ポケットWi-Fiは外出先でも高速ネット通信ができるのが便利ですよね。

でもいざ契約するとなると多くの方法があるので、どこがお得か迷うところ。

そこでこの記事ではポケットWi-Fiの契約方法から、諸々の注意点まで詳しくまとめてみました!

ポケットWi-Fi選びの参考になれば嬉しいです!

使い放題のポケットwifi。無制限で使用出来る一番安いもの

ポケットwifi口座振替を即日審査で行う方法 

おすすめポケットwifiキャンペーン比較2018。キャッシュバックや速度制限

ポケットwifi の契約方法とは

ポケットWi-Fiを契約する方法はどんなものがあるのででしょうか?
大まかに分けてふたつ挙げられます。

・キャリアと契約

携帯電話などと同じように、キャリアと契約して毎月通信料を支払う方法です。
WiMAXのように、キャリアによってはプロパイダ別にプランや月額料金が異なることがあるので事前に調査が必要です。

また、月々のデータ使用量別にプランを設けられているケースもあります。

スマホと同じキャリアで統一する人もいれば、月々のスマホの料金を抑えるために安いキャリアを探して別途で契約する人もたくさんいます。

契約する方法は、
・店舗での契約
・量販店での契約
・オンライン契約
の3種類があります。
この契約方法のそれぞれの詳細は後述しますね。

・プリペイド型/単発使用型

短期使用を目的に販売されている方式です。
数日から1ヶ月程度の使用を念頭に置かれて開発されているため長期使用するものではありませんが、手軽に使えるのが特徴です。

このような短期使用型は申請して契約するタイプと、プリペイドSIMを購入するタイプがあります。

申請して短期契約するタイプのものは、主に海外旅行などで用いられます。
国内利用用のプランよりは割高なことが多いのですが、外国や出先でも高速ネットワークが定額で使えるのでスマホの料金を抑えるために使う人が多いです。
オンラインで申請すれば、宅配で受け取れたり空港で受け取ることもできますよ。

プリペイドSIMは家電量販店やネット、コンビニで買えるSIMカードです。
これらのSIMカードは、ネットワーク通信限定であることがほとんどなのでSIMフリーのポケットWi-Fi端末に差し込んで利用することも可能です。

手軽に購入できるので、短期間のお試しや通信制限がかかってしまったときのサブ的な立ち位置で使う人が多いですね。

注意すべきところは?

各契約方法の注意点はのちほど詳しくご説明しますが、どの契約方法でも注意しておきたいのが「契約期間に縛りがあること」です。

スマホなどでも同じですが、一度契約したら通信キャリアが定めた契約期間内は原則として利用し続けなければいけません。

もしも、契約期間内や更新月以外に解約する場合は違約金がかかります。

会社によって音声通話機能解除調定金などと呼ばれることもありますが、内容は同じことです。

以前は2年間の縛りが多かったのですが、最近は3年・4年と契約期間が長くなってきています。

契約期間を設けるのは違法という判例もあったり、総務省が改善を求めたりしていますがしばらくは変わらないでしょう。

違約金の平均は大体10,000円前後であることが多いですが、契約したプロパイダによってはもっと高く設定されていることもしばしば。

そのため、契約する前にエリア対応などをきちんと確認しておくことをおすすめします。

特に仕事や留学などで近いうちに引っ越す可能性が高い場合は、そのポケットWi-Fiが対応エリア外になる可能性もあります。

なるべく短めのプランを契約するのがおすすめですが、プロパイダやキャリアによっては乗り換え割や、途中解約が無料でできるプランなどもあります。
どうしても途中で解約したい場合は、これらのキャンペーン等を利用するといいでしょう。

ポケットwifiはどこで契約可能?

店舗 ・各キャリアの専門店での契約方法
・UQ MOBILEやY!mobileなどの大手は店舗数が多いので、自宅の近くや最寄り駅の近くにあることが多い
・その場で手続きできるので、すぐに使い始めたい人に向いている
家電量販店 ・ヨドバシカメラやヤマダ電機などの大型家電量販店で契約する方法
・都市部や駅前などにあるので利便性が高く、割引やポイントバックキャンペーンも高い確率で行われている
・複数のキャリアや製品をその場で見比べることが出来、販売員にも相談できる
・パソコンやタブレット等とセットで割引が受けられるということも
オンライン契約 ・各キャリアやプロパイダにウェブから申し込む方法
・専用のフォームから申し込むだけなので、24時間365日いつ申請してもOK
・ウェブ限定の割引サービスや、キャッシュバックキャンペーン等も利用できる

・店舗

通信キャリアや代理店で契約する方法です。
携帯ショップのようにポケットWi-Fiのキャリアの店舗に自ら赴いて、端末を選択して契約する方法です。

店舗で契約する利点は、その場ですぐに申し込みができることと、スタッフの人に相談しながらプランを選べるのではじめてポケットWi-Fiを契約する人にもおすすめです。

ホームページを読むだけでは少し分かりにくい場合などでも便利ですよね。
また、専門店で契約した場合はサポートが手厚い場合が多いです。
すぐに利用できる状態であったり、不具合があってもすぐに対応してくれたりすることがほとんど。

・家電量販店

次にご紹介するのは、大型の家電量販店で契約する方法です。
家電量販店で契約する際のメリットは、複数のキャリアや端末をその場で比較できることだと思います。

直営型の店舗だと、当然ながらキャリアごとの展開になってしまうのでその場で比較するのは難しくなってしまいます。

家電量販店では直接、自分の手でキャリアごとに比較できるので候補が複数ある場合や、とにかくいろいろみてみたい時にも最適です。

他にも、家電量販店のポイントが貯まるのでよく買いに行くお店があればそこで買うのもいいでしょう。

・オンライン申し込み

最後にご紹介するのは、キャリアやプロパイダの公式サイトから直接申し込む方法です。

時間が取られずに申請できるので、日中に時間が取れない人や忙しいので自分でタイミングで契約したい人におすすめの契約方法です。

オンラインで申し込むことの利点は、自宅や外出先にいながらにしてポケットWi-Fiに申し込みができることでしょう。

わざわざ家から近いお店を探して営業時間内に尋ねる…というのは意外と手間ですよね。
それに土日しか行けない場合は混み合ってて待たされることもよくあります。
契約したいプランや端末がもう決まっている場合は、申請するだけのオンライン契約が便利でしょう。

忙しくてなかなか時間が取れないという人にもおすすめです。

 自宅でインターネットで契約する場合

先ほどご紹介した契約方法の中から、自宅で契約したい場合はオンライン契約がおすすめです。

実際に申し込む際のステップをWiMAXを例にしてご紹介したいと思います。

1.UQ WIMAX公式サイトか各プロバイダのサイトにアクセスする。

契約する料金プラン・ポケットWi-Fiの端末・契約期間が決まったら、オンラインショップへアクセスしましょう。

任意のポケットWi-Fiのルーターを選択し、プランを選びます。

相談しながら決めたい場合は、コールセンターに電話しても申し込み出来ます。
WiMAXは0120-959-001(受付時間9:00から21:00)
キャリアによっては電話での契約ができない場合もあるようなので、予めご了承ください。

2.必要な情報を入力

端末とプランが決まったら申し込みフォームに切り替わると思うので、必要な個人情報を入力します。

・名前
・住所
・携帯番号
・支払い方法

等を入力します。
支払い方法は口座振替かクレジットカードの2種類の場合が多いようです。

WiMAXの場合は、クレジットカード支払いを選択したらsms(ショートメール)で審査結果が連絡されます。

口座振替の場合は銀行口座の情報を入力し、運転免許証等の本人確認書類の画像をアップロードします。

3.端末が届く
3日から1週間ほど経ったら、本体が送付されます。
同梱されているSIMカードを指してルーターの電源を立ち上げたら、利用可能です。

オンライン契約はこのようにかなり簡単で時間も取られないので、最近特に人気の契約方法です。

手軽さから人気が高いため、年末年始や長期休暇、新年度を迎えるタイミングなど申し込みが大量にくるときは審査や端末の配達に時間がかかる場合があります。

混んでそうだな、と思ったら直接問い合わせるかSNSで状況を確認するといいでしょう。

オンライン契約の注意点は、実際に端末を触れないことだと思います。
なので、届いてから「思ったより小さい/大きいな…」「操作の仕方がわからないな」と思う人もいるようです。

そのほかにも、申し込みフォームの入力間違いなども考えられます。
契約期間や料金プランが間違えたままだと、後から変えられないので自分の入力内容を逐一確認しつつ操作を進めるようにしましょう。

これらの注意点を鑑みても、申し込みの簡単さやキャッシュバックなどのキャンペーンの充実具合を考えるとかなりおすすめです。

 

家電量販店や専門店で契約する場合の注意点

家電量販店や実店舗でポケットWi-Fiを契約する場合に気をつけたい注意点は以下の通りです。

1.在庫が不安定な場合も

実店舗で契約する場合の最大のメリットは、その場で端末を確認でき同日中に持ち帰ることができるということ。

しかし、タイミングによっては在庫が切れてしまって待たなければ行けないこともあります。
オンライン契約とは違い、それぞれの店舗ごとに在庫状況は異なるので行ってみなければ分からないのが怖いところ。

特に最新機種が発売されたばかりの時などは、人気が高まるので一時的に在庫がなくなってしまうことも珍しくありません。

店舗の場合は事前に電話で聞くかその場で確認するしかないので、在庫切れの場合だと二度手間になってしまいます。

他店舗から取り寄せの場合だと、混雑状況によってはかなり待たなければいけないというケースもあります。

すぐ使えるのがメリットのはずなのに、時と場合によってはオンラインで一括処理する方が早く手元に届くかもしれないのです。

2.割高になる可能性もある
家電量販店でパッと見、すごく安く割引されている場合もよく確認することが大切です。

もちろん、本当にお得に購入できる場合もありますが、必要なオプション等がたくさんあるためにかえって割高になる可能性があります。

必要のないノートパソコンやタブレットをセットで買わされて、結果的な出費が何万円まで膨らんでしまった。ということもよくあります。

そのため、欲しい端末が安く売られていたとしてもすぐに契約したりせず、スタッフに必要な条件やオプションを細かく聞くようにしましょう。

閑散期など、タイミングによってはお得な内容に切り替えてくれることもありますよ。

また、キャリアの実店舗など専門店で契約する場合はあまりキャンペーンや割引が行われておらず割高なプランであることも多いです。

そのため、実店舗で契約する場合でも他サービスの料金を事前に調べておくのがいいでしょう。

3.混み合うことが多い

休日やイベントごとがあるときは、どうしても混み合うことが多いです。
通信キャリアも他の販売業と同じように、ゴールデンウィーク・夏休み・クリスマス・年末年始など人が集まるタイミングでキャンペーンを開催するからです。

オンライン契約だと、いくら申込数が多くても申請だけは数分で終わるのに、実店舗利用だと最大で数時間待たなければいけないこともよくあります。

光回線で契約している人におすすめなポケットwifiの契約方法

すでに自宅で光回線を契約している場合、おすすめしたいのが「その回線の会社のポケットWi-Fiを契約する」という方法です。

GMOやau、so-net、yahooなど光回線とポケットWi-Fiのプロバイダサービスの両方を提供している会社もいくつかあります。

同じプロバイダや会社を利用すれば、プランをまとめることができたりキャッシュバックがもらえたりすることもあるようです。

そのため、すでに光回線を利用している人は自分が契約しているキャリアやプロバイダに問い合わせてみるといいでしょう。

ポケットWi-Fiのサービスは行なっているか?
光回線とポケットWi-Fiを両方利用した場合の料金プランや割引の有無を相談してみると意外とお得に契約できるかもしれません。

au,softbank,docomo は制限があるので契約はおすすめ出来ない。

通信キャリアと聞いて、みなさんが思い浮かべるのは大手三大キャリアの
・au
・docomo
・SoftBank
ではないでしょうか?

もちろんこの3つのキャリアでも、それぞれポケットWi-Fiは販売されています。

しかし、あんまりまとめサイトなどで名前を見ないですよね?
その理由はズバリお得ではないからなんです。

データ通信料を販売しているのに、お得にパケット通信ができるポケットWi-Fiプランを打ち出したら収益が減ってしまうかもしれないですよね。

それを考えたら当然とも言えそうですが、実際の料金プランなどを見て見てもやはり割高なイメージはぬぐえません。

ドコモは無制限プランはなく、割高で複雑な料金設定が採用されています。

ソフトバンクは料金プラン自体は平均的ですがデータ使用量が決められています。

AuはWiMAXを運営しており、ほぼおなじ内容で契約できるのでこの3社で比べると内容は充実していますが、UQ WIMAXや各種プロパイダのようにお得なキャンペーンやキャッシュバックは特にありません。

そのため、お得に大容量データを使いたいという人にはこれらの大手キャリアのポケットWi-Fiはおすすめできません。

もちろん、電波が安定しているという大きなメリットはあるのですが、ワイモバイルなどLTE回線を利用していてお手頃に使えるサービスもあります。
そのためあえてこの三大キャリアでなければいけない!という決めてがないというのが実際の所でしょう。

wifiの契約時に必要な書類や必要なもの

ポケットWi-Fiを契約するときに必要なものは、下記の通りです。

・身分証明書
運転免許証やパスポートであれば、それが1点あれば契約できます。
健康保険証を使う場合は、住民票や年金手帳などの補助書類が必要になります。
マイナンバーカードも身分証明書として使えますが、会社によって1点だけで大丈夫な所と補助書類が必要なところに分かれるようです。

・クレジットカード/銀行口座

月々の支払いに使うクレジットカードや銀行口座も事前に決めておきましょう。
大手通信会社であればクレジットカードと口座振替の両方使えるところが多いです。
しかし、ポケットWi-Fi専用の会社や規模が小さめのキャリアの中にはクレジットカード支払いのみの受付のところもあります。

・ハンコ
これは家電量販店や実店舗で契約する場合に必要なものです。

大手家電量販店の中にはマイナンバーカードとパスワードで本人確認が完了するところもありますが、全てのお店で使えるというわけではないのでどちらにせよハンコを持っていくのが無難でしょう。

ちなみに、契約書類に捺印するハンコはシャチハタではないものを用意しておいてください。

wifi契約は未成年でも可能なのか?

ポケットWi-Fiの契約は、未成年でも可能なのでしょうか?
出来なくはないけど、手間がかかるというのが本当のところのようです。

・同意書を用意する
自分の名義で契約したい場合は、親権者同意書を事前に用意して契約時に提出しましょう。

また、この同意書と親権者の身分証明書のコピーも一緒に提出するとスムーズなようです。

同意書さえあれば自分の名義でWi-Fiが契約できるので、一人暮らしなどの場合も便利です。
ただ、支払いを親のクレジットカードで行う場合などは、契約時の同席が義務付けられているので気をつけてください。

・クレジットカードを作っておく

高校卒業した18歳以上であれば学生でもクレジットカードを作ることができます。

事前にクレジットカードを作っておいて、支払いをクレカで行うようにすれば普通の契約とおなじように申請ができることが多いようです。

未成年がクレジットカードを作る場合は親御さんの同意が必要なので、クレジットカードがある時点で保護者の同意を得ていると考えられるのでしょうね。

また、申請時にはクレジットカードに登録されている保護者情報に連絡がいくようになっています。

もし、これらのことが手間だと感じる場合は、成年を迎えるまで親名義で契約してもらうのがいいかもしれません。
家族の誰かがすでに契約している場合、端末を増やしてもらうなどする方法もあります。
ご家族とよくご相談して見てくださいね。

アパートやマンションでwifi契約をする際の注意点

アパートやマンションなどの集合住宅でポケットWi-Fiを利用する場合、事前にエリア内であるか確認するようにしましょう。

Wi-Fiの電波の特性上、壁の素材によっては電波が遠くなることもあるからです。
各キャリアの公式サイトから対応エリアを確認することができますが、実際に届いて電波が入らなかった場合8日以内であれば返金してもらえます。

一人暮らしをする場合、wifiの契約はポケットwifiと光回線どちらがお得か?

 

ポケットWi-Fi ・出先でよく動画を見る人におすすめ
・それほど大きなデータを使わないのであれば、ポケットWi-Fi端末だけでいい場合も
・電波が比較的不安定だが有線接続すればパソコンでも安定した接続が可能
光回線 ・高速通信が安定しているので、家で動画をよく見る人に最適
・持ち運びはできないが、建物内であればWi-Fiの電波も飛ばせるルータも
・家にいることが多い人、外であまりネットを使わない人におすすめ

電話番号入力不要。しつこい営業電話がいっさいない!!!

引越し見積もりはしたいけど、しつこい電話営業が嫌な人。こちらの見積もりなら電話番号を入力する必要がありません
たった30秒で引越しの見積もりが出来、7万円以上したい方は無料査定をどうぞ
しつこい電話営業が一切なく、引越しの無料見積もりのみを受け取りたい方はsuumoの引越し見積もりがおススメ。
>SUUMOの電話営業なし引越し無料見積はこちら
suumoの引越し見積もり suumo引越し見積もり

引越し料金がなんと5万円以上安くなる!?

大手引越し業者のみに一括見積が可能です
たった30秒で見積もりが完了し、5万円以上したい方は無料査定をどうぞ
引越し見積もりを何処にお願いしていいか分からない人には一括査定がおススメです。
>引越し無料見積はこちら
引越し達人セレクト

テレビでも有名な引越しサイト!

最大なんと10社に見積もり可能!
たった50秒で見積もりが完了し、5万円以上お得に引越ししたい方は引越し侍がおすすめです
引越し侍なら安心の引越し業者がきっと見つかります。
>引越し侍への無料見積もりはこちら




引越しキャンペーンでキャッシュバック!?

無料のダンボールをゲット!
たった45秒で見積もりが完了し、50%割引したい方は無料査定をどうぞ

引越し見積もりはlifulの一括査定がおススメです。

>引越し無料見積はこちら

lifulhomes