事務所のビジネスマン

居住用の引越しと事務所の引越しは新しい場所に移動するという点では同じに見えますが実は全く違います。居住用の引越しであれば、自分、家族のことくらいを考えれば良いですが、事務所の引越しだと新事務所のレイアウト、内装・設備工事、不用品の処分など検討しなければいけないことが多々あります。
今回は、法人事務所の引越しについてお話したいと思います。

法人事務所の引越し費用

法人事務所の引越しをする作業員

法人事務所の引越しする際の費用については、まず、退去の為に現在の事務所の原状回復費用、新事務所への入居の為に不動産仲介手数料、預託金・保証金、などが必要となります。
次に引越しの費用についてですが、事業所の規模や業種によって様々な為、その引越し業者の見積もり次第となります。
引越しで掛かる費用は、荷物の運搬、事務所のレイアウト、内装・設備工事、不用品の処分となります。荷物の量が多い、事務所のレイアウトが複雑で配置に手間が掛かる、インターネットの設備がないので設置が必要、大量の不用品が出るとなると料金は上がります。

法人事務所の引越し手続きの方法

引越しの手続きについては、まず退去する事務所の管理会社、オーナー等へ解約の申入れを行います。このとき賃料の支払いに関係しますので解約予告期間の確認が必要です。そこで退去に関わる原状回復について打合せを行います。
次に、移転先の選定、契約を行います。移転先が決まれば、引越しに関わる打合せ、事務所移転に伴う官公庁への届け出、取引業者への連絡、社印等住所変更等行います。
新事務所の内装、設備工事の完了予定に合わせて、引越しのプランニングを行い、引越しとなります。

見積もりはどうやって出せばいい?

法人事務所の引越し費用の見積書

事務所の引越しについては、事務所引越し専門の引越業者へ見積もりを依頼した方が価格も安く済み、引越しの段取りもスムーズにいきます。
インターネットで事務所専門の引越業者を検索し、直接依頼する方法が一般的ですが、現在では、事務所引越し専用の引越し見積もり一括サイトもあるのでそういったものを使うと良いでしょう。

事務所の引越しの時に近所に挨拶は必要? 何か祝い品を送った方がいい?

法人事務所の引越しで祝い品を渡すOL

法人事務所の引越しの場合は、引越し先の状況にもよります。
大手企業などビルごと移転する場合やワンフロアを借りる場合ですと特に挨拶する必要はありませんが、同フロアに企業が複数入っているテナントに引越しする場合であれば、少なくとも両隣の会社、出来ればそのフロア全社に挨拶に行く方が良いでしょう。
ある程度の規模のテナントビルの場合は、消防訓練などの年中行事もあり、顔を合わせることもありますので簡単な挨拶はしておく方がテナントビル内の情報も入ってきやすくなります。
では、挨拶の際に祝い品は必要かという点ですが、会社が負担する場合は持っていけば良いですが、負担してくれない場合は特に必要ありません。会社でサービス品や試供品などがあればそういったものでしょう。

法人事務所の引越しにも一括見積を使い、安く引越しをするのが便利でしょう

1分で出来る引越しの一括見積もり

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら

518x70 suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら

518x70