trunk

賃貸物件にお住まいの方は、引越しに合わせて新居となる賃貸物件を探すところからスタートしますよね。
行先や条件にもよりますが、引越しするとき新居のほうが旧居より広くなることもあれば、狭くなってしまうこともありますよね。
問題なのは旧居より新居が狭くなってしまったとき。

これまで入っていた荷物も入りきらなくなる可能性があります。しかし、どれも大切で捨てたり売ったりするのは抵抗あるというとき、活躍してくれるのが「trunk」という宅配収納アプリです。
今回の記事では、収納場所に困ったときに大活躍な「trunk」についてご紹介していきます。

月額500円でお部屋すっきり!「trunk」宅配収納アプリって何?

「trunkは宅配収納アプリです」といっても正直ピンとこない方も多いのではないでしょうか。

内容としては、スマホでワンタッチで荷物を宅配回収⇒専用のトランクルームに預けて管理⇒預けた荷物が必要になったらこれまたスマホでワンタッチで設定した住所まで届けてくれるというサービスです。
これ、荷物が多い方にとっては非常に便利で画期的なサービスなのではないでしょうか。

「トランクルーム」については月額契約制で借りて使用するタイプが有名ですが、trunkについてはもっとカジュアルに預けることができます。
預けた荷物を自分で取りに行く必要がなく、スマホで依頼すれば届けてくれるという新しい収納です。

「そんな便利なサービスお高いんでしょ?」と思いきや、なんと月額利用料は500円です(※荷物を取り出すときに別途費用あり)
正直、それで元を取れるのか心配になってくるぐらいの安さです。

荷物が多くて収納に困っている方や、引越しする予定の新居が旧居より狭くて荷物が入りきらないかもと困っている方はぜひ、trunkをチェックしてみてくださいね。

trunkを今すぐ利用したい方は以下からどうぞ

trunkの利用方法を確認

それでは、trunkの利用方法を確認していきましょう。
trunkの利用方法はとてもシンプルです。

ステップ1ボックスを選ぶ

trunkはウェブとアプリ2種類のツールから利用できます。

どちらの場合も、まずは箱の用意が必要です。
専用ボックス(ダンボール)を利用する場合は、trunk側に申し込んで専用ボックスを手配してもらいましょう。専用ボックスの送料については無料です。
ウェブから申し込む場合は、ウェブ上で専用ボックスの個数を選択して必要情報を入力して、送信するだけで手配してもらえます。

アプリの場合はアプリをダウンロード&登録するのが先です。
アプリに登録できたら、起動して「預ける」をタップ。そして「箱を追加する」というところをタップします。
こちらも個数を指定して配送を依頼するだけです。

ステップ2スマホから集荷申し込み

箱を確保して送る準備ができたら、trunkに集荷の依頼をしましょう。
ウェブの場合は「預け入れる」を選択して、集荷してもらう箱の数を指定します。規約に同意して登録したら、あとは集荷を待つだけでOKです。

アプリの場合は、もっとシンプル。
アプリを起動して、「預ける」をタップして「集荷の申し込み」をタップして、預ける箱の数を指定するだけです。

集荷日になったら宅配業者が回収に来てくれます。

trunkはウェブとアプリ両方から利用できますが、ウェブだといちいちホームページを開いてログインしないといけないので、アプリのほうが楽で良いといえます。

ステップ3預けたものはアプリで写真を確認して管理!

荷物を預けたら、その後はどうするのかというと、アプリを起動すればtrunk側が撮影した写真で預けている荷物を確認できます。
写真でわかるので、しばらくたってから「何を預けていたっけ」とわからなくなるようなこともなく安心です。

ステップ4預けたものはスマホでらくらく指定場所までお届け

預けた荷物を取り出したくなったときはアプリにログインして取り出したい荷物を選択し、全部選択ができたら「取り出し申込み」を選択するようにしましょう。
そうすれば登録している住所宛に荷物を届けてくれます。

このとき荷物を届ける住所で、別の住所を希望する場合は追加で住所登録することもできます。

trunkのすごいところは自宅まで荷物を届けてくれることです。
月額で借りるトランクルームだと月額8,000円くらいかかり、自分で荷物を取り出しに行くというところも多いので、trunkの仕組みは圧倒的な楽さだといえるのではないでしょうか。

注意点は、月額利用料は500円だけど、荷物を取り出すときには1梱包あたり全国一律800円かかることです。
なので、頻繁に必要になる荷物を預けるには不向きかもしれませんが、衣替えでしばらくの季節着ないであろう服等はtrunkに預けるのにちょうど良いのではないでしょうか。

「ボックス」は無料でもらえて送料も無料?

trunkでは配送業者が預ける荷物の回収にきてくれるので、trunkを利用するなら荷物を入れる箱が必要になります。
trunkが持っている専門ボックスをもらって、そこに荷物を入れたい場合、専用ボックスは有料です。1個で540円かかりますが、送料は無料です。

普通のダンボールで送ってもいいの?

trunkで荷物を預けるとき、専用ボックス以外に普通のダンボールを利用して依頼する形でも問題ありません。
手元にたまたまダンボールがあるときは、そちらを使うのもありです。

trunkの保管倉庫って清潔?セキュリティもきちんとしているの?

もちろん貴重品は預けないにしても、荷物を預けるとなるとセキュリティや、保管環境の衛生面は気になるものではないでしょうか。

trunkで預かった荷物を保管する倉庫内は、有人管理&機械管理です。
さらに電子セキュリティや、各種監視カメラ、モーションセンサーもセキュリティのために駆使されています。
内部だけではなく外周セキュリティも、高レベルのセキュリティシステムが導入されていて、厳密に管理されているのでセキュリティ面はばっちりだといえます。

trunkの倉庫内で入出庫が可能なのは専門スタッフのみで、誰でも入れるわけではありません。
もちろん利用者が入ることもないので、セキュリティ面では安心してください。

ちなみにtrunkというサービスはアプリで荷物を管理できて、写真で預けたものを確認できるというのが売りでもありますが、アプリ内に表示される写真はスタッフが撮影します。
中にはスタッフに中身を撮影しないで欲しいと感じる方もいるのではないでしょうか。
その場合も、取り扱い不可の品物がないかどうか確認するために中身のチェック自体はどうしても入りますが、写真撮影自体はしないでもらうことができます。

写真撮影を希望しない場合は中身の見えない袋に荷物を入れて、「撮影を希望しない」と外側に記載してください。

セキュリティや気遣い面はしっかりと対応してくれるtrunkなら安心して荷物を預けられるのではないでしょうか。

もちろん衛生面も管理されています!

「まとめ」狭い家に住んでいても安心!trunkアプリを駆使しよう!


今回の記事では、trunkアプリについてご紹介しました。
trunkは現代の新しい収納サービスです。

特に部屋が狭い都市部に住んでいる方にとっては重宝するサービスではないでしょうか。
月額料金はかかりますが、別途トランクルームを借りるよりリーズナブルで、荷物を届けてくれるところも魅力的です。

興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes