引越しバイトについて

引越しバイトは「きつい」というイメージが定番ではないでしょうか。
今回は、実際に引越しバイトを経験した筆者が、個人的な見解のもと、引越しバイトの魅力や特徴、そして逆に辛かったこと等を詳しくご紹介していきます。

引越しバイトはきつい?きつすぎって本当?

先に結論から述べると「きつい時もあるけど世間で認識されている程はきつくない」というのが率直な感想です(※あくまでも筆者の感想です)

引越しバイトはいじめがある?怒られる?

どのような業種でも、いじめがあるところにはありますし、ないところにはありません。
いじめについては「引越しバイト」だからというより、勤務する営業所次第です。

最近では引越し業者もセクハラやモラハラには非常に厳しいので、社内で嫌な思いをする心配は基本的にしなくて良いです。
どうしても気になるなら、面接の時にさりげなく従業員の雰囲気をチェックしましょう。

女性でも高校生でもバイトできるの?

引越しバイトは女性でも高校生でもできます。それどころか実はけっこう歓迎されます。
女性は男性よりも手先が器用で梱包上手な方が多いです。大手の引越し業者だと、食器や家財道具を梱包するプランを取り扱っているところも多いので、細かい作業ができる女性は必要です。

高校生は、特に男性だと体力があるので重宝されます。

引越しバイトの内容!出勤してから一日の流れ

引越しバイトに出勤したら、まずは制服に着替えます。制服は貸し出し。クリーニング代等は負担してくれる引越し業者が多いです。
引越し業者によっては、初回に給料天引きで安全靴を購入する必要があるところも。安全靴の相場はだいたい1,000円~2,000円です。

引越しバイトの必須アイテムは以下の通り。

・軍手
・カッター
・黒のマジック
・飲み物
・勤務時間によっては昼食

特に体を使う引越しバイトは、水分補給はしっかり行うようにしましょう。ベテランの方や長期勤務で働いている方だと、レッドブルやリポビタンといった飲み物は定番です(エナジードリンクは飲みすぎに注意です)

あとは、引越し業者の営業所は周りに食事するところやコンビニが無い立地ということも珍しくないので、昼食はできれば勤務前に用意しておくようにしましょう。

持ち物を準備し、制服に着替えたら、トラックを運転する従業員は飲酒チェッカーを使い必ずアルコールチェックをクリアしないといけません。トラックを運転しない従業員ならこちらは不要です。

勤務開始時間が朝なら、ミーティングでその日の予約状況や割り振りをチェックします。
ちなみに出勤時間が昼からの場合は、引き継ぎノートで確認したり、営業所の事務の方に確認したりします。

1.移動はトラックで!日払いバイトや単発バイトなら先輩が運転してくれる

トラックに当日必要な養生セット等を詰めて、営業所からお客様先へ行きます。
ちなみに初日から運転させられることは、まず無いと考えて問題ありません。免許を持っていて長期勤務希望なら、いずれは運転する日も来るかもしれませんが、最初のうちは先輩が運転してくれて、助手席に乗る形が定番です。

日払いバイトや単発バイト、春休み期間の短期バイト等の場合は会社的にはすぐにいなくなる従業員なので、大切な荷物を運ぶトラックの運転を任せるようなことはありません。

ちなみに、長期勤務を希望する場合で、免許を持っていなくても助手席に乗ってお客様先に行けるので、免許は必須ではありません。

2.荷物を運んだり養生したり

お客様先への移動所要時間は、バラバラです。近距離引越しならすぐに着き、長距離引越しなら数時間かかる可能性もあります。

お客様先に到着したら、まずはチャイムを鳴らしお客様と対面します。その際、トラックを運転する立場の従業員が(仮にバイトだとしてもある程度の役職で、様々な研修も受けている)名刺を渡し挨拶します。

一緒にいるスタッフも名刺を渡すかどうかは、引越し業者によって差がありますが、基本的にトラックを運転していないスタッフは名刺を渡さずに、そのまま名前を名乗って挨拶します。

挨拶が終わったら、運ぶ荷物の量を再確認。
そのあと養生をして壁や床が傷つかないようにしたら荷物を運び出します。
その際、荷物には引越し業者専用のシールを貼り、事務の方が作成した数字と荷物名が記載されたリストを見ながら、マジックで該当の荷物に同じ数字を記入していきます(理由は後述します)

3階建てのマンション等だと、エレベーターが付いていないものも多いです。その場合は階段を上り下りして運び出します。
最初はきついかもしれませんが、新人のうちは軽いものを中心に任せられることが多いので、少しずつ慣れていくことができます。
体を動かすからか、だんだんと爽快感が湧いてくることも。

荷物を全て運び出してトラックに乗せたら、養生の跡片付けをして、お客様に挨拶しトラックに乗ります。

3.営業所に戻ったら荷物出しとチェックを行う

お客様が引越しをする物件の距離が、旧居と近い場合は荷物をトラックに乗せてそのまま引越し先に行き、今度は荷物を出す作業をします。

しかし、長距離移動が必要になる場合は一旦、引越し業者の営業所(引越し業者によっては事務所ということも)に戻り、荷物を出して倉庫にしまいます。

先ほど、荷物に数字を記入すると触れましたが、そちらの数字と荷物リストの数字を、トラックから荷物を下ろしつつ、確認します。
数字が割り振られた荷物が全て揃っていて、相違なければそのまま倉庫に保管します。
そして後日、改めて確認してトラックに荷物を載せて、引越し先に荷物を運び引越し作業をすることになります。

4.予約状況次第で次のバイトへ

上記でご紹介した内容が、引越し作業の一連の流れとなります。

そのあと、別の予約が入っている場合は新しいお客様先へ向かいます。
次の予約まで空き時間がある場合は、基本的には従業員同士でお喋りしたり、タバコを吸ったり、飲み物を飲んだりして少し休憩する時間にすることが可能です。

引越しバイトは、きついイメージが強いかもしれませんが、実は意外と作業していない時間帯があります。
繁忙期になるとまた違いますが、意外にも勤務時間中にオンとオフがはっきりしています。

引越しバイトをして良かった点について

一連の流れを確認したところで、続いては引越しバイトをして良かった点について、筆者の個人的な感想をもとにご紹介します。

1.引越しバイトは意外と休める時間や作業しない時間がある!

先ほども少しご紹介しましたが、意外にも引越しバイトは働き通しになることは少ないです。トラックに乗っている間は、荷物を運ぶ等の作業はしませんが時給は発生しています。接客をしているわけではないので、この時間はけっこう楽です。

また、予約と予約の間に空き時間が空くことも珍しくありません。空き時間は休憩することが可能です。

2.意外にも女の子がいて出会いがある!

引越しバイトは男性の職場というイメージがつきものかもしれませんが、意外と女の子がいます。
若い女の子は、お客様先で男性に交じって作業するので、どちらかというと派手な子が多め、サバサバしている子が多めです。性格はさっぱりしてるので、話しているとけっこうおもしろいです。

3.学生なら春休み期間は友達もできやすい!

学生の春休み期間は引越しの繁忙期。
単発バイトや短期バイト含めて、普段より大量にバイトが集まります。春休み期間は必然的に従業員同士の出会いが多く、男性なら同性の友達はできやすいです。

この期間中は学生の女の子のバイトも増えるので、出会いには少し期待できます。

4.真剣に取り組めば痩せる!男性ならお金をもらって筋トレできる!

引越しバイトは体を使って荷物を運ぶので、自然に運動、筋トレになります。ある程度たくさんご飯を食べても動いている分、太りません。肉体改造を目指している!という男性にはおすすめです。
逆に女性の場合ですが、女性は比較的軽い荷物を任され、梱包作業が中心になりますが、それでもシェイプアップに期待できます。

お金をもらって運動できる。そういう考え方をするとなんだかおいしいバイトのように感じます!

5.日払いに対応している引越し会社も多い!

これは引越し業者にもよりますが、大手であれば、単発バイト等で入らなくても比較的日払いに対応しているところが多いです。
金欠な時期が続いているなら、日払い可の引越しバイトを探してみるのもおすすめです。地域にもよりますが、引越しバイトは他のバイトより時給が良いことが多いです。

6.制服があるから出勤時の服装に制限は少ない

引越しバイトには制服があります。
出勤してから着替えるので、出勤時の服装には細かい制限はありません。

引越しバイトをしてみて感じた注意点

引越しバイトの良かった点についてご紹介しましたが、どのような仕事にも向き不向き、相性があります。

続いては、引越しバイトでありがちな注意点についてまとめてみます。

1.荷物を預かるから身分証明書が必須!高校生なら保証人も!

引越しバイトは、お客様の大切な荷物を預かります。高価な装飾品や家財道具もまとめて預かるので、バイトする側にも信用が求められます。
面接を終えて採用されて、実際就業する日まで(もしくは初日)に身分証明書のコピーを提出することは、基本的に必須です。

高校生でバイトをする場合は、未成年なので何かあったときに身元を保証してくれる保証人の署名も必要になります。

2.香水などは基本的にNG

引越しバイトはお客様の自宅に訪問し、家の中にも入るので香水やヘアトニック等の香りには注意しなければなりません。
引越しバイトをする際は、香りものは汗をケアする制汗スプレーまでにしましょう。

3.ピアスやアクセサリーも基本的に禁止

お客様の中にはどんな引越し作業員が来るのか不安に感じている単身の若い女性や、ピアスやアクセサリーに馴染みのないご年配の方もいます。
全てのお客様が不安を感じずに引越しを終えられるように、バイト中はピアスやアクセサリーを外し、幅広い世代に対する第一印象を良くしましょう。

4.挨拶や礼儀正しさは必要!

大切な荷物を預かるからこそ、お客様に対してきちんと挨拶したり、礼儀正しく喋ったりすることは必須です。

ある程度知名度のある引越し業者であれば、現場に出る前にマナーについて一通り研修があります。バイトスタート前にマナーについて不安があっても、基本的には入ってから教えてもらえるから大丈夫です。

5.行く先によっては散らかっていることもある

引越しバイトで担当する家庭によっては、室内が散らかったままだったり、すごく荒れていたりする場合もゼロではありません。
筆者の引越しバイト経験では、そのような家庭に当たったことはありませんが、当たったという話を聞いたことはあります。

サカイのバイトは現場数がおおい!

引越しの「サカイ」は、引越し業界での知名度が高く人気があります。また、長距離引っ越しにも対応しているということから、特に繁忙期には予約が集中します。
必然的に現場数も多く、繁忙期は特に忙しいことが予想されます。

忙しいと大変かもしれませんが、従業員への研修もしっかりしてくれて雰囲気も良いので、引越しバイトをするならサカイはけっこうおすすめです。

引越しバイトを探すならバイトルがおすすめ

引越しバイトは、春に近くなってくると求人数が急増。それ以外の季節も緩やかに年中募集している業種です。
色々な求人サイトで簡単に見つけられますが、バイトルだと比較的たくさん情報が載っている印象です。

検索もしやすくなっているので、住んでいる地域や希望勤務数に合わせて検索してみましょう。

「まとめ」引越しバイトってけっきょくどうなの?

今回の記事では、引越しバイトについて実際に経験した筆者が解説しました。
きつい、つらいといったイメージが先行している業種ですが、実は他のバイトと比べてのんびりできる時間帯もあり、友達もできやすいです。

このように気楽な部分もありつつ、お客様先に出向くわけなので場合によっては散らかったお部屋に出くわすこともあります。

良いところも悪いところもありますが、個人的には、体を動かすことに抵抗がないならおすすめしたいバイトです。
大変なこともありつつ楽しいこともたくさんあります。

また、世間的にきつい、つらいのイメージが定着しているからこそ、長期で勤務していたら「根性がある」「真面目」という評価をしてもらえることも多く、学業の傍ら行うバイトとしてのメリットもあると思います。

引越しバイトを経験してみたいけど、迷っているという方は、とりあえず1回試してみて、そのあとで継続するか考えましょう!
単発バイト等でも頻繁に募集しているので、まずは試してみるのが一番。

応募する引越し業者はサカイのような大手だと安心です!

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes


テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら

コメントをどうぞ