東京から沖縄引越し
転勤や進学等、様々な事情で超長距離引越しをすることになる方もいます。
例えば、東京から沖縄。東京-沖縄の引越しは、移動距離が超長距離な引越しの中ではけっこう良くある組み合わせです。
また、最近では都会生活を辞めて沖縄で海を観ながら起業したり自由業をしながら生活する道を選ぶ方もいます。
超長距離引越しの中では意外にも身近かもしれません!

そんな東京と沖縄の引越し。
距離が離れている分、引越し料金が高くなることを覚悟している方も多いのではないでしょうか。
実際にどのくらいの費用がかかってくるのか、対応しているおすすめの引越し業者はどこか等。今回は東京―沖縄間の引越しに視点を当てて詳しくご紹介していきます。

東京・関東~沖縄の引越し費用相場

東京-沖縄間の引越し料金(単身世帯)

閑散期(5月~1月) 繁忙期(2月~4月)
50,000~150,000円 80,000円~200,000円

※引越しは単身世帯でも荷物量がバラバラなので、上記はあくまでも目安です。
荷物量によっても料金面が変わってくるので、金額には開きがあります

あくまでも目安ですが、基本的には安くないと考えて大丈夫です(これから東京-沖縄間の引越しを予定している方は最初から安上がりだとは思っていないかもしれませんが・・・)

家族引越しなら30万円行くこともある!?高額なのは覚悟が必要?

家族引越しをする方の家族構成や荷物量は世帯によって違いがあるので、あくまでも目安ですが、例えば4人世帯で一般的な家具家電の量だとしても東京―沖縄間の引越しを「繁忙期(2月~4月末までくらい)」に行えば30万円くらいかかることは珍しくありません。
30万円。都内のそこそこの一人暮らし用物件の初期費用くらいなら賄えてしまうくらいの大金です。
会社の転勤で引越し費用が会社から支給されるならまだしも、これだけの大金を自腹で支払うのは負担が大きいですよね。

東京―沖縄間の引越しを自腹で行う方は、物件を準備するのにかかる費用以外に、引越し業者に支払う費用についても準備が必要です。

東京・関東~沖縄の引越しは単身パックならコンテナがお得?

東京-沖縄間のように超長距離引越しの場合は鉄道のコンテナを利用して荷物を輸送することもあります。
そのようなプランはリーズナブルになるかに可能性が高めです。
まずは、見積りの段階で引越し業者が提示する内容を確認してみても良いかもしれません。

飛行機で荷物を運ぶプランもある?

空輸を利用する引越ししプランもあるようです。対応しているか、どのプランで引越しを行うかは業者によって様々です。
こちらも見積りの段階で引越し業者が提示する内容を確認してみても良いかもしれません。

トラック貸切りだとやっぱり高額なの?

引越し内容としては、トラック貸切りで自分の世帯の荷物だけを運んでもらうのが定番かつ人気ではありますが、東京―沖縄間のような超長距離引越しだと、それにかかる高速代やガソリン代、スタッフの人件費等、様々な費用がかさんでいくため、高額になりやすい傾向はあります。
(もちろん絶対ではありません)

近距離引越し~中距離引越しなら良いですが、超長距離引越しならトラック貸切り移動はあまり向いていないといえるかもしれません。
到着時間も、トラックだと時間がかかる可能性があります。

どうしてもトラック貸切り希望ということであれば、引越し業者のスタッフと相談してみてくださいね。

引越し費用を節約するためのテクニック

引越し費用は東京―沖縄間のような超長距離引越しになると高額になりやすい傾向にあるのは仕方ありません。
その中でもどうやったらリーズナブルにできるのかどうかについて見ていきましょう。

混載便や公共交通機関利用など引越し業者のプランを使って節約!

引越し業者の中には、同じ行先の他の案件の荷物を載せてトラックで運ぶ混載便や、トラックではなく公共交通機関を利用して荷物を運ぶプランが用意されていることがあります。
そのようなプランを利用すれば、費用を少し節約できることが多いです。
引越し業者によっては対応していないこともあるので、要確認ですが、混載便や公共交通機関を利用したプランは大手と呼ばれる引越し業者なら対応していることが多いです。

不要な荷物は処分して荷物量を減らす!

東京―沖縄間で引越しをする際、荷物量が少なければその分引越し業者が提示する見積り金額も値下がりする可能性があります。
あまりにも処分しすぎて引越し後に新しいものを購入すると、結果的にマイナスになってしまうので「確実に不要だと思われる荷物」や「買い替えが必要な荷物」に的を絞って処分し、引越しにあたって引越し業者が対応する荷物量を少なくするようにしましょう。

処分する量によっては、大幅に安くなる可能性も出てきます。

不要な漫画や家具家電は売って節約!

不要なものを処分してスッキリさせれば、持っていく荷物が減るので安くしやすくなります。不要なものをゴミとして処分する方法でも良いですが、もしそれが売れそうなものなら、とりあえず何でも売ってしまうのがおすすめです。

例えば、漫画やCDやDVDのようなものは売りやすいです。
有名どころだと、まんだらけは店頭買取以外に「宅配買取」「出張買取」にも対応しているので気軽にどんどん売りやすいです。
まんだらけの漫画買取の評判とは?少女漫画やセットで買取だと高い?

家具や家電なんかもリサイクルショップの中には出張買取に来てくれるところがあります。

ちなみに古着やぬいぐるみでも、状態が良い場合は売れることがあります。
買取王子の評判や口コミは最悪?引越しで服やぬいぐるみなどの不用品を査定
買取王子は送付用の箱を無料で届けてくれて、荷造りが終わると配送業者が取りにきてくれるので便利です。
しかも、売れるものが幅広いので、「とりあえず不要なんだけど売れそう」と感じるものは査定に出してしまうのがおすすめです。

不要なものを売ってお金がもらえれば、自分にも環境にも嬉しいことですよね。
そのお金を引越し費用に充当すれば安く引越しできます!

引越し見積一括比較サイトを活用して節約!

不要なものを処分したり、売ったりして引越し費用の安さに繋げていく方法以外に、こちらもおすすめです。
こちらは処分するものが何もなくても誰でも気軽にできる節約テクニック。「引越し見積一括比較サイト」の利用です。

引越し見積一括比較サイトとは、名前やメアド、旧居住所や新居住所、荷物量等、必要情報を入力すると、同時に複数の引越し業者に見積りを依頼できるサービス(サイト)です。
賃貸情報サイトのSUUMOが運営している引越し見積一括比較サイト等。知名度が高いサイトから、利用者からの満足度が高い便利なサイトまで最近では色々あって、引越しをする予定の方の強い味方となっています。
最近では引越し見積一括比較サイトを利用して引越し業者を探す方が増えました。

理由は入力が一度でも複数社に見積りが依頼できて効率が良く、さらに安くなる期待ができるから。
どうしてただ引越し見積一括比較サイトを利用するだけで安くなる期待ができるのかというと、引越し見積一括比較サイトを利用すると、複数社に同時見積りを依頼できるからこそ、各社の競争があります。

引越し業者を探している方は「安い引越し」を重視していることも多いので、各社とも「他と契約されるなら値下げしよう」という発想に繋がりやすい傾向にあるからです。
実際に、引越し見積一括比較サイトを利用したことで引越し業界の相場の50%オフの費用で引越しできた方もいます。
これは活用しない手はありません!
引越し見積一括比較サイトは誰でも気軽に利用できるかつ、手間も省けて節約テクニックとしてはおすすめなので、興味がある方はぜひ試してみてくださいね。

東京から沖縄への高速料金。自分で引越す場合

中には長距離引越しでも、引越し業者を通さない自力引越しという道を選択する方がいます。
東京-沖縄間の引越しだと超長距離引越しになり、さらには海を挟んで本州と距離があります。実際のところ、それでも自力引越しをすることにメリットはあるのか・・・というと、基本的には「無い」といえます。

まず、本気で車で東京から沖縄へ行こうと思うと、高速料金だけでも数万円はかかります。
最近では格安飛行機も登場しているので、選ぶ航空会社によっては、自分で車を運転して行くより飛行機を利用するほうが移動料金が安上がりになる可能性が高いです。

さらに東京-沖縄間ほど超長距離移動になると1人の運転で数日で移動完了させるのはなかなか難しいです。
「連休で東京から沖縄まで車で旅行してきた」なんて話を聞いたことがある方は滅多にいないのではないでしょうか。その背景には、自分で車を運転しての移動は非効率かつ料金面でも全然お得ではないという理由があります。

つまり、自力引越しも(超近距離引越しなら別ですが)東京-沖縄間の話になると、メリットが全然ないといえます。

赤帽で引っ越すと料金はいくら?

最初に単身世帯の場合の引越し料金の目安について記載しましたが、あちらでご紹介したのは一般的な引越し業者に依頼した場合です。
「格安引越し」を売りにしている引越し業者に依頼すれば、料金名はけっこう変わる可能性があります。
格安引越しを提供している引越し業者の中も高い知名度を誇るのが「赤帽」ではないでしょうか。

「赤帽を利用して東京―沖縄間の引越しも安くできたら良いな」と考える方は多いかもしれませんが、赤帽は東京―沖縄間の引越しに対応できない可能性が高いです。赤帽は一般的な引越し業者と違い、個人事業主が契約して赤帽として引越しを担当しているという仕組みです。
そのため、長距離引越しも行先によっては難しいことがあります。
特に東京―沖縄間の引越しなら対応していない可能性が高めです。

ちなみに、視点を変えて、逆に対応している引越し業者を探してその中で安い引越し業者を探すほうが効率は良いかもしれません。
先ほどご紹介した引越し見積一括比較サイトは、安い引越し業者を探すことができます!

東京から沖縄への引越しにおすすめの引越し業者

東京―沖縄間の引越しは引越し業者選びが大切です。
あまりにも距離がありすぎて、引越し業者によっては引越しに対応できないこともあるからです。
しかし、いわゆる全国に拠点を持つ大手の引越し業者ならその点は大丈夫。
超長距離引越しをする予定の方は、大手を中心に探してみると良いです。

サカイ引越センター 全国対応で拠点が多く超長距離引越しも安心
アート引越センター 大手で安心かつリーズナブルで知名度が高い。安くしたいならおすすめ。
アリさんマークの引越社 対応に対する評判が良い!丁寧な引越し作業を希望する方と相性が良い。

超長距離引越しは荷物搬出から数日後に荷物搬入になることもあるので、引越し業者側としっかり事前打ち合わせをしましょう!

沖縄の地域密着引越し業者

沖縄の地域密着型の引越し業者の中にも、予約の空き状況次第で超長距離引越しに対応してくれることがあります。
この場合は沖縄―東京への引越しに利用するのがおすすめです。

例えば沖縄の地域密着型の引越し業者「沖縄配送」は県外への引越しにも対応しています。
行先が東京となると、条件が厳しいので事前にしっかり確認しましょう。

沖縄には沖縄配送以外にも高品質なサービスを提供し、リーズナブルで地域密着型の引越し業者がありますが、地域密着型の引越し業者だと魅力はたくさんあるものの超長距離引越しに対応できないことも珍しくないので、事前の確認が大切です。

「まとめ」事前に情報収集してしっかり準備しよう!


今回の記事では、東京―沖縄間の引越しに視点を当ててご紹介しました。
東京―沖縄間のように超長距離引越しになる場合は、選引越し業者によって料金が変動することも珍しくありません。引越し業者選びで「自分は何を重視するか」を明確にして探すようにすると、満足度は高くなりやすいです。

できれば引越し見積一括比較サイトを活用して、自分と相性の良い引越し業者を探してみるようにしましょう!
ちなみに引越し見積一括比較サイト経由だと料金交渉もしやすい傾向があるので、抵抗ない方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

しっかり準備して、快適な新生活を目指していきましょう!

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes