもらったり、あとはトランクルームを利用するという方もいます。

海外引越しは国をまたぐ分、国内引越しと比べると料金面は高額です。
引越し料金は荷物の量でも変動していくので、できれば余分な荷物は海外に運びたくないという方は多いようです。
リーズナブルに抑えたい派の方は、この点も意識して「持っていく荷物」「持っていかない荷物」を振り分けておきましょう。

海外引越しではトランクルームに荷物を預けることもできる?

海外引越しでは、トランクルームに荷物を預けることが珍しくありません。
そして、日通でもトランクルームに対応しています。
トランクルームに興味がある方は、まずは気軽に日通に相談してみてください。

また、日通のトランクルームを利用せずに、専門業者のトランクルームをレンタルする方もいます。長期滞在なのか短期滞在なのか、また、預ける荷物の量でもどこがリーズナブルに抑えられるかは変動しやすいので、トランクルームの利用を考えている方は、日通はもちろんそれ以外の専門業者にも併せて利用料を確認するようにすると安心かもしれません。

食品を輸送することはできる?

日通の海外引越しでは基本的に食料品の輸送も可能です。
食料品はしっかりとダンボールに入れておきましょう。

行先の国にもよりますが、特に初めての海外引越しだと日本食が恋しくなるという方が多いようなので、できればレトルトの日本食などは持っていくようにすると安心かもしれません。
最近では海外でも日本食や調味料を購入することはできますが、やはり海外だと価格設定が高額です。
引越しの料金内で、最初にある程度持っていくと節約にもなります。

食料品にも種類が色々ありますが「これはダンボールに入れても大丈夫?」と感じるタイプの食料品については、日通側に確認するようにしてください。

「まとめ」日通の海外引越しでスムーズな新生活を目指そう!


いかがでしたか。
今回の記事では、大手で知名度抜群の「日通」の海外引越しに視点を当てて、特徴や魅力を詳しくご紹介しました。
日通の海外引越しは海外に行く前から海外に行った後まで親切丁寧に、しっかりと対応してくれて、全体を通して海外引越しのサポート体制もばっちりです。海外引越しのダンボールについて、それから海外に持っていくと便利なものについてなど。幅広く、質問や相談にも乗ってくれます。

大手特有の信頼感もあり、海外引越しの評判は良いです。
特に海外引越しは関税の条件など、バラバラなので情報通の引越し業者に任せたいものです。日通の海外引越しは、その点非常に強みがあるといえます。

日通の海外引越しが気になる方は、まずは見積り依頼や相談から始めてみてください。
海外引越しの準備は早め早めで行っていくようにしましょう。
日通の海外引越しを利用すれば、初めての海外生活もきっと通常より不安少なく始めやすいのではないでしょうか。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら

suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら

引越し達人セレクト

引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら

lifulhomes

コメントをどうぞ