使い放題のポケットwifi。無制限で使用出来る一番安いもの

外出先でも動画視聴や音楽のストリーミング再生がスムーズにできるポケットWi-Fiは、仕事や趣味の強い味方。
スマホだけだと通信制限にかかりやすいので、とても便利ですよね。

そんなポケットWi-Fiでも中には1ヶ月に使えるデータの量が決まってるプランと、上限なしで使えるプランがあるんです。

この記事では、上限なしで使い放題のポケットWi-Fiのプランの価格を調査した結果をまとめて解説したいと思います。

ポケットwifiの購入と契約方法。申し込みはここが得! 

ポケットwifi口座振替を即日審査で行う方法 

おすすめポケットwifiキャンペーン比較2018。キャッシュバックや速度制限

使い放題のポケットWi-Fi

1 使い放題のポケットWi-Fi

2018年9月現在で、使い放題のプランがあるポケットWi-Fiは複数存在します。

この項ではその中でも、LTE回線とWiMAX回線に分けてご紹介しますね。

それぞれの回線の特徴も合わせて説明します。

LTE回線で使い放題ができるポケットWi-Fi

2 LTE回線で使い放題ができるポケットWi-Fi

LTE回線はワイモバイルなどで使われている回線の種類です。
正式名称はLong Term Evolution(ロングタームエボリューション)と言い、ケーブルを繋がずに接続できるハイスピードの通信接続方法です。

回線の特徴は、広いエリアで安定して利用ができるということ。
というのも、元々LTE回線は携帯電話の大手キャリアで使われていた回線だったからです。

そのため、WiMAXの高周波電波と比較すると周波数が低いのが大きな違いです。
うねうねと曲線を描きながら進むため、障害物や建物があっても電波が跳ね返されることなく安定して供給されます。

そのためLTE回線がおすすめなのは

・地下室や防音室など、特殊な環境でポケットWi-Fiを使うことが多い
・WiMAXのエリア外にするんでいる
・山間部などに行く機会が多い

という人でしょう。
そんなLTE回線を月額使い放題で利用できるキャリアを表でまとめてみました!

Y!モバイル 回線の種類:ソフトバンクのLTE回線
料金プラン:ポケットWi-Fiプラン2(月額料金3,696円)にアドバンスオプション684円で無制限利用可能
混雑制限:あり(3日で10GB以上利用の場合)
対応機種:
・Pocket WiFi 603HW
・Pocket WiFi 504HW
・Pocket WiFi 502HW
yahoo wifi 回線の種類:ソフトバンクのLTE回線
料金プラン:使い放題4,380円
混雑制限:あり(3日で10GB)
対応機種:PocketWiFi 603HW
U-mobile*E 回線の種類:ソフトバンクのLTE回線
料金プラン:使い放題4,380円
混雑制限:あり(3日で10GB以上)
対応機種:504HW
プレミアモバイル 回線の種類:ドコモのLTE回線
料金プラン:月額料金4,380円
混雑制限:あり(3日で10GB以上利用で制限)
対応機種:Mobile Wi-Fi E5383
ネクストモバイル 回線の種類:ドコモのLTE回線
料金プラン:50GB 4,880円〜
混雑制限:なし
対応機種:FS030W

LTE回線で使い放題プランがあるサービスはこの通りです。
回線はソフトバンクかドコモのものを利用しているところが多いようですね。
端末やプランの充実度からすると、やはりワイモバイルが人気のようですがヤフープレミアムを利用している人には特典のつくヤフーWi-Fiがおすすめです。

最後のネクストモバイルは厳密には使い放題ではないのですが、混雑回避の通信制限が設けられていないことと大容量プランのコスパのよさでご紹介しました。

WiMAX回線で使い放題のポケットWi-Fi。無制限のポケットwifiは少ない

3 WiMAX回線で使い放題のポケットWi-Fi。無制限のポケットwifiは少ない

さて、ポケットWi-Fiで主に使われている回線といえばWiMAX回線です。

ポケットWi-Fiやモバイルルータと聞いて、こちらを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

正確な名称はWiMAX+2回線と呼び、WiMAX独自の回線経路です。
先ほど、LTE回線の特徴を安定していると記載したため「じゃあWiMAX回線は不安定なの?」と感じる人も多いでしょうがそうではありません。

・ハイスピードで電波塔の設置をすすめ対応エリアを拡大している
・4×4という通信方式を採用しており安定した通信が可能
・回線自体の改良も随時行なっているため、年々使いやすくなっていること

などの企業努力により、使いやすくなっています。
普通の環境であれば利用に問題はありません。
当てられた電波の種類の特性でどうしても不得意なエリアもありますが、有線接続するなどの対策でかなり改善できるようです

UQ WIMAX 回線の種類:WIMAX+2
料金プラン:ギガ放題プラン(月額料金:4,380円)
混雑制限:あり(3日で10GB以上)
対応機種:
・Speed Wi-Fi NEXT W05
・Speed Wi-Fi NEXT WX04
・Speed Wi-Fi NEXT WX03
・Speed Wi-Fi HOME L01/L01s
FUJI wifi 回線の種類:ソフトバンクのLTE回線/auのLTE回線/WiMAX2+回線
料金プラン:おまとめプラン(月額料金:6,000円)
混雑制限:あり(3日で10GB以上)
対応機種:
・Speed Wi-Fi NEXT W05
・Speed Wi-Fi NEXT W04

月額料金はプロバイダによって違う!

4 月額料金はプロバイダによって違う!

WiMAX回線の特徴として、UQ WIMAXから申し込む値段と、プロバイダによって変化があります。

この辺はスマホキャリアというより光回線などの契約方法をイメージした方が近いかもしれません。

申し込みの窓口はちがってもWiMAXの回線を一律で利用するためプロバイダにより、回線速度が異なったりすることはありません。

しかし、設定されている金額は違うのでそれを基準にプロバイダを選ぶ人が多いようです。
プロバイダごとの月額料金の違いはこちらから。

※プランは全てギガ放題です。

サービス名 月額料金
UQ WiMAX 4,380円
GMOとくとくBB 3,344円〜4,263円
カシモWiMAX 3,380円
3WiMAX 3,615円
so-net wimax 3,380円
BIGLOBE 3,880円
broad wimax 3,411円
DTI WIMAX 4,300円
@nifty wimax 4,350円
novas wimax 3,980円
space wifi 3,480円

こちらでは大手11社のプロパイダーを比較してみましたが、結構異なりますよね。

この他にもたくさんプロバイダは存在しています。

実質月額料金は割引などで安くなる

5 実質月額料金は割引などで安くなる

月額料金がそこまで安くなくても、キャッシュバックなどのキャンペーンを利用すれば実質の料金はグッとお得になります。

キャッシュバックキャンペーンや、割引などのキャンペーンを行なっているプロバイダとキャンペーンの内容はこちら。

プロバイダ名 サービス内容
GMOとくとくBB キャッシュバック(最大42,000円)
3wimax ・キャッシュバック(最大30,000円)
UQ WIMAX ・乗り換え手数料負担
・15日間無料お試し
So-net ・月額料金割引(契約期間内ずっと
BIGLOBE ・キャッシュバック15,000円
・月額料金割引

WiMAXのキャンペーンで有名なのは何と言ってもGMOとくとくBBですよね。
キャッシュバックが最大42,000円というのは他のプロバイダと比較しても、高い金額となっています。

また、9月30日まで開催しているソーネットのキャンペーンも最近人気を集めています。
月額料金割引のキャンペーンなのですが、期間内に申し込めば契約期間内ずーっと月額料金は3,380円のまま。

月額料金を割引しているプロバイダは複数ありますが、最初の◯ヶ月〜というものがほとんど。
3年間の契約期間中ずっと割引が適用されるのは珍しいですね。

無制限のポケットwifiを速度で比較。各社が公開しているのは最高速度

6 無制限のポケットwifiを速度で比較。各社が公開しているのは最高速度

無制限で利用できるポケットWi-Fiの回線を通信速度の点から比較してみました。

回線種別 最大速度
Wimax+2 最大758Mbp
SoftBank LTE 最大612Mbps
au LTE 最大958Mbps
docomo LTE 844Mbps

ただ、この最大速度はあくまでも実験値です。
実験値というのは、なんの障害物もなく基地局からすぐ近くの場所に端末を置いて計測した数値なので街中や家の中で利用する場合はこんなに高い速度は出ません。

実験値の反対語として、実測値というフレーズが度々使われます。
実測値というのは自分のいる条件で実際の速度を図った数値ですね。

混雑具合や時間帯で大きく変わるので大体の目安ではあるのですが、どの回線も30から100Mbpsほど出る場合が多いようです。

動画視聴をするときに10から30Mbpsが出ればスムーズに動画が見られると言われるので、最大速度ほど出なくても日常使いであれば問題はないですね。

実測値を計測するためには、専用の機械を使ったりアプリを使ったりします。

契約の縛りで比較

7 契約の縛りで比較

サービス名 契約年数 違約金
Y!mobile 3年(36ヶ月) 9,500円
FUJI WI-fi 2年 なし
UQ WiMAX 2年/3年/4年 9,500円から19,000円
GMOとくとくBB 2年/3年 9,500円から19,000円

以前は2年契約がほとんどでしたが、最近は3年契約のパターンも増えてきています。
プロバイダによっては4年契約なんてところも!
それぞれのプランのメリットデメリットがあるのであらかじめ確認しておいてくださいね。

3 年プランで申しむ場合の縛りはどうなる?

8 3 年プランで申しむ場合の縛りはどうなる?

最近増加傾向にある3年契約プラン。
どんな違いがあるのでしょうか?

Flatプラン ギガ放題
2年契約 月額料金:3,696円
違約金:9,500円〜
au 4G LTEオプション:有料(1,000円)
月額料金:4,380円
違約金:9,500円〜
au 4G LTEオプション:有料(1,000円)
3年契約 月額料金:3,696円
違約金:9,500円〜(時期によって変わるが2年プランよりも高い時期が長い)
au 4G LTEオプション:無料
月額料金:4,380円
違約金:9,500円〜(時期によって変わるが2年プランよりも高い時期が長い)
au 4G LTEオプション:無料

対応エリアで比較

9 対応エリアで比較

回線種別名 本州 離島など
WiMAX 全国対応(山間部などを覗く) 北海道・九州・沖縄・四国の都市部には対応しているが、エリアによっては電波が届きにくい場合も。
離島は対応あまりしていない。
ソフトバンクLTE 全国対応 北海道・沖縄・四国・九州対応済み
離島も対応しているが電波が届きにくい場所もあり
au LTE 全国対応 北海道・沖縄・四国・九州対応済み
離島や山間部などでも使いやすい
ドコモ LTE 全国対応 北海道・沖縄・四国・九州対応済み
離島や山間部などでも使いやすい

回線別の対応エリアを比較して見ました。
WiMAXは一部使いにくいエリアもあるものの、本州エリアであれば問題なくスムーズに使えるようです。

北海道・九州・四国・沖縄は大手キャリアの基地局がおおく設置されているのでこのエリアに住んでいる人であれば、ドコモ・ソフトバンク・auいずれかの回線を利用しているポケットWi-Fiを契約するのがおすすめです。

また、この3大キャリアの中でもauとドコモは総務省から割り当てられている電波の種類が多いこと、長年のサービス展開による基地局拡大により、離島などでも繋がりやすいという特徴があります。

格安simでポケットwifiを使用する手もあるがおすすめ出来ない

10 格安simでポケットwifiを使用する手もあるがおすすめ出来ない

携帯電話の契約で最近注目を浴びているのが、格安SIMサービスです。
ポケットWi-FiもSIMカードを端末に差し込んで通信を利用できるので、格安SIMサービスの回線を利用したいと思う人も多いと思います。

確かに格安SIMサービスを利用すれば、
・月額料金が半額程度に抑えられる
・違約金はいらない(場合が多い)
という料金面での大きなメリットがあります。

しかし、これはスマホ利用のときに最大限発揮されるメリットで、ポケットWi-Fiを利用するさいには少し状況が違うようです。

無制限でスペックが悪い。ルーターも自分で準備する

10.1 無制限でスペックが悪い。ルーターも自分で準備する

格安SIMの回線は、新たに自社オリジナルの回線を使うというものではありません。

ではどういうことか?というと、大手キャリアの既存の回線を借りて自社オリジナルの料金プランを提供しているという仕組みなのです。

いわば、大きな家の一室を曲がりしている状態というわけですね。
そのため、借りている回線が混み合っている状態だと、格安SIMの回線はその影響を受けて通信速度が遅くなってしまいます。

大手キャリアとの通信速度の差は最大で5倍ほどあるという計測データもあります。

それでもLINEやサイト閲覧などを行う場合は、問題なくできます。
しかし、ポケットWi-Fiを契約したいという人のほとんどは大きなデータをやりとりしたいという人だと思います。

そのため格安SIMをポケットWi-Fiに利用するのは、あまりおすすめできない状態なんですね。
また、格安SIMではカードのみの提供である場合が多いのも気になります。

つまりモバイルルーターを自分で用意しなければいけないんです。
スマホとは違って普通、モバイルルーターの端末を持っているということは少ないので用意するのは手間がかかりますよね。

ネットショッピングやヤフオクなどで買うこともできますが、本体を買うには高い金額がまとまって必要です。
中古の端末であれば安く買うこともできるかもしれませんが、中古のルーターはスペックが低いので通信速度が遅かったりします。
また、ある程度使用されていることでバッテリー強度も落ちており持ち歩いても電池が持たないということもしばしばです。

WiMAXやワイモバイルでは月額料金と合わせて割賦金として月々、本体代金を分割で支払いできます。
プロバイダによっては本体代金を負担してくれるところもあります。

それらを考えても、あえて格安SIMでポケットWi-Fiを使うことのメリットは考えられません。

キャシュバックがない

10.2 キャシュバックがない

また、格安SIMのデメリットで次に挙げられるのはキャッシュバックやお得なキャンペーンが利用できないということです。

GMOとくとくBBや3wimaxでは継続利用で数万円程度のキャッシュバックが受けられます。

格安SIMの利用だと本体代金も自己負担になります。
月々の利用料金も格安SIMだと2,000円から3,000円に抑えることもできますが、それはスマホの料金と比較して安いということです。

ポケットWi-Fiの使い放題の月額料金の平均は4,000円ほどなので、それを考えると格安SIMを使うのは得策とは言えなさそうです。

料金を抑えるためには、スマホを格安SIMにしてポケットWi-Fiを大手のものを契約するというのが一番いいかもしれません。

月々の料金が安いプロバイダ

11 月々の料金が安いプロバイダ

ポケットWi-Fiのプロバイダとサービスの中で月々の料金が低く抑えられるところをご紹介します。

カシモWiMAXは月額料金が安い

11.1 カシモWiMAXは月額料金が安い

・月額料金

プラン 料金
ギガ放題プラン 初月-2ヶ月目:1,480円
〜24ヶ月目:3,866円
25ヶ月目以降

カシモWiMAXは、月額料金を割引する形のキャンペーンを行っています。
こちらは最新端末利用時のデータですが、古い端末利用であればもっと安い料金に抑えることができます。

・会社概要

社名 株式会社MEモバイル(MEmobile Co., Ltd.)
設立 2016年7月27日
代表者 代表取締役社長 中村 健太
所在地 〒130-0014 東京都墨田区亀沢3-3-1
業務内容 MVNO事業

So-netも割引あり

11.2 So-netも割引あり

・月額料金

プラン 料金
ギガ放題プラン 3,380円

他にもソーネットならではの手厚いサポートもあります。

サポートプランやセキュリティサービスの12ヶ月サービスなども行っているので、安く安全に利用したい!という人に最適なプロバイダですね。

※2018年9月30日までのキャンペーン

・会社概要

社名 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
Sony Network Communications Inc.
設立 1995年11月1日
代表者 代表取締役 執行役員社長
髙垣 浩一 Hirokazu Takagaki
所在地 〒140-0002
東京都品川区
東品川4-12-3
品川シーサイド TSタワー
連絡先 電話番号:0120-080-790

Hi-ho mobileもお得なプランがある?

11.3 Hi-ho mobileもお得なプランがある?

・月額料金

プラン 料金
ギガ放題 3,780円(契約期間内ずっと)

その他5,000円キャッシュバックなどのキャンペーンもあります。

あまり知名度は高くありませんが、月額料金割引が最初の数ヶ月で終わるところも多い中で、契約期間中ずっと割引してくれる利用者に優しいサービスとして最近注目が集まっているサービスです。

・会社概要

社名 株式会社ハイホー
hi-ho Inc.
設立 2007年6月1日
代表者 代表取締役
鈴木 武人
所在地 〔本社〕
〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム
〔大阪オフィス〕
〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜4-7-28 住友ビルディング第2号館
連絡先 hi-ho インフォメーションデスク
フリーダイヤル
0120-858140

Yahoo!wifiもお得なプランが試せる Ymobile(端末603HW)

11.4 Yahoo!wifiもお得なプランが試せる Ymobile(端末603HW)

・月額料金

プラン 料金
ギガ放題プラン 2,480円 ※

月額料金はヤフープレミアム会員の価格です。
ただ、ヤフーWi-Fiに入会すれば6ヶ月間ヤフープレミアムが無料で利用できます。

ヤフー株式会社が提供しているサービスなので、家の回線とポカットWi-Fiを統一したいというひとにも最適です。

・会社概要

社名 ヤフー株式会社
設立
代表者 代表取締役  川邊 健太郎
所在地 東京都千代田区紀尾井町1番3号
連絡先 0570-082-003

キャンペーンが充実しているプロバイダ

12 キャンペーンが充実しているプロバイダ

プロパイダ選びの中でも大切なのが、キャンペーンの有無ではないでしょうか?
キャッシュバックや付属品無料、オプションプランの割引などさまざまな種類のキャンペーンが行われています。

WiMAXのプロパイダはとても多く、全てを調べるのは難しいので特に人気の高いプロパイダサービスをいくつかご紹介します。

キャッシュバックならGMOとくとくBB!

12.1 キャッシュバックならGMOとくとくBB!

・月額料金

プラン 料金
ギガ放題プラン 3,609円〜

・本体端末とクレードルが無料でもらえる
・キャッシュバック最大で42,000円の業界最大値なのが魅力。
・継続利用が必要なことと、キャッシュバック申請メールを見逃さないように注意!

 

WiMAXのプロパイダとしても人気の高いGMOとくとくBBですが、光回線のサービスなども行っているためポケットWi-Fiを使ってなくても知っている人も多いのではないでしょうか?

・会社概要

社名 GMOインターネット株式会社
(英文表記:GMO Internet, Inc.)
設立 1991年5月24日
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表
熊谷 正寿
所在地 本社
〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
4~14階大阪支社
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪タワーB23階
業務内容 インターネットインフラ事業
インターネット広告・メディア事業
インターネット金融事業
仮想通貨事業

3wimaxもキャッシュバックあり

12.2 3wimaxもキャッシュバックあり

・月額料金

プラン 料金
ギガ放題プラン 1970円〜

・auスマートバリュー加入で最大30,000円のキャッシュバックあり
・キャッシュバックを利用しなくても、月額料金割引などで自分の好きなお得プランを選択することも可能
・契約期間が長いプランもあるが、
途中で最新端末プレゼントか他のプロパイダーへ無料移籍か選ぶことができる。

 

月額料金割引と、最大30,000円のキャッシュバックが受けられるのが3wimaxです。

キャッシュバック利用にはauスマートバリューの加入が条件です。そのため、スマホがauの人に特におすすめです。

・会社概要

社名 株式会社Eleven
設立 平成20年2月14日
代表者 奥山輝
所在地 〒142-0064 東京都品川区旗の台三丁目15番1号ツバセスPART9-128号
連絡先 電話番号:0120-003-178
メールアドレス:info@3wimax-store.jp

Biglobe WiMAXも割引やキャッシュバックの種類が豊富

12.3 Biglobe WiMAXも割引やキャッシュバックの種類が豊富

・月額料金

プラン 料金
ギガ放題プラン 3,696円〜

・月額料金割引かキャッシュバックのふたつから特典を選ぶことができる
・キャッシュバックは15,000円
・大手BIGLOBEグループなのでサポートも万全

 

BIGLOBEは特典が選べるというのが最大の魅力です。サポート体制も整っているので、土日や、休日関係なく問い合わせできるのも嬉しい。

ホームページも見やすくわかりやすいので、はじめて買う人にもおすすめです。

・会社概要

社名 ビッグローブ株式会社
設立 平成20年2月14日
代表者 有泉 健
所在地 東京都品川区東品川4-12-4 品川シーサイドパークタワー
連絡先 0120-86-0962(通話料無料)
9:00~18:00 365日受付

まとめ。どれが一番ベストなの?

この記事では、使い放題ができるポケットWi-Fiについておすすめを解説してきました。

最近では本当に多種多様な会社が多くのキャンペーンを提供しているので、選ぶのが難しいと思います。

多角的な面から調査した結果、一番のおすすめはWiMAXです。

高速通信が使い放題で、1ヶ月4,000円前後で利用できるのはスマホだけでなく外で仕事をするというひとにも最適だと言えるのではないでしょうか?

混雑回避のため、3日間で10GB以上利用すると通信制限がかけられてしまうのですが、夜間だけで終了なのですぐ元どおり使えます。

さらに自分の好きなサービスをしているプロパイダを選ぶことができるのも嬉しいポイントだと思います。

キャッシュバックを利用したい人はgmoや3wimax、月々の支払いを抑えたい人はsonetやBIGLOBEなどなど…
自分のこのみで選ぶことができます。

もちろん、安定して利用したい人はLTE回線のワイモバイルなどもおすすめです。
気になるサービスがあったら、まず公式サイトにアクセスして自分のいるエリアが対応しているかを確認しましょう。

 

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes