着物処分

着物の処分orリサイクル?どっちがいい?着なくなった母の古い着物は処分すべき?

自宅にあるタンスに眠っているような古い着物。

普段利用する機会が多いのであれば必要ですが、そうでない場合はタンスの中にあるスペースをとってしまい、新しく買ってきた服が収納できないといったこともあるでしょう。

ただ母親や知人などから譲り受けたものであれば、邪魔だからといってすぐに処分するという訳にも中々いかないかもしれませんが、着物自体の保存状態が良くてまだ十分に使えるようであれば、他の人に譲ったりリサイクルに出したりすることで、上手くその着物が活かされるようになるかもしれません。

なのでもう今後ほとんど着用されることがないと思わる着物は、保存状態が良くデザイン的にもさほど古くないようなものであれば、思い切ってリサイクルに出したり、他の人に譲るなどして手放すのも良いでしょう。

そして保存状態が良くなかったり古いものであったりする場合は、断捨離をして処分に出すのも手です。

状態があまり良くなくリサイクルには出せそうにはないけれども、祖母や母親から受け継いだものとして処分はせずに残しておきたいという場合には、着物をリメイクしてもらって可愛らしいスカートに作り変えてもらったり、ポーチやトートバック・タペストリーなどの小物に作り変えてもらったりするのも良いでしょう。

リメイクに関してはプロに依頼する他、手芸が得意な人を見つけて頼んだり、自分で自ら行うのも良いかもしれません。

着物を捨てる方法。どこに処分に出すべき?

穴が開いていたりシワがあったりと状態があまり良くなく古い着物で、この先も利用することはないような場合であれば、リサイクルなどには出すことなくそのまま捨てるのもありかと思います。

着物を処分する方法としては、古布としてゴミに出すと良いでしょう。

古布のゴミの出し方は各地方自治体によって決まっているので、それぞれの自治体のやり方に従って処分を行っていきます。

ちなみに保存状態が良くない着物は他人に譲ったりするにはあまり向きませんが、着物買取専門店に出す場合は、古くて状態が良くなくてもそのモノによっては意外と高値がつくようなケースも考えられます。

なので節約を心がけているような場合は、その着物の状態の良し悪しを問わず、一度買取専門店の方で査定してもらうのも良いかもしれません。

古い着物は寄付すべき?寄付出来る場所一覧

状態はさほど悪くはないけれどもデザインが古かったりするといった場合は、そのまま処分するのではなく寄付をするのもありです。

着物の寄付を募っている団体は日本全国数多くあり、着物をダンボールなどで梱包して宅急便や小包郵便などで送ることで、寄付をすることができます。

着物の寄付をできるところは以下のようなところがあります。

着物の寄付を募っている団体 送り方 活動内容
着物deスマイル 宅配(送付先:宮城県) 高齢者施設や仮設入所者へ着物の着付け、着物を通じた地域交流、被災者の心のケアなど被災地支援
ファイバーリサイクルネットワーク 宅配(送付先:神奈川県) 布の再資源化、環境保全、NGO団体への支援、国内外の被災地支援
セカンドライフ 宅配(自宅まで引き取り可能) 着物などのリユース、発展途上国の子供たちへのワクチン募金活動

(着物以外でも古着・ぬいぐるみ・お人形・食器など様々なモノの寄付が可能)

リボーン・京都 宅配(送付先:京都府) 途上国の人々(主に女性)の経済的精神的自立を支援

女性の地位向上

北海道災害支援リサイクルセンター 最寄りの配送会社から発送(送付先:広島) 国内被災地への資金援助
ワールドギフト 宅配(自宅まで引き取り可能) 発展途上国への物資支援

国内外で活動する団体への寄付支援

(着物以外でも古着・ぬいぐるみ・お人形・食器など様々なモノの寄付が可能)

 

それぞれの活動内容などから、寄付したいと思う団体に着物を送ると良いのではないでしょうか。

着物を買取に出すのもあり?着物の買取を行っているサービス

着物の状態が良かったり、比較的新しいものであれば、買取サービスで買取を依頼することで高額で買い取ってもらえるでしょう。

着物の買取は主にリサイクルショップや着物買取専門店で依頼することができます。

リサイクルショップで依頼する場合は、自宅から割と近くにあれば速攻で現金化できて便利ですが、基本的に買取自体やってもらえないことも多いです。

仮に買取をしてくれたとしても査定が厳密ではなかったりするので、本来高額で買い取ってもらえるはずのものが、安い値段にしかならないことがほとんどです。

一方で着物買取専門店の場合は査定士が着物の相場について分かっており、査定内容もしっかりしているのでちゃんとした着物であれば高額で買い取ってもらうことができます。

つまり着物の買取を依頼する際は、基本的にリサイクルショップよりも着物買取専門店で行うほうが良いでしょう。

ただ着物買取専門店といっても様々な店があり、その中でも良し悪しがあるので、知識がなければそうした専門店を選ぶにも迷ってしまいます。

ここではそんな着物買取専門店を選ぶうえで参考になりそうな、ネット上でも口コミで評判の良い着物買取専門店についてまとめてみました。

優良おすすめ着物買取専門店比較表一覧

以下は買取査定額の高さを始め、各種サービスの質が高いことで定評のある、有名な着物買取専門業者の簡単な比較表です。

着物買取業者名 査定 入金期日 営業日 宅配買取の有無 出張買取の有無 送料
スピード買取.jp 非常に高額(業界ナンバーワン) 非常に早い 24時間年中無休 あり

(出張不可能な場合に対応)

あり

(10:00~20:30まで対応)

無料
買取プレミアム 非常に高額 非常に早い 24時間年中無休 あり

(出張不可能な場合に対応)

あり

(10:00~20:00まで対応)

無料
久屋 高額 普通 24時間年中無休 あり なし 無料
ヤマトク 高額 普通 24時間年中無休 あり なし 無料
福ちゃん 高額 早い 24時間年中無休 あり あり

(10:00~18:00まで対応)

無料
まんがく屋 高額 早い 24時間年中無休 あり あり

(10:00~20:00まで対応)

無料

 

スピード買取.jp

買取査定額に関しては業界でもトップクラスを誇ると言われている、顧客満足度ナンバーワンの着物買取専門店です。

高額買取以外でも出張の際の訪問までにかかる時間や、査定にかかる時間などが非常にスピーディーで、査定士の対応も丁寧だというようにどれをとってもサービスの質が高いと評判です。

 

買取プレミアム

スピード買取.jpに次いで高額買取が期待できるとされる老舗着物買取専門店です。

出張買取では最速30分で可能で、入金までも早いです。

ちなみにこちらで女性査定員を指名できるようになっているので、一人暮らしの女性の方でも安心して出張査定を利用することができるでしょう。

久屋

大手の老舗着物買取専門店で、査定実績が豊富であることや、WEB上での買取に特化しているので運営に必要なコストがカットされる分顧客に還元させられることから、高額での買取が成立させやすくなっているようです。

即日で査定可能ですが、出張買取には対応していません。

現在は期間限定(今だけ)で袷の着物1点以上買取成立したら、全品買取金額20%UPするというキャンペーンが実施されています。

買取キャンセル時はキャンセル料はかからないものの、返送されてくるときの送料をこちらで負担しなければなりません。

ヤマトク

年間10000点以上という豊富な買取実績を持つ着物の宅配買取専門店です。

宅配買取専門なので出張査定には対応していませんが、豊富な買取実績によるしっかりとした査定を受けることができ、査定額の連絡後満足がいけば即日での振り込みも行ってもらえます。

ただ査定額に納得がいかずキャンセルしたい場合は、キャンセル料はかからないものの、返送されてくるときの送料をこちらで負担しなければなりません。

福ちゃん

宅配買取・出張買取の両方に対応している着物買取専門店です。

ほぼ全国で買取可能で、査定をキャンセルしたい場合もキャンセル料などは一切かかりません。

まんがく屋

宅配買取・出張買取・店頭買取に対応している着物買取専門店です。

着物買取以外にも切手・コイン買取・骨董買取・ダイヤモンド買取・金・プラチナ買取・宝石買取など様々なアイテムの買取が可能となっています。

着物はどのようなものが高く売れる?

着物はそのモノの生地の材質や着物の種類、有名産地のものであるかどうか、伝統工芸品や有名作家のものであるかどうかなので、買い取り額が変わってきます。

生地の材質に関しては正絹のものが良く、着物の種類に関しては振袖・訪問着・付下げといったものが高く売れます。

また加賀友禅などといった伝統工芸品であったり、羽田登喜男氏など有名作家さんによる着物だと、大変高額な値段で買い取ってもらえる可能性が大です。

自宅のタンスに眠っている着物が正絹でできていたり、振袖などであったり、伝統工芸品や有名作家によるものである場合であれば、是非着物買取専門店で一度査定してもらうと良いでしょう。

着物は大阪や京都などの伝統のある地域の方が高く売れる?

大阪や京都を始め名古屋や福岡など着物の流通量が多く、着物の買取も盛んに行われているようなところでは、他の地域と比べても高く売れる傾向にあるようです。

こうした地域の店舗の中にはインターネット上のWEBサイトというものを持っておらず、ネットから買取依頼することができないところもあったりするので、これら地域に住んでいる場合で着物買取を行いたい場合は、少々面倒ですが実店舗に足を運んで査定をしてもらいに回るのも手です。

処分はやっぱりもったいない。引越しで着物を持っていきたい場合の着物の梱包方法

引越しの際にあまり着物を着る機会はないけれども、処分するのはやはりもったいないので、新居先でも他の荷物と一緒に着物を送る場合に気を付けておきたいのが着物の梱包に関してです。

着物を梱包する時に梱包材の中にぐちゃぐちゃに入れてしまうとシワができてしまいますし、ビニール袋などに入れておかなければ水濡れによって汚れてしまうことも考えられます。

なので着物を梱包する際はなるべく折りたたまず、更に水濡れなどを防ぐためにビニール袋に入れて梱包するようにすると良いでしょう。

普通のダンボールの中に入れて梱包する場合は、まずダンボールは大きめのものを選んだうえで、着物をたとう紙に包んでからダンボールに収まる程度に折り、更に大きめのゴミ袋などに入れて梱包すると良いです。

この時着物の入ったダンボールを運搬させる際に傾けてしまうと着物にシワができやすくなるので、なるべく水平を保つようにして移動させるように、引越しスタッフに伝えておくなりしておくと良いでしょう。

着物バッグがある場合はそこに入れて持ち運びすればシワなどもできにくくなりますし、着物バッグがなくてもスーツケースがあれば同様にあまりシワができることもないのでこれで代用可能です。

あとはゴミ袋など大きめのビニール袋に入れることで、水濡れもなく運搬させられるでしょう。

着物を入れるようのダンボールとは?

引越し業者などでは着物用ダンボールというものを販売していたりします。

この着物用ダンボールは形状が薄くて細長くなっており、着物を折ることなく梱包することができるという、着物を入れる際に非常に便利な梱包資材です。

着物を持ち運ぶ際は、この着物用ダンボールに入れれば、折りたたむことなく入れられるので着物にシワができることがありません。

なので引越しなどにより着物を運搬させる場合には、着物用ダンボールを使ってみるのも良いでしょう。

和服用のダンボールでもいい?

和服用ダンボ―ルも着物用ダンボールと同じく、服を折りたたまずに梱包できるような形状になっているので、和服用ダンボールの中に着物を折らずに運ぶことでシワなく移動させられます。

もちろん水濡れ対策として、同様に大きめのビニール袋などに入れておくと良いでしょう。

クロネコヤマトには着物用のダンボールがあるって本当?

クロネコヤマトには着物用のダンボールは取り扱われていないようです。

なのでクロネコヤマトを利用する場合で着物を移動させる際に、なるべくシワを作りたくないのであれば、着物用ダンボールを別途通販などで購入して用意しておいたり、着物バッグやスーツケースがあればそれらで梱包するようにすると良いでしょう。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes


テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら

コメントをどうぞ